フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 待合時間 | メイン | 室温制御 »

2013年7月 7日 (日)

七夕ショック

老婆(ラオポ)には今回はホトホト参った。小生に何か魂胆があるようだ。貶める魂胆

があるようだweep 処で、小生の若いころの家族は親子4人家族である。食事時、

お袋が腕を奮って料理を作ってくれる。良く動く働き者であり、仕事をしながら家事を

こなしている。料理restaurantは上手い方である。若者のような洋風料理は余り作らないが、

お袋料理、季節の野菜を採りいれた田舎料理である。その手料理の楽しい食事時

に時折異物が混入している時がある。食べる前に見付ける時、口に入れ、噛んで

から見付ける時とある。小生は大体が食べる前に多くが見付けるのである。4人

家族で決まって見付けるのは小生である。小生が目聡いeyeのか、他の家族3人が

鈍感なのかは知らぬが。将又、何時も食物の異物が小生のところばかりに集まる

のであろうかsign02家族は不思議がるのである。他の家族3人は知らぬ間に胃の中へ

放り込んでいるのであろうかsign02それとも3人には異物は無かったのであろうかsign02

お袋が小生に時折いたずらをしたのであろうかsign02そんなことはない。親父から聞

いた話、お袋は何時も小生の健康を気遣って料理を作っていると打ち明けられた。

有り難いことである。親と言うものは。どうやら小生は目聡いようである。その上、

どうも異物は小生に集まってくる、吸引しているようなsign02感じである。40年以上前

の家族の食事時の出来事である。そして今日昼、食事をしてショックを受けたthink

老婆は週1回、日曜日に拙宅を訪れる。決まって料理を2~3品作って訪れる。

料理はハッキリ言って下手である。しかし、店先で売っているような、売れるような

自慢できる上手な料理が1つある。料理教室で習ったという。歯応えも味付けも

バッチリである。その料理名は鮎の飴煮である。先の日曜日に持って来てくれた。

少しづつ食べている。今日の昼食にも食べた。オッとどっこいsign03目聡い小生、

早速変なものを見付けた。このような酷いものは生まれて初めてである。ゲテモノ

である。1センチ余のゴキブリが飴煮となっている。紛れ込んでいるではないかsign02

隠し味sign02 参った、参った。この悪戯には参った。これまた、老婆の小生に対する

イタズラsign02 悪戯には参った。中国広州では路上でゲンゴロウ、タガメ、カエル等を

売っていた事は覚えているが、ゴキブリだけは売っていなかった。中国でゴキブリを

食べてきたという同僚がいた事は覚えているが。今日の昼食、流石の小生も参った。

老婆には恨みを買うような事をしてはいけないとつくづく思ったweep はんせいm(_ _)m

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/31700729

七夕ショックを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。