フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 嘘つきは・・・始まり | メイン | 横臥する列島 »

2012年7月31日 (火)

真夏と電気エネルギー

兎に角、暑い。連日の猛暑sunである。35℃、34℃台の最高室温が続いている。

今日は、12時現在、32.4℃の室温である。隣家のエアコンはフル稼働して

いるようだ。さて、小生の猛暑日の過ごし方であるが、我が家のエアコン、昼間

は休眠中。いくら暑くても動かさない。熱中症などの健康不安や来客時は別で

あるが、1人でいる時は動かさないと決めている。省エネ、省CO2に協力の地球

環境保全の意思表示でもある。エアコンを動かすのはゴールデンタイムbeer

18時以降である。そして、熱帯夜の就寝中である。日中にエアコンを動かすと、

室内にいる時は快適でいいが一歩外へ出ると猛暑となる。健康のためにも極力

自然条件下で生活している。強がりではあるが、安易に陥らず、精神修行think

耐え忍んでいる。しかし、このような高温になると、汗が吹き出てくるsweat01タオル

片手に過ごすことになる。連日の猛暑、健康を保つには栄養補給restaurantに睡眠と

心得ている。もっぱら、日中は風鈴の音色下、扇風機、アイスクリームと昼寝で

暑さを凌いでいる。少しでも涼しいところを求め、我が家の一番涼しいところは

何処かsign02と探し回る。勿論、2階はダメ。1階は北側で2階の下が涼しい。更に

+風通しが良いところが快適である。この暑さ、日本は真夏であり、当然なの

だが、5日前のニュースでグリーンランドの地表を覆う氷の表面がほぼ全域溶け

たことが報道された。例のない溶解規模であるらしい。1950年からの50年間に

地表の平均気温は0.43℃上昇。過去9000年間には観られなかった大幅な

上昇で、この最大の原因はCO2排出量の増加と考えられている。気象庁

データーでも世界の年平均気温は、長期的には100年あたり約0.68℃の割合

で上昇しているという。この暑さの一因も、異常気象の発生もCO2が犯人ではと

考えてしまう。 さて、今、国会周辺では脱原発デモで多くの参加者が気勢を上げ

ている。 片や、2030年時点の原発比率、0%、15%、25~30%をたたき台に

した選択肢で討議中である。デモ参加者の要求は、1)原発は0にする  2)生活、

国内産業のためにも安価な電気料金を求める  3)電気は今まで通り制約なく

消費したい  4)CO2排出量は国際誓約上抑制する  であろう。無理難題である。

これらを全て満足することは不可能である。原発のCO2排出は0である。原発の

代わりに火力発電を使うとCO2が排出され、誓約違反、温暖化に手を貸すことに

なる。小生も出来うるなら脱原発にしたい。が、さりとてそれに代わるエネルギー

源は、太陽光sunを始めとする自然エネルギーwave typhoonでは能力、安定性で信頼性

に乏しい。原発に代わる発電技術flairの見通しがあればいいのであるが、まだ

確立されていない。スマートグリッドと呼ばれる電力の需給最適制御システムの

普及も多くの時間を要する。その間の繋ぎにはやはり、一定の原発稼働は容認

するしかないと思うのである。地震・津波対策を施した上で。理想、目標を高く

掲げることは良いことではあるが。これが一電気技術者でもある小生の現実的な

選択肢 と考えるものthink  申し添えますが、小生、電力会社との繋がりは一切

ありません。

*参考  発熱量当たりのCO2排出量(化石燃料)

       石炭(基準)100     石油 80     LNG 60

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/29451133

真夏と電気エネルギーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。