フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 機会の窓 | メイン | 思い返せば »

2013年4月 5日 (金)

雑魚釣り

昨日、久しぶりに魚釣りに出掛けた。目的はペットの水槽魚、鑑賞魚である。欲を張

らず、どのような魚種でも釣れればいいのである。淡水魚fishの釣りは30年以上前

に遡るであろう。その昔の道具を引っ張り出し、釣りに出掛けた。ネット上で釣り方を

詳しく紹介しているが、無視し、我流で初体験の餌である小麦粉、マッシュポテトそれ

に金魚の餌の何れも家にある物を持参して当てもなく河川に向かう。瀬田川に出て

しまった。先ずここで試す。3種の餌を水で研いで団子状にし、針に付ける。しかし、

粘性低く、直ぐに餌が針から落ちる。釣りにならない。用意した練り餌を諦め、近くの

畑で野菜くずの捨て場を探し、ミミズ探しを始める。昔は縞ミミズで良くヘラブナ釣り

に出掛けたものである。しかしである。なかなかミミズがいない。魚釣りsign01将又ミミズ

探しsign01苦労の末に3~4匹の土sign02ミミズを捕まえた。貴重なミミズ、半分に切り、

2本の針に取り付け、川の中へ。水はゆっくり流れており、ウキを注視しながら川縁

を歩く。なかなか釣れない。ウキの動きに全く変化は起きない。ウキの流れるままに

河岸の50m余を往復歩行。河岸はコンクリートで舗装されており、川縁もコンクリート

ブロックで川底へと斜めに下りている。新たな場所がいいと釣り場の引っ越し。暫し、

竿を放置し、遠くにある釣り道具を取りに行く。5分余後に戻り竿を上げると小魚が

釣れていた。黒っぽい数センチ大のハゼである。針を飲み込み、外すのが難儀であ

る。と、針が折れてしまったweep古い針であり劣化していたようである。残りの針1本で

続ける。こうしてウキの変化を一度も目にすることなく時は流れる。誤って自らを釣り

上げた。ズボンに引っ掛けた。外すのに苦労していると又も針が折れた。古針だか

ら。新しい2本針のセットに付け替えて再開。なかなかウキの動きに変化は表れない。

川面に時折汚物が流れてくる。その影響で針糸がもつれた。直すほどにもつれが

酷くなってくる。修復不可能になった。代わりの針も無く、潔く今日の90分余の戯れ

釣りの竿納め。今日の釣果は自然に釣れていたハゼ1匹。帰ると早速小さな水槽、

ポンプ、砂利、置き石を用意し、1週間前から汲み置いていた水を注ぎ、ハゼを放す。

このハゼ、観賞魚としては愛嬌があり、面白い魚だ。水中を泳ぐのは下手であるが、

水槽の底を這って泳ぐ。しかしである。辺りが暗くなって仰向けに寝ているsign02面白い

魚だなと。同じ姿勢だなsign02動かない。突然死、昇天してしまった。折れた針が残って

いた影響であろうか。5時間余の短いご縁であった。昔は、ボテとかハゼなどは雑魚

で捨てていたが、最近はこれら個性ある固有種の魚はなかなかお目にかかれない

貴重な魚になってしまった。外来魚種(ビワバス、ブルーギル等)が固有魚種を駆逐して

いる。これにめげずに再度、釣りに出掛ける予定である。狙う獲物は今では貴重と

なった雑魚であるconfidentオッと失言、貴重となったこれらの魚はもう雑魚ではないsign03

失礼ッm(_ _)m

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/31359481

雑魚釣りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。