フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

木曽駒ヶ岳・空木岳2

3日目:

4時過ぎに起床。5時前のご来光に備える。今朝も快晴である。4時54分、静寂の中、

短くも美しいご来光sunに見入る。山荘前にて。今日も天気が良くラッキー。5時から

Img_0090

Img_0094

朝食を摂り、登山準備に取り掛かる。今日は空木岳登頂と下山行程。5時45分

、登攀開始。今日の行程は3日間で最も歩行時間が長く、10時間余の行程。疲れも

Img_0096

Img_0099

             木曽殿山荘                      空木岳

溜り厳しい登山最終日。この空木岳(2864m)頂上に辿り着いて解かった事である

が、西側の山肌は多くの岩石の山、反対の東側は対照的になだらかな優しい山肌で

ある。今日は休む回数を減らし、一定のゆっくりしたリズムを心掛けて登って行くこと

にする。ペースメーカーとして選んだのは7人組パーティ。パーティの一員になった

つもりで付いて行く。途中、いろいろ話をしながら。徐々にこのパーティの正体が解か

って来た。険しい岩石の登山道を、時にクサリを、梯子を用い、滑落しないように登っ

て行く。最大斜度、45°はあろう。このグループは京都の某大学の元ワンダーフォー

ゲル部である。小生より2~3歳年配者のグループ。1人が脚を痛めた為、ユックリ

登っているという。先に行ってくださいと言われるも時に前へ、時に後ろからと付いて

行く。みんなで登ると気も晴れる。こうして2時間余で空木岳(2863m)の頂上に立つ。

Img_0100

Img_0101

暫し頂上で休憩。快晴で四方八方良い眺めである。360°カメラシャッターを切る。

頂上に立ち、気象条件に恵まれ、視界の効く素晴らしい遠景を見ると疲れも吹っ飛ぶ。

Img_0103

Img_0107

まだ8時前、雲は無く快晴。何時も11時前後から東側方面からガスが出てくる。

山の天気、午前中は気象条件が良いようだ。早朝発つ利点の一つに納得がいく。

8時過ぎ、グループと共に下山開始。スムーズな下山進行。目標は池山小屋、

Img_0108

Img_0110

道標には10km先とある。山道となれば5時間は掛かるだろう。この間の残る難所

は小地獄、大地獄のみ。グループに付かず離れず付いて行く。地獄手前で一緒に

昼食休憩。熱い味噌汁を戴く。大小地獄も昨日の難路に比べれば比ではない。

下山で脚に疲労が、ストレスが溜っていく。池山小屋手前で道が分岐している。

もう1組の夫婦が休んでいる。上の道を行きますと言ってお先に失礼。我々は先頭

を行っている。13時20分、池山小屋で暫し休憩。次は菅の台バス停を目指す。

途中、夕立に見舞われる。こうして林道終点の駐車場に出て来た。何sign02追い越され

ていないのに7人グループと1組の夫婦が既に居るではないかsign01 近道sign02

ここで挨拶をして別れる。彼らは車で去り、小生達はここからまだ1時間半余を歩く

ことに。最近クマが出没、注意せよの看板。遭遇する人は1人もいない。

老婆(ラオポ)の歩く姿、まるで行き倒れ寸前の哀れな姿。リュックを代わりに担ぎ

17時前に宿に辿り着く。今回の難行、モノスゴ~ク タイヘ~ン疲れましたconfident

日焼けで痛くも風呂に浸かり、美味しいbeerrestaurantbottleを戴きましたnight

  xmas  xmas  xmas  xmas  xmas  xmas  xmas  xmas  xmas  xmas  xmas  xmas

4日目:(8月1日)

宿を9時半に出て帰途に就く。宿でこの近辺にいい見所はないですか と尋ねると、

近くのかんてんぱぱガーデンを紹介。アルプス山麓の自然を生かした広大な

ガーデン。レストラン、ショップ、催し物ホール、展示館などがある。地元の食品会社

が運営している。ここでゆっくり楽しんだ後、帰路につく。    さて、

Img_0115

今回の登山、今までで最も過酷で

リスクある難度の高い縦走登山で

あった。その次が赤岳の縦走登山、

何れも縦走である。力量不足で

あったが、しかし、何れも、幸いにも

全日好天に恵まれたことが無事に

登攀できた一番の理由であろう。

山の天気は変わり易いが、午後

から急変するということも無く、とても幸運であった。しかしである、悪戦苦闘中も、

山荘でも老婆(ラオポ)が、もう来年の登山の話をする。次なるターゲットは「穂高」

という。小生、まだ敵を知らないから「未定」である。

余談であるが、小生の手指の皮膚病、この4日間で劇的に改善した。何故だろうconfident

 *関連ブログ   2012.8.3    赤岳

2014年7月30日 (水)

木曽駒ヶ岳・空木岳1

2日目:

山の朝は早い。早寝早起き。4時には人は動き出し、ユックリ寝てはいられない。

朝食は5時半から。ご来光は4時50分頃。山荘を出てご来光を見に行く。山頂故に

肌寒い。快晴で期待できる。4時54分頃に陽が上がってきた。久し振りのご来光sun

Img_0049

Img_0053 

眩しいオレンジ色の光、周りの雲もオレンジ色に染色し美しい。天狗荘横にて。

朝食を終え、6時20分山荘を出発。今日の行程は駒ヶ岳~空木岳への稜線(尾根)

移動走破。後刻、老婆(ラオポ)が発した言葉「知らぬが仏」。これから過酷で、困難で、

危険な悪戦苦闘の数時間が待ち構えていたのである。小生達の身に。

小生達は未だ登山初歩のレベル、事前に地図、本で下調べをして決行であるが、

今回、事前にネット情報は調べていない。現実の登山道の困窮レベルは情報把握

不足。宝剣山荘を出て極楽平に向かう。最初の難所である。大きな岩石が行く手を

Img_0054

Img_0056_2 

                            宝剣岳難所を登り、下る

Img_0057_2

Img_0058_3 

阻む。クサリ場、ロープ、梯子があり、スリリング。滑落事故が多い処である。

大きな岩を越えるには老婆は小生のお荷物。自力では越えられず手を差し伸べ、

引っ張り上げる。やっとのことで極楽平へ。誰が名付けたか極楽平。地獄のような

難所を通過して辿り着いた処から極楽平かsign02朝まだ早く、快晴で視界は良好sign01

Img_0055

Img_0064

                      御嶽山 と 富士山 

御嶽山、富士山、甲斐駒ケ岳などアルプスの多くの山々が見えるeye 何度も説明を

受けるも特徴ある山以外の判別が難しい。暫しの息抜き。さて、このような難所、滑落

Img_0066_2

Img_0067_2

                          極楽平にて

危険ある難所が、山荘から宝剣岳、極楽平、濁沢大峰、檜尾岳、熊沢岳まで約8

時間余続くのだ。引くに引けぬ状態。行くも難所、戻るも難所。昼前頃であったろう

Img_0070

Img_0071_2 

Img_0072か1人の対向者と出会い、親切にアドバイス

してくれた。この先も大変な難所、木曽殿

山荘4時着は無理でしょう、山荘に事前に

電話した方がいいでしょうと言う。頭上には

救難ヘリが何度も舞って来る。遭難者sign02

この縦走、尾根越え道、多くの巨岩を縫って

は乗り越えていく。1人の年配者は檜尾岳

      ↑ チシマギキョウ        から下山を決断、徐々に登山者が減っていく。

小生とは10歳以上若いであろう1組の夫婦のみとなった。追い付いたり追い越したり。

難所に難所続き、だからこの難所岩場の写真を撮る心の余裕がない。15時過ぎ、

Img_0073

Img_0075

             稜線(尾根)越え                     檜尾岳

山荘に電話を掛けるも繋がらず。1組の夫婦も繋がらないと言う。名前を交換し、

繋がればお互いに連絡しておきましょうと。5回目に無事繋がりお互いの予想到着

Img_0078

Img_0079

Img_0080

Img_0081     

Img_0082

Img_0083

          疲れを癒してくれる高山植物群              ↑ キバナシャクナゲ

時刻を告げた。「人の一生は重き荷物を背負いて遠き道を行くが如し」ではないが、

「登山者は重き荷物を背負いて危険難所を行くが如し」の心境である。帰りたいが

帰れない、どこまで来たのであろうかとスマホを取り出しGPSで調べ、もう少しだと

Img_0084

Img_0085

           熊沢岳

奮起。ドコモの携帯、高山であるが電波状態は良好。ただ、場所によってはGPSの

精度が低下し使えず。熊沢岳を越えると少し難所が減ってきた。同時に高山植物が

増え、癒し効果である。そして低い茂みの登山道を歩いているとガイドをしてくれる

Img_0086

Img_0087

        バード・ガイド(イワヒバリ)            東川岳(トテモ クタビレマシタ)

chickが現れた。スズメの2~3倍大。3~4m先を1分近く案内後、茂みに消えた。

「ガンバレあと少しだsign01」と。白馬岳登山を思い出した。今回と全く同様、ライチョウ

が案内してくれたことを。そして、その時も今回と同様、山荘近くで案内されたもの。

17時過ぎ、眼下に木曽殿山荘が見え、安堵の気持ち。と同時に眼前には、

明日登る空木岳がそびえる。多くの岩石で覆われ、急峻な形状の

Img_0088

Img_0089_2

                  空木岳 と 小さな木曽殿山荘

空木岳、登攀できる自信が失せて来た。予定より2時間遅れの17時20分、最終

登山者が入宿。みんな食事を終えようとしている。17時過ぎに入宿した1組を除き。

小生、手の甲が、特に左手甲が膨れて握り難い。気圧の関係であろうか。夕食後、

山荘の年配女将に聞いてみた。空木岳を登らずに下山する道は無いかと。

「ありませんsign03」気が滅入って来た。しかし、今日のコースに比べれば難度は低いと

言う。大腿筋がパンパンで右足親指の豆も破れた。冷えの悪い缶ビールを飲み、二人

で疲労困憊の夕食である。しかし、満足感、達成感、充実感がこみ上げる。よくぞ

頑張ったものだと。それにしても、老婆の頑張りには恐れ入った。今日の投宿者は

30名余。見るからに熟練山男が多い様に見える。20時消灯、おやすみnight 

*参照ブログ  http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/tozan/?p=5872

*関連ブログ   2010.8.1   白馬岳

2014年7月29日 (火)

木曽駒ヶ岳・空木岳

1日目:

2014年夏山登山、今年目指す100名山の2山は中央アルプスの木曽駒ケ岳

空木岳。山小屋2泊の3泊4日の縦走コース。タイムテーブルは以下の通り。

Photo 木曽駒ケ岳は標高2956mと高い。その300m下は千畳敷カールと言い、 この

一角は高山植物のお花畑。それ故に2週間ほど前に新聞の旅広告に載った。

大阪からバスで涼しい千畳敷カール、お花畑を観る日帰りコースの旅とある。

1000mの高低差をロープウェイに乗り7分余で到着。事前情報では観光地化した

Img_0014

Img_0018

故に最盛シーズンになると待ち時間が2~3時間になるという。事前に待ち時間を

問い合わせた。その日は1時間位であろうと言う。タイムテーブルを修正。

そしていざ出発。4時起きして大津の我が家を4:20に出る。彦根で少し草臥れた

老婆(ラオポ)を拾い、彦根ICから駒ケ根ICを目指す。インターを出て10分余で3泊目

の宿に到着。この駐車場で登山準備をし、歩いて10分余の菅の台バス停に向かう。

平日であるも結構、お客がいる。ロープウェイ乗り場のしらび平まで30分乗車。

着いたロープウェイの待ち時間は30分余。千畳敷カールに予定より早く到着。

ここで持参した登山計画書を投函。12時近くであり、ロープウェイを降りた処で

多くの観光客が涼しい中の昼食タイムriceball 小生達は本格的登山の装いであるが、

Img_0019_2

Img_0021_7

             駒ヶ岳神社                     クロユリ

Img_0022

Img_0024

観光客は軽装の運動靴やサンダルにローヒール客も。

昼食を終え、予定より早く駒ケ岳を目指す。お花畑を過ぎると道は険しい岩石道。

Img_0025

Img_0026

          千畳敷駅

Img_0027

 Img_0028

                登山道                     宝剣山荘と天狗荘

乗越浄土を過ぎて1泊目の宿の宝剣山荘に到着。ここで荷物を預け、軽装で往復

2時間余の駒ケ岳山頂を目指す。こうして頂上へ。頂上の駒ケ岳神社でも安全祈願。

Img_0034

Img_0035

頂上で絶景かなsign01と言いたいところだが時間は午後2時を過ぎ、辺りはガスが発生

し、誠に残念の視界不良。頂上木曽小屋を通り宝剣山荘に戻る。今日の宿泊客は

Img_0040_2

Img_0042

                       木曽駒ヶ岳山頂

60人 前後。多くが小生のような年配者である。小生の泊まる小部屋は6人の満室。

同部屋2組は山登りのベテラン、1組は50年余のキャリアの持ち主。いろいろ談義

の情報入手。今日は予定通り進行、途中、難所、危険な岩石道もあったが平穏無事。

山小屋の消灯は早く、床につくも通常より早すぎて眠れず。

2014年7月17日 (木)

ガーデナー講座4

台風で1週間延期となったが、講座5回目。午前は庭木の剪定・整枝2の講義、実習。

午後の講義は庭(花)木の管理・育成、花芽形成等。

<午前の講義>
テキスト一面に 「1日を愉しむなら花や緑を見ましょう」
           「1年を愉しむなら花を育てましょう」
              「10年・20年を愉しむなら緑を育てましょう」
              「30年・末代を愉しむなら人を育てましょう」

私達の周りから「みどり」が無くなってしまう「みどりの崩壊」を想像してみてください。

どのような社会、世界になるでしょう。枯れ死した街路樹、鎮守の森もなく、庭木の広葉

樹も落葉し、害虫も鳥や蝉の鳴き声は・・・。歴史上においてもメソポタミア文明が崩壊

したのは自然破壊(森林破壊)と言われています。そして、イースター島も。虫も昆虫も

鳥も動物もそして魚も住めなくなり、人間を含む生物はいなくなってしまいます。国民の

祭日「みどりの日」がありますが、恩恵を受けている「みどり」に感謝してみてはどうで

しょうか。地球上のみどりは東南アジア、ブラジル等で開発により減少し続けています。

アジアでは日本人が大量に消費するエビやウナギ等の養殖池に置き換わっています。

さて、樹木は樹種により個性豊かな独自の樹高、樹形、枝の伸び方、葉の形状等、

それぞれの特徴を持っている。その特徴・特性を理解した上で植栽、剪定を行う必要

がある。樹木・花を育てるには愛情、手間、お金(ATK)が必要である。剪定の必要性

20140717_112332

20140717_115942

は、風通しを良くし、病害虫の発生を予防。樹高を制限し、枝を透かし、樹形を整える

行為は人間のエゴかもしれないが、樹木の生育環境(風通し、光合成等)を保持する

ことも大切、樹木にダメージを与える剪定は避けなければならない。剪定の種類、時期、

樹形、不要枝、留意事項、剪定の基本、等の1時間講義の後、屋外へ。公園内の各種

樹木を材料にした剪定実習ガイド。  引き続き<午後の講義>

専門家は今回で3人目。何れの方も国立大農学部や園芸学部卒で75歳前後である。

1)樹木の生命の源泉

ブドウ糖の合成   6CO2+12H2O+688Kcal=C6H12O6 + 6H2O + 6O2
                         ↓        ↓                   ↓            ↓       ↓
                         264g    216g                180g       108g    192g

炭酸ガス(CO2)と水(H2O)と太陽エネルギー(688Kcal)でブドウ糖(C6H12O6)
を合成する。

<①材料
CO2・・・・・・・大気中に0.03%(300PPM)存在。樹木の葉裏にある
            気孔(1mm2=300~500個)から吸収。
H2O・・・・・・・根の微細な根毛から浸透圧で吸収し、導管では毛細管現象及び
            葉の気孔からの蒸散により吸引圧力が高まり菅内を上昇、葉に到達
太陽エネルギー・・・C6H12O6(ブドウ糖) の1分子180gの合成に必要な光エネル
             ギ―688Kcal充当。
                     (5℃以上で合成が可能、30~35℃で最適)
     *ブドウ糖120g(ご飯2杯)=500Kcal 

<②場所
   葉にある葉緑体
<③合成過程
ア.葉緑体のクロロフィル(葉緑素)が光を吸収し、水を分解して酸素を放出。
   水素化合物とATP(高エネルギー貯蔵物質=380Kcal)が生成される。
イ.葉緑体のストロマという組織で気孔から吸収のCO2が化学変化と酵素の働きに
  よりブドウ糖が合成される。
  尚、エネルギー688Kcalの内308Kcalは人間と同様、体温にあたる樹温維持に
     費やされる。

2)ブドウ糖を原料とする素材と必要物質
  植物体の組織はすべてブドウ糖を原料として体内において加工・造成されるが、
  その際に必要なエネルギーはブドウ糖を分解して得ている。

3)酸素呼吸によるエネルギーの生成
植 物bud
  気孔から酸素を吸収し細胞内のミトコンドリアにおいてブドウ糖を分解。この時に
  生じたエネルギーは、樹木の組織内で生活活動に消費され生命を支えている。
人 間run
  ・1呼吸で大気500CC(酸素20%)を吸入、1/5の酸素20CCを肺で消費
  ・吸入された酸素は肺胞でCO2を遊離した赤血球のヘモグロビンと結合し、
   全身を巡る(約1分間で循環)
20140717_1420541日1人の酸素消費量=576リットル

*空気1Kgは862リットル(於:30℃)

この植物の生命の源泉を理解し、育成

管理に当たって欲しい。水、光、養分

(N・P・K・Mg等13種)、温度、土壌、

酸素(根)、二酸化炭素、害虫管理etc。

「花木の育成管理」の講義内容の花芽

形成の要点、手入れに必要な要点、

開花を促す措置と管理方法、花芽形成のための要点・・・ 等々は記事掲載割愛。

2014年7月15日 (火)

2014経過状況

間もなくオールスターが始まる。プロ野球シーズン折り返しである。ここで我が家の

中間報告。菜園、緑の経過報告。紅小玉スイカ、最終摘果して残した個体は3個。

多くの実を付けると個体が小さくなり、糖度も下がるからと。今日、見回りで新発見、

1個は割れて可なりの腐乱状態、もう1個も割れていたが、昨日辺りに割れたので

あろう、まだ整理すれば食べられる。90%余が食用可能である。結局、完全無事

な玉は1個weep クラスは上。梅雨明け後の日照り4~5日後の美味しくなった頃に

Dsc_0247

Dsc_0246_2

     160mm径の小玉スイカ

収穫予定であったが、自然パンク(自爆)してしまった。

その内の1個は昨日、客先からの予約注文で成約

したのだが、応じきれない結果となり、損害が発生。客先は老婆(ラオポ)confident 

トウモロコシは3本植えたが下クラスの出来具合、収穫数が少ない。ししとう、

実が小さく、縮む傾向で下クラスの部類。接ぎ木大玉トマトのサターン、毎年の

ように葉が、幹が立派だが実っている実は中クラスの出来具合。

Dsc_0251

Dsc_0252

相変わらず、窒素肥料が多いようだ。

ミニトマトは毎年よくでき、上クラス。

プランターに植えたミニカボチャの緑のカーテン ↓

病気となり出来た実は1個、下クラス。今年の菜園全体評価は中クラス。

梅雨期には大きく株が成長するが、病気になり易く、満足いく菜園収穫はなかなか

難しいものだ。 他方、緑のカーテンが成長してきた。ツンベルギア・アラータ、昨年

の種を撒き芽を出したアサリナにアサガオ1本。毎日多くの花が咲くもその落花の

Dsc_0253

Dsc_0254

整理、始末も大変だ。もう片方の緑のカーテンのミニカボチャ、病気にかかり、生育

が衰えたが最近、再生してきた。実は期待できないが緑のカーテンとして活用しよう。

白いアサリナカーテンも種がこぼれて砂利の下から芽を出して2年目 ↑ その他の

草花も、種から育てた多くのニチニチソウも開花してきた。梅雨明けには満開となる

だろう。3年目を迎え、早くから開花している古いペチュニア、新しく買ったペチュニア

の開花は盛夏のこれからが本番。我が家の夏の花はニチニチソウtulip 鉢数も10鉢

揃え、花色3色である。我が家の影響sign02隣近所3軒もニチニチソウの鉢植えがある。

2014年7月12日 (土)

麦酒テイスト

台風一過、今日は束の間の晴天日となった。元勤務先同僚との月1回のテニス日で

ある。今日は女性陣は0名の参加者5名と少ない。コートに4名、輪番でプレーに

興ずる。タイマーを4分に設定。蒸し暑くも時折微風が吹き、回ってくる4分余の休憩

時間は貴重である。小生以外、2名はメタボ、この内1名は脚に違和感を覚え、最終

でギブアップのリタイヤ。4~5回の小休憩を交え13時前までの3時間余を戯れた。

緑陰の下の休憩では雑談となる。その話題の一つがテニス後のビールbeerの話。

小生の経験も交えて。リタイヤした者が身体の痛み、不調を訴える。するとそれは

痛風の前兆ではないかともう一人が指摘。多くの者がテニス後に飲むビールは美味

しいという。今日の昼も飲むと言う。ここで年長者である小生が口を挟む。小生も永年、

テニスを終え、脱水状態にした身体に冷たいビールを注ぎ込んできた。その結果で

あろう、痛風に見舞われたことはまだ一度もないが、健康診断の血液検査で尿酸値

が上限を突破し、要注意の指摘を受けることは毎度の事。最近この尿酸値の上昇は

通風以外、高血圧にも影響していると言われ始めたと医師が忠告。勧めもあり、

1年余前からプリン体カットの発泡酒を飲んでいる。現役時代はテニスの練習時間帯

は土、日の休日の午後からであり、飲むビールは夕刻の兼晩酌となる。しかし、現下

の月1回の現役世代とのテニスは土曜日の午前中、だからテニス後に飲む時間帯は

Dsc_0244

昼間となる。古い世代の小生、親の躾も

あり、どうも真昼間から飲むアルコール

には抵抗感があり、特別な時以外、余り

飲まないと言うと、1人がノンアルコール

ビールを飲むと言う。時折、会社OBの

ゴルフコンペに参加するが競技を終えた

後の成績発表会では、軽食と飲み物が

出て、その際注文する飲み物はノンアルコールビールである。

発汗後であり、これは美味しいと戴いたもの。そうだ、冷蔵庫にBBQ中止となって

置いているノンアルコールビールが1年以上前から有ることを想起来吧。シャワー

を浴びた後このビールbeerを戴く。ウーン美味い。何ら通常ビールと変わらない。

琥珀色に泡に味に缶デザインも含め通常20140712_214836

ビールであるこれは。下戸の方が飲めば

酔っぱらってしまうだろうと思う出来具合。

実は昨日、ある作業をしていて小さな

足長蜂に左手を刺された。小生は過敏症、

24時間経っても手の腫れが治まらない。

この状態でアルコールを飲むと症状が

酷くなるため、このノンアルコールを飲もうと。以前、酒税の点からビール以外に

発泡酒が発売された。しかし同様、通常ビールと何ら味の違いが判らないsign02

敏感な小生でも。そうだgoodビール系飲料に新たな飲み物としてノンアルコールビール

を追加しよう。商品名称は炭酸飲料、ビールテイスト清涼飲料とある。多くを飲んだ

ことはないが現在の評価は及第点。これは良い思い付きである。善は急げ、早速、

買いに出掛けるとしようrun

 <成分表示100cc中>
                             ビール       ノンアルコール    発泡酒
     エネルギー(Kcal)           42                15             26
     タンパク質(g)            0.2~0.4           0              0
      脂 質  (g)                 0             0              0
      糖 質  (g)               3.0           3.4          0.4~0.9
    食物繊維 (g)                 0           0~0.2         1.0~1.7
    ナトリウム(mg)            0~0.8          0~10           0~8
    アルコール(%)                  5                 0          3.5~4.5
    プリン体   (mg)              ?                    0~2           0~8
      <原材料
                             麦芽   糖類(水飴、果糖ぶどう糖) 麦芽エキス    
                            ホップ        大豆ペプチド          ホップ
                             米         ホップ               糖類
                            コーン        食物繊維           カラメル色素
                           スターチ        酸味料            食物繊維
                                            香料          大豆たんぱく
                                         カラメル色素       調味、甘味料 

2014年7月11日 (金)

素人予報士

間もなく梅雨明けである、あと10日前後で。多くの梅雨明けは台風一過や集中豪雨

の大きな被害の爪痕後に明ける。皮肉にも。被害発生の翌日には何事もなかった

ような嘘のような快晴である。毎年、列島に被害をもたらせなければ梅雨明けrain

来ない、有り得ないと思ってしまう。今回の台風8号も、これまでの多くの台風も朝鮮

半島に向かうコースを辿りながら、半島直前で急に向きを変え、日本列島沿いの

コースを進む。皮肉にも。丁度、ジェット気流に押し戻され、気流コースの外側コース

を緯度に沿って辿るからこのような進路になるのであろう。

3年前、石垣島、竹富島に往路、船で向かった。鹿児島の大隅半島を過ぎると大小

多くの小島が見えて来る。やがて大きな奄美大島が見えてきた。この大島や周辺の

小島を見渡すと必ずといっていいほど、その大小の島の上空には島影のように

大きな雲が浮かんでいた。湿気を多く含んだ空気が島の上空に来ると、島の上昇

気流により雲を生成させているようだ。列島上空には横断するように流れるジェット

気流が有る。台風の進路を妨げ、台風の進路に影響を与える高層のジェット気流、

この流れも日本列島の上昇気流の影響を受けているのであろうか。詳しく調べて

いないから何とも言えないが。逆に全く影響を受けてないのであろうか。

台風typhoonは低気圧の下降気流、高気圧は上昇気流。当然、朝鮮半島、大陸にも上昇

気流は発生している。もし日本列島を横断する、緯度に沿って蛇行して進むジェット

気流のコースに緯度がズレたら今度は台風は列島直前で右折して台風の本土上陸

は避けられ被害は軽減することになる。風の被害と同様、雨の被害も軽減する。

が、悲しいかなこの時期のジェット気流は多くが日本列島上空を一定の緯度を保って

横断、蛇行しているようだ。この結果、多くの台風は日本列島に沿って進行していく。

こう考えてみると、いつも観る南半球から観た日本列島は朝鮮半島前に横たわり、

横臥しており、台風の朝鮮半島への襲来を身体を張って防御していることになる。

以前にも書いたが、太平洋岸で起きる大津波、これまた半島への襲来を日本列島が

身体を張って防御している。自然現象とは言え、感謝の一つもあっていいものだsign02

自然任せの現象とは言え。半島の人々は今の国民感情から察して、この自然が織り

なす現象をとても快く思っているのであろうthink日本列島は身体を張って、台風、津波、

〇〇からも朝鮮半島を防衛している。セマウル号沈没事故のような醜態、国内混乱

が再び起きないようにとconfident

2014年7月10日 (木)

奇異奇怪と政治

間もなく国民注目の選挙、知事選の投票日。現在、滋賀県政は国政とはねじれ

現象の革新系女性知事。今回の知事選、これまでの安倍政権を占う意味もあり、

与党系候補者への自民党幹部の応援にも熱が入る。民主、共産系候補者2人は

集団的自衛権容認でライバル候補者への批判を展開する。   さて、現知事は

知事選で政界に初進出、2期8年、知事の椅子に座り続けたが、この間、どのような

功績があったのであろうか。小生の印象では革新知事誕生がゆえにこれまでの

県の継続性ある事業計画の見直しともったいない精神による計画阻止行動、将又、

県政を疎かにする国政参加への逸脱行動、どうも県政が後ろ向きで停滞したと思え

てならない。反対が目立ち、将来に向けての前向きな攻めの行動、将来投資が停滞

したと思うもの。国政とはベクトルが合っていないから。国政を凌駕する実力者、知事

なら話は別であるが残念ながらそのような力量はない。国、地方の選挙に於いては

国民、県民は2週間の選挙活動期間中、立候補者の発する種々の情報を元に見極

めなくてはならない。一つの大きな判断材料は支持母体、主義主張、人物である。

今回の知事選候補者は三者三様で違いがハッキリしているから候補者選びには

困らないだろう。候補者の誇大リップサービスには注意しなければならない。

処で、兵庫県の号泣県議の報道が海外まで広まり話題となっている。不自然な政務

活動費の支出を指摘、詰問され号泣したもの。この様子を観るとどうも幼児期を想い

出す。ある小さな過ちで母親に詰め寄られ、責められ最後の奥の手は泣き出すもの。

幼児期には誰しも経験があるもの。どうもこの種のようである。駄々を捏ねるである。

この県議、出身選挙区は西宮市、その市民が2011年4月に選挙で選んだもの。

投票した市民は県政の為に役立つであろう人物と判断し、負託したもの。しかし、

結果は市民への裏切り行為となったようだ。投票した人からみればこんな筈ではと

なる。どのような評価で彼に投票したのであろうか。選挙では人が人を見極める、

鑑定することが如何に難しいかと言う事を思い知らされる。彼は奇異な人物であった

ようだが、奇異にもいろいろあるが、好ましからざる奇異だ。それにしても11,300票

近くを集票して5回目で初当選。奇異奇怪である。

蛇足であるが、小生の中学校の同級生が今も県議で頑張っている。議長も務めたが

奇異奇怪の範疇に入るのであろうか、彼はconfident