フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 媒体変遷 | メイン | スマートフォン »

2012年2月17日 (金)

酒と酒屋

先日、酒を30リットル買ってきたbottle 酒のディスカウントストアーで。日本酒18

リットル、缶ビール12リットルのまとめ買い。これだけ貯蔵すると満たされ、

豊かな気分になる。小生、酔水を毎晩必ず身体に注ぎ込んでいる。大酒では

なく1~2合の範囲に抑えている。自制が効いている。酒を飲むときに大事なの

が肴である。根っこからの酒好きではないのか、何か口に入れないと酒が進ま

ない。肴はタンパク質である。いつも肴が気になる。何を食するかsign02 冬の週末

の夕食は、鍋 か お好み焼きを太太と二人で食するrestaurant 二人鍋は日本酒bottle

お好み焼きはビールbeer 冬の鍋料理は最高である。人生の楽しみの一つは、

美味しい料理restaurant と美味しいお酒bottle を食することである。  処で

毎週水曜日はテニスクラブtennis で正味約3時間半の練習をしている。いい運動で

ある。このテニスからの帰路ルートもいつもお決まり。お決まりのスーパーを経由

して帰るのであるが、ここで肴の品定め。翌日分も含め2日分の肴を準備する。

一番よく食するのが鰹のたたきfish 大体が刺身、揚げ物、生魚(焼く)等、魚肉が

多い。そして、揚げたての美味しい本格ドーナッツを2~3個。先日は、安くなった

花苗のプリムラ・ジュリアンbud も衝動買い。平日の夕食宅配も始めて既に6ヶ月

になるが、買ってきた肴と宅配弁当の肴がおつまみである。テレビを観ながらの

飲酒、小生のゴールデンタイムである。冬は日本酒、夏はビール、缶酎ハイである。

テニス後のビールは格別旨い。夏場のテニスで汗をかき、咽が渇いたあとの一杯beer

はとても何とも美味しい。これが元であろう、尿酸値もぐーんと上がり、大体検診で

引っ掛かる。これはいかんとビールを控え、缶酎ハイも織り交ぜて。このビールbeer

何と言っても瓶ビールが旨い。しかし、最近はもっぱら缶ビールである。缶ビール、

小生の味覚識別能力が衰えたのか、発泡酒との味の違いが区別できなくなって

きた。最初の飲み始めは少し違うようであるが、その後は見分けが付かない。さて、

小生にとって大事な酒屋、個人営業の酒屋であるが、拙宅の近辺には酒屋がない。

近辺を尋ね、捜し回った。事前にインターネットで調べて。しかし、路上で立ち話中

の奥方等に聞いて回ったが、3~4軒の酒屋が既に廃業している。このディス

カウントストアーの影響である。何故、酒屋を捜し回ったかsign02 瓶ビールの配達を

して欲しいから。ケースに入った瓶ビールを自ら運ぶには重労働、運べない。

だから、酒屋に配達をお願いしたいのであるが、その酒屋が見当たらない。

ディスカウントストアーに配達はない。配達は別に宅配業者に依頼しなければ

ならないのである。瓶ビール、美味しく、リターナル瓶で環境にも優しいのであるが。

急速に老齢化に向かっている日本、瓶ビールをケース毎配達を希望している家庭

も多いのではと、需要があるのではと思うのであるが。誠に持って至極残念。

ケース毎配達して、空瓶を持って帰る。店員との短い言葉の交流もある。 冬の

飲酒後は若い頃と異なり、身体が寒い。室温に変化はないのであるが、足下が

寒くなってくる。若い頃はいくら飲酒しても顔色は変わらなかった。しかし、最近は

紅潮しているという。血管が拡張して熱が体外に逃げ、寒くなっているようだ。紅潮

しているのは身体には良いことだろう。しかし、下半身が寒くなるのは身体にとって

良いことではない。今宵は電車に乗り、少し遠方へ友達3人と遅い新年会。料理と

飲酒と談笑が楽しみである confident

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/27940999

酒と酒屋を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。