フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月30日 (木)

厄介な見えない敵

eyeに見えないことほど厄介なことは無い。人の心の動き、投手と打者の互いの駆け

引き(心理)、人間活動の結果の景気・経済の動きなどソフト面の動きが見えない一方、

ハード面の見えないことも厄介だ。福島原発の廃炉作業を拒む放射線、電気もガスも

見えない。今、世界を震撼させているエボラウィルスも容易には見えない。決定的な

治療薬も無く、対応を誤れば世界を混乱に陥れる。人類の最大の敵である各種病原

ウィルス、一介の吾輩の生命にも危険が及ぶ恐れもある。

処でこの同じウィルス名でも第五の領域であるサイバー空間で猛威を奮っている

ウィルスが有る。この領域の最先端では国家と国家の熾烈な攻防、戦場となっている。

このウィルスも容易に正体が見えない点ではエボラウィルスと同じである。対応を誤れ

ばこれまた世界を社会を大混乱に陥れる。こちらのウイルスは人災、悪意ある人間の

仕業である。小生、今この第五空間のウィルスに悩んでいる。

この第五空間領域へアクセスするには契約するプロバイダーを窓口として、この空間

領域に入る。インターネットを通して世界中と情報の発信、入手、交換、売買、決済、

通信・通話等を行っている。5日前、契約するプロバイダーのサポート担当者から、

思いも寄らぬ苦情メールを受け取った。その苦情メール内容は以下の通りである。

件名:不正アクセス行為に関するご連絡

先日、他のインターネット利用者より弊社へ、
不正なアクセス行為に対する対応依頼が寄せられました。

申告元からの情報を元に弊社にて調査を行った結果、お客様のご利用回線に
割り当てたIPアドレスから行われたアクセスでございました。

申告元から寄せられた情報は、以下の通りでございます。
=============================
行為日時  : 9月20日23時54分頃(日本時間)
ポート番号(アクセス先): 7777
プロトコル : SSDP
=============================
お心当たりがない場合は、お客様のパソコンにコンピューター
ウイルスなどが侵入しており、無作為に不正アクセスを
行っていたことや、悪意を持った第三者に不正中継として
利用されていたことが考えられます。

ウイルスなどが侵入しているパソコンを放置いたしますと、
お客様のパソコンの不調を招く場合があるだけでなく、
インターネットへ接続するだけで他のパソコンへの不正な
アクセスを繰り返すなど、多くの方にご迷惑をおかけする
場合がございます。

恐れ入りますが、弊社回線に接続されているすべての
パソコンの状態をご確認くださいますようお願いいたします。

犯人と疑われているが、小生、全く心当たりがない。そして全く原因がわからない。

だから対処の方策が無い。連絡を受けて気付いたのであるが。そう言えば1ヶ月余前

からブログ記事を作成中、ブログ画面に戻る際にAdult画面が表示される異常に出く

わした。この画面、時々現れる。パソコンが乗っ取られているsign02小生の限られた知識

から即行動を起こした。小さなRaspberry PiというWebサーバーを動かしているが、

まがりなりにも稼働している。しかし、宅内ネットに繋いでいるだけで、外部に公開は

していないが最近放置状態。これが外部から操作されている恐れがあるため、直ぐに

電源断とし運用を停止した。しかし、改善されない。こうして、プロバイダーのサポート

担当者とメールでやり取りして対策中である。パソコンには1日に10件近くのスパム

(ウィルス)メールが届く。ウィルスメールは自動分別され、開かないようにして即廃棄

しているが、殆どが海外からのウィルスメールのようだ。

表れるAdult画面には「このサイトはOtsuに住むメンバーが投稿した無修正動画を

公開しています。あなたの知人が登録しているかもしれません。」

と表示されている。小生がこの画面に加担しているらしき旨の表示が出ている。

サポート担当者からルーター設定に問題がある恐れ、と言うことで考えられる設定を

理解できぬままにOFF設定(Upnp、メディアサーバー機能、DMZホスト機能)した。 が、しかし、

未だ改善されない。サポート担当者と情報共有し、協力して対処中であるが、未解決で

ある。世の中、詐欺が大流行であるが、小生を悪者に仕立て、陥れ、第3者に成りすま

す悪意ある詐欺が横行、暗躍している。何とも陰気、陰湿な知能犯、何のメリットがある

のだろう。我がブログを訪れた閲覧者のパソコンにもこの画面が表示されているので

あろうかsign02このAdultサイトや偽の金融機関画面に誘導し、パスワードなどを盗み

取る詐欺が横行していると報道されている。この種の注意喚起のメールが金融機関

からも頻繁に届く。ブログ作成している小生の主パソコンにウィルスが侵入しているの

であろうかsign02何時もウィルスソフトを最新の状態にて運用しているのであるのだが・・・。

また、このプロトコル:SSDPも初めて聞いた方式である。日進月歩の情報技術の進歩

に小生、とても付いて行けない。早く嫌疑から逃れたい。我が無力に畜の生sign03

2014年10月26日 (日)

2014行事の秋

25日(土)

昨日は3年ぶり開催の社会人学生卒業生の経済学部同窓会に出席。恩師の先生方も

学部長を含む8名の御出席を戴き、総勢40数名の同窓会。久しぶりの再会となった。

卒業年次2000年から2008年の9年間の卒業会員同窓会である。この期間、大学で

社会人選抜入試が行われた。08年以降の卒業生はいないから、今より会員が増える

ことはない。同窓会、教授と1対1で会話ができる滅多にない貴重な時間。多くの教授が

小生より年配者、教授もとてもフランクで自由な会話が楽しめる。最近世界を震撼させて

いる「イスラム国*1」等の問題についても感想をお聞きした。2名の社会経済学専門の

教授が居られたから。この中の1人の教授が雑誌「季論21」秋号26号に投稿された

記事のコピーが配られたが、その内容は一見難解である。じっくり再読しよう。

こうして京都のホテルで立食形式で3時間近くの貴重な歓談を得ることが出来た。

小生にとっては食べる間もないあっという間の時間経過である。全員で記念撮影をし

散会。その後、小生、十数名と二次会に参加。2名の教授も参加して歓談。難しい話は

さておき、アルコールを交えてのフリートーク、近況などの情報交換、約束交換。

Dsc01949_7

Dsc01950_6

教授とのお付き合いと言うより、人間同士のお付き合いと言う感覚である、小生には。

会員の中には今も教授と共に活動をしている方もいるようだ。ご苦労な同窓会世話役の

1人に小生にもそれらの情報が入るように名刺を渡しておいた。こうして帰宅したのが

21時頃。話に夢中になり、喫食少なくアルコール量が多いアンバランスのため眼eye

beerが回りました。

補足 *1「イスラム国」:宗徒で無い先進国の一部の若者が何故共感し、共闘に加わろうと
                     するのであろうかと。

26日(日)

そして今日は年2回ある町内の親睦ゴルフコンペ秋の陣。通常、10名前後の参加者も

今回は7名。何時もより1時間早く起きて朝食。しかし、まだ前日のアルコールが残り、

少し感覚おかしく少しふらつく。朝7時半に相乗りで出発。高速を走り、1時間余で三重県

のゴルフ場に到着。無風快晴。スタートまで1時間余の時間がある。休日故に多くの

コンペ客。小生、春の町内コンペ以来、5ヶ月振りのゴルフである。昨シーズンは月平均

3回ほど行っていたが、今年は今回で4回目。アルコールも抜け、新調パターの練習。

調子は打ってみなければわからない。アウトのスタート1ホール目はDB。次2ホール目の

第2打、9番アイアンで精度よく同じスポットへ4つのOB。修正全く効かず。このホール、

ギブアップの12。回り終えた結果は61+54=115。計8つのOB。小生と同スコア―が

もう一人いるも共にゲベッチャ。しかし、新ペリア方式(隠しホールスコア計×1.5-70)

×0.8=41.2の大ハンディが付き結果は3位。新調パターの効果も無く39パット。

まだまだ、まだまだ修行が足りませんconfidentこの日を目標に9月から週1回の練習を再開

したが付け焼き刃。「下手の横好き」域からまだまだ脱出できません。困った困ったで

自らに畜の生weep 来春は第十回。記念行事を行うとし、golf隠れ愛好家が多いと判断、

参加者増対応で一致。

2014年10月18日 (土)

秋の花フェスタ

秋の快晴、好天気。行事を催すには絶好の日和。好天気に誘われ、今日、明日行われ

る大津市の秋の「花フェスタ」に初めて出向いた。多くの人出。この市の行事、次回から

は何らかのお手伝いをしなければならないだろうということで先ず一見へ。

花と緑の緑化推進ボランティアクラブの一員になったから、来春以降開催の同行事には

サポート、お手伝いしなければならない。なぎさ公園のフェスタ会場では約4~5m四方の

Img_0150Img_0152

エリアに多くのお店が出店している。多くの出店は花・木のお店。巡っているとシャク

ナゲを陳列しているコーナーへ来た。ガーデナー講座の講師をした方と再会し、暫し

言葉を交わす。あるコーナーではパーク堆肥を無料で支給している。1袋戴き車の

トランクへ。あるコーナーでは琵琶湖の環境破壊の一因である水草を利用した堆肥

づくり、水草の環境浄化事業のパンフレットを配り啓発活動をしている。小袋の水草

堆肥も配っている。省エネルギーのコーナーもあり、家庭の節電アンケートに協力。

いろんな事業団体が出展、自然・地球環境の啓蒙啓発活動、そして花・木の等の出店

と多彩である。このように回っているといろいろなパンフレットや花の種を戴き手荷物も

増える。その都度、車のトランクへ。ハートフルガーデナーとあるノボリのテントに行くと

今回のガーデナー講座の主講師とボランティアクラブ会長に会い、暫しの談笑、情報

交換。会長からは12月の第1~第3月曜日はクラブ活動行事があり、予定を明けて

おいて下さいと要望を受ける。本格的ボランティア行動の始まりである。

会場内にはステージもあり、フラダンスや綱引きなどの各種イベントも行われ会場の

雰囲気を盛り上げている。勿論、飲食コーナー等もあり、家族連れ客で賑わっている。

Img_0153Img_0154

小生、3年になる樹高80cmのガジュマルの木を越冬に失敗し枯らしたためそれに

代わる樹高ある観葉植物のゴムの木を見付けた。花苗と共に車中へ、トランクへ搬入。 

この時、車のトランクが既に開いているではないか。ご親切に誰かさんが事前に開けて

くれたらしい。この異変に、近くで交通整理をしているボランティアの叔父さんが、注目

注視してくれていたようで、被害は無く感謝confident ・・・・・閉め忘れweep

こうして2時間半余を愉しんだ後、帰路途中にある大型ショッピングセンターに立ち寄る。

お目当てはゴルフクラブのパターを買い求める事。20年近く愛用したが、シャフトの錆び

が酷く更新。試打して選別。今使っているパターより使用感はグッドgolf 力量もupwardright

26日の町内コンペで奮闘しよう。こうして帰宅したのが17時を過ぎている。間に合った。

今、朝8時~8時半に押し入れから出し、夕刻17時~17時半に押し入れに入れる行動

をしている植物が有る。3年目になるポインセチア。40日間の短日処理中である。

昨年は失敗。光が漏れるなど1日でも失敗すれば最初からやり直しの40日間。

2回ほど押し入れから出すのを忘れ、24時間後に出したが。そろそろ赤くなって来ても

よさそうであるが、一向に赤面しない。今年も失敗かsign02

2014年10月11日 (土)

BBQテニス

BBQは専ら屋外行事、だから辺り周辺に怪しげな臭いを撒き散らす。何時も臭いのみ

を嗅かせてもらっている小生、畜の生sign03隣家2軒が年に1回余、庭でBBQパーティを

行うから。臭いを嗅ぐとビールbeerが小生の脳裏をかすめ、涎も出るsign02  さて、

今日は久々に小生もBBQに舌鼓できる。それは月1回の今日のテニス後である。

花より団子ではないが、テニス目的ではなくBBQ目的に女子陣も今日のBBQテニスに

久々に参加。テニスで心地よい汗をかいた後、空腹状態で食する焼いた肉は実に美味

しいござ候。そして、BBQに欠かせないのがビールである。より食欲をそそる。

しかし、安全運転第一、ノンアルコールビールで我慢の乾杯。ノンアルコールビールと

言っても冷えていれば結構美味しい。満足満足。テニス後のこのBBQ、2年ぶりsign02

20141011_125607_320141011_125629_2

ある。瀬田川縁の秋の大空の、自然の下でのBBQは滅多にないことであるから美味

しい。大空の下での食事と言えば他に登山にハイキング、これまた同様に美味しい食事

である。健康な我が御身にバンザ~イscissors。処で、みんな専ら食べることに専念している。

今回のBBQ、材料の買い出し、下準備から道具の設定まで幹事夫婦に全てお任せで

成り立っている。その上、焼肉調理役も任せており、焼肉役が固定化されている。

これはイカン、そこで小生、「働かざる者は食うべからず」と言って焼肉調理役をかって

出、交代。先月末で定年退職となった幹事役の彼と小生の他、三人のみが退職者、

他は現役社員。彼と小生の2人の退職者tennisも元気であるが、現役社員の多くがメタボ

体型、だから食欲restaurantは旺盛でありますが、困ったことに直ぐに疲れますweep

元気で明るく楽しい健康的なBBQテニスでした。来年も行う予定でありまする。

2014年10月 8日 (水)

我が家のLED照明

今日の朝刊トップにデカデカと載った。ノーベル物理学賞の日本人3氏。2年振りの快挙

である。青色発光ダイオード(LED)の発明功績。これで光の3原色が揃い、どのような

光色も表現、発光が可能となった。このLEDはとても省エネルギー。白熱電球、蛍光灯

は電気エネルギーの一部が発光以外の熱となって失われていくが、LEDは電気エネル

ギーを殆ど発光に費やされるからエネルギー効率がとても良く、省エネルギー。

我が家では車、パソコン、スマホ、液晶テレビ、プリンター、玄関・風呂場の照明等々に

発光LEDが活躍している。それから10日前から運用を開始した拙宅の庭園照明が有る。

小生は電気技術者の端くれ、自らが注文、設置、配線工事した自作照明である。当初、

Img_0134_2Img_0139_2

低消費電力、省エネルギーのLED照明であるから、小さな太陽光パネルから電気を

供給しようと考えたが、パネル設置、バッテリー設置などの工事の煩雑性から太陽光

パネル発電を諦め、家庭用電源を採用することにした。AC100VをDC12Vに変換し、

Img_0132_2Img_0136

LED照明に供給する庭園照明仕様とした。何といっても省エネルギー、建柱形の灯籠

照明には1.8W消費のLED、しかも1/f のゆらぎ発光制御。ロウソクの炎が揺らぐ

ように発光する。LED照明でこのような細かな制御が容易となった。もう一つが、

Img_0135Img_0138

     自動ON、OFF制御付電源トランス              アクセサリーライト(1/f )

LEDスポット照明、2.7W消費であるが、LEDは発光面積が点に近く、小さいから

前面にレンズを採用し、とても明るい。発光色は電球色を選んだ。十分な光量である。

その他、数年前に設置した太陽光による小さなアクセサリー照明が2灯ある。これは

電気代はゼロ。この新たな庭園照明、一晩中灯けても僅かな消費電力量であるが、

一定の設定時間後には自動消灯する。庭に新たな夜のアクセントが出来、エクステリア

環境が良くなったと自負している。このようにLED照明、まだまだ応用範囲が広がるで

あろうと思うもの。  処で、2年前の山中教授のノーベル賞受賞発表に纏わる思い出

がある。丁度この10月の出来事である。その頃、小生が位置していた処は中国四川省

成都市の四川大学。ここで山中伸哉教授のノーベル賞受賞の朗報を聞いた。当時の

ブログにもある通り、小生の周りは各国から来た若い語学留学生が殆どであったが、

内心、チョット自慢顔であった。だから、ある時、パキスタンの若者が日本のテクノロジー、

ベリーグッドと言って唐突に握手を求めて来たのはその影響であろうかと。

相次ぐ日本人のノーベル賞の受賞、とてもお目出度いことである。

*関連ブログ   ・2010年 8月25日  「LED電球」 
             ・2012年10月14日  「四川遊学19」

2014年10月 7日 (火)

一瞬の脳内反乱

どうして、何故と思うような不思議なことが起きている。わが身に。この半年余の内に。

何処で起きているか、それは小生の脳内で一瞬起きていたようだ。3回もsign03

その1)忘れ物

永らく休んでいたが、9月からゴルフ練習を再開、週1回通っている。

年に2回ある町内ゴルフコンペが今月末にあるから。 さて、7ヶ月前の話。

練習から帰宅途中に気付いた。スマホmobilephoneが無いことに。忘れた処はゴルフ練習場。

Dsc01940しかし、何故忘れたのか不思議で

ならない。何故なら、練習場の空いた

レーンに着くと先ず、オートセッター上

に、財布とスマホと車のキーの3つを

一緒にまとめて置く。  そして、

練習後、レーンを離れる時、大事な

財布と車のキーの2つのみを取り上げ、

スマホを置いて来たのだ。この中で一番大事で無いものと一瞬判断したのであろうかsign02

そして帰り道に寄った書店でスマホが無いことに気付いた。何故このような事が起きた

のであろうかsign02 また、セッター上には「カードを忘れないでね」と親切に書いてある。

御多分に洩れず、小生、プリペイドカードを忘れて離レーン。  しかしである、ある日、

レーンに着くと有効プリペイドカードが置いてあるではないか。寄付してもらった、

誰かさんに。失くす神あれば、与える神あり。お相子confident 

*関連ブログ) 2014年3月7日  「今日10時間」

その2)失くし物

爪切りを失くした。1ヶ月前の話。何時もの机の引き出しの定位置に無い。家中を捜すも

見当たらない。4~5日後に思いも寄らぬ処から出て来た。テニスバッグのサブポケット。

Dsc01944_2練習後、サブポケットから着替えを取り

出した時にポロリと探し求めた爪切り

が出て来た。何故このような処に入れ

たのか、隠したのか。テニスをする

前に指の爪を切ろうと思ったのか。

何故このような思いも寄らぬ処に

入れたのかsign02 メインポケットなら

まだしも、サブポケットに入れたのかsign02 謎である。誰かがイタズラしたのであろうかsign02

*関連ブログ) 2014年9月9日  「Wanted!!」

その3)戸惑い

毎週水曜日はテニス、12時半から始まる。コートまでの所要時間は車で40分前後。

いつも朝食は遅く9時前に終える。練習開始時刻に間に合わせようとすると早めの

昼食を摂らなければならず、11時半には食べ始めなければならない。

朝食から2時間半後に昼食。あまり食べる気がしない。だから1ヶ月前から、コート

到着後に昼食を食べることにした。途上でコンビニのおにぎりを買って昼食である。

コンビニのおにぎりriceballは美味い。ある日、コンビニのおにぎりセール。全てのおにぎり

が100円/個とある。昼食前の時間帯はコンビニ客が多い。レジで1人待ちの後、

支払いが回って来た。2個買って200円の支払い。財布の小銭入れから100円玉

2個をトレイ上に支払う。この時にわが脳内に錯覚が起きたようだ。支払った

100円玉2個がトレイに有る他、500円玉1個もトレイ上に有るではないかsign02

500円玉を出した覚えはないのだがsign02一瞬、前の客が取り忘れたのかとsign02

店のレジ係は100円玉2個を取り上げ、500円玉はそのままにしている。

んッsign01小生、チョット躊躇して何気なく500円玉を財布に納めた、が、レジの女性

は何も言わない。変なおじさんと内心思っているのであろうsign02 得したような気分、

なんか変な気分。どうして躊躇したのであろうかsign02 どうやら今になって考えると、

小生にある一瞬、錯覚が起きていたようだ、脳内で。財布moneybagにある多くの小銭硬貨

の中から100円玉2個を取り出す時、小銭硬貨何枚かをトレイ上に掴み出し、

100円玉2個を残して、それ以外の硬貨を再び財布に戻す所作をしたようだと。

100円玉、10円玉を出した積りがその中の1枚に500円玉も含まれていたと。

価値の高い1枚の500円玉硬貨を特別視したらしい。そのように原因分析している。

一瞬、得した気分になったのだthink 目出度い男であるconfident

2014年10月 4日 (土)

お経を唱える

小生の年齢にもなると人生先輩の叔父さん叔母さんの数は自然と少なくなる。

3週間前にも義理の叔父さんが亡くなった。通夜に、葬儀にシティーホールに出向いた。

この葬祭儀式に於ける主役はお坊さん。お坊さんがいなければ儀式が全く成立しない。

読経と共に葬儀が進んでいく。  処で我が家の宗派は浄土真宗。このお経の一つに

「正信偈」や「阿弥陀経」がある。既に亡くなったが親父の叔母さん達は「正信偈」は

凡そ記憶していたようだ。小生の親父が亡くなって16年、今年は17回忌に当たる。

父母の13回忌は妹を含め3~4人で簡易に執り行った。少し遠方の転居後でもあり

葬儀当時お世話になったお坊さんは招いていない。この回忌法要、本来ならお坊さん

を呼んで行うのが供養というもの。  お袋の実家は檀家、この親の法事をお坊さんを

呼び、欠かさず執り行っていた。墓参りをし、儀式の後は一緒に食事をし、酒を酌み

交わし、思い出話を、絆を確かめあい、情報交換の場となる一日行事、日本の良き

風習である。このような良き風習も徐々に減ってきているように感じる。

この親父の17回忌法要を1ヶ月後に行うことにした。当時のお坊さんを、小生とは1年

先輩のお坊さんを招いてもいいのであるが、4~5年前に早々に他界してしまった。

小学校からの地元の馴染みも有り、昔話も相通じ、読経の声質も大きく良かった。

余談であるが、会社に勤めていたころ、同僚が法事で呼んだお坊さんがカセットテープ

をかけてお経を唱えたことに立腹していた。真面にお経を唱えられない坊さんもチラホラ

散見されるようだ。所謂、生臭坊主である。そこで今回、それなら自らお経を唱和しよう

と考え、お経のCDを通販で手配した。速いもので24時間後の今日、届いた。

このお経のCD、街のCDショップでは見当たらない。京都のお寺などに行けば売って

いるかもしれないが、ネットで試聴をし、数ある中から選んだもの。西本願寺法務部

勤式指導部員 読誦とある。「いつでも気軽に正しい読経を。どなたでも気軽に仏道に

精進していただけるCDです。日々の精神修養にお役立てください」とある。

「正信偈」を一つ覚えたいものだが・・・。リズムを、節を覚えれば何とか・・・でも無理。

お経を唱えることで現世から無事に仏の浄土、極楽浄土に往きたいものである。

そう遠くないことだからconfident                              処で、

お坊さんが住む寺院、引っ越したころは近くに住む同じ宗派の親しい恩師にお寺さん

を紹介してもらおうかとも考えていたが、行動に移す前に恩師は亡くなった。  さて、

この寺院数であるが、人口10万人当たりでは全国で滋賀県は1位、寺院数では4位

である。因みに全国の寺院数は77,467寺で神社は81,320社(2009年12月末現在)

2014年10月 2日 (木)

杞憂で済まない外交

今日も中国語放送に纏わる話題。今日の放送内容は中国の成語故事(故事ことわざ)。

「杞人忧天」(杞の国(河南省開封辺り)の人、天を憂える=杞憂)。難しい。レベルを

上げて実力不相応の中国語に挑んでいる。だからとても難しい、しかし、内容が面白い。

日本語の「杞憂」の語源の話である。

さて、昨日の新聞に小生も全く同感という記事が載った。小生も杞憂するその内容は

下記『』内の通りである。ブログ記事も便利なOCRソフトのお蔭で、新聞の長文記事

も簡単に取り込むことが出来る。拝借転載は、安易なブログに陥り易いから要注意think

日本政府は9月下旬、ウクライナ問題に関する対露追加制裁を発表した。だが今回も、

G7(先進7力国)に渋々おつき合いする様子が見え隠れする。1回目の制裁がロシア

要人の入国を禁じていなかったため、プーチン大統領の「側近中の側近」、セーチン氏

は大手を振って来日している。要するに、日本側の対露制裁は遅すぎるばかりか不十

分なのである。そのような感想を私か抱く理由を、3点に限って指摘する。 

「クリミアと北方領土は同根」

 第1に、己の領土をいわれなく奪われて実効支配されているという点て、北方領土と

ウクライナ南部のクリミア半島の問題が同根であること。日本とウクライナはともに、

旧ソ連ないしは継承国ロシアによる軍事力の行使による、明らかな国際法違反行為の

犠牲者という境遇にある。したがって、日本はG7の対露制裁に単に参画するだけでは

なく、むしろ、率先垂範して制裁の旗振り役を務めてもおかしくないのである。ところが、

安倍音三政権は次のような理屈をこねているかにみえる。わが国にはロシアに北方

領土を返還させるという悲願がある。そのための環境整備が曲がりなりにも進捗しつつ

ある現在、対露制裁に余り熱心な姿勢を示して折角改善しつつある雰囲気をぶち壊す

愚を犯したくない、と。上記は、説得力を欠く主張と評さざるを得ない。そのような理由

で対露制裁に躊躇するなら、日本は二重基準を採る利己的な国家に堕すからである。

つまり、自国領土を取り戻すことには熱心な一方、他国が同様の仕打ちを蒙った場合

は非協力を決め込む。むしろ、その逆こそが日本として取るべき正しい態度だろう。

戦後日本は69年の長きにわたり、領土が略奪される悲劇を経験している。したがって、

G7諸国でウクライナの憤りや心情を最も良く理解する立場にあり、クリミアなどを

めぐる対露制裁に最も積極的な姿勢を取ることに吝かではない、と。

「中韓へのシグナル忘れるな」

わが国が厳しい制裁をロシアに科さなければならない第2の理由がある。日本が韓国や

中国との間で領土紛争を抱えているという事情である。つまり、韓国は目下、日本固有

の領土である竹島を不法占拠中であり、中国も隙あらば日本から尖閣諸島を奪おうと

虎視耽々と機会を狙っている。 そのような状況下で、安倍政権がクリミアなどウクライナ

の問題と北方領土のの問題について首尾一貫しない態度を示すならば、どうであろう。

日本の対応を刮目して見守っている北京やソウルに対して、誤解を招くメッセージを発信

することになるだろう。外交活動は、相手側に直接向けた言動だけによって行われるとは

限らない。必ずしも当事者でない第三国に対する言動を通じても展開される。いわゆる、

diplomacy by examples(例示外交)である。その意味で、民主党政権は、袴田

茂樹・新潟県立大学教授がよく引かれるように、致命的な過ちを犯している。2012年

7月、ロシアのメドページェフ首相が国後島再訪という「屈辱」をわが国に与えたにも

かかわらず、玄葉光一郎外相はわざわざプーチン露大統領を保養先のソチに訪ねた。

秋田犬の土産まで持参して。 奪われた領土に関するかくも鈍感な日本の態度から

学んだのは、ロシアだけではなかった。韓国の李明博大統領は早速、竹島上陸を敢行

し、中国も尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船に中国漁船を衝突させるといった露骨な

対日揺さぶり行動を起こしている。

「対米協調路線を貫く重要性」 

ウクライナ危機、特にロシアによるクリミア併合で第3に肝要なのは、安倍政権が対米

協調路線を貫くということである。戦後日本は国際紛争を武力で解決することを自らに

禁じてきている。ジョセフーナイ米ハーバード大教授は、常々引用しているように、次の

ような比喩を用いて、外交交渉における目本の敗北を予言している。「もし、右手を用い

ることを自らに禁じて左手だけを使うボクサーがいると仮定しよう。そのことを熟知して

いる相手ボクサーは、きっと彼の右側を攻めてくるにちがいない」と。自らの軍事力だけ

に頼り得ない戦後日本は、米国と同盟関係を組むことによって、初めて身の安全を確保

し得てきた。核兵器を持っていない日本を例えば、武力を信奉する「プーチンのロシア」

が国家ないしは交渉相手として認めてきた背景には、日本の背後に米国が控えている

こともあった。尖閣諸島についていえば、米国は諸島が日本の施政権下にあり、日米

安保条約の適用対象になると繰り返し保障してくれている。 そんな日本がウクライナ

危機に際し米国の対露制裁方針に必ずしも賛同せず、何とかしてそれを逃れようとさえ

試みるならば、どうであろう。日本の姿勢は身勝手な甘兄ん坊のように映り、米国を

はじめ世界の各国に内心では蔑視され、事実上、G7内で仲間外れにされる危険さえ

はらむ。
       
このロシア外交に積極的な人が、森元総理。日本の元総理経験者が相変わらず威光

を放っている。外交活動に積極的である。安倍総理の意向であるが、プーチン氏と親交

の深い彼の助言、意見が幅を利かせているのであろうと。日本には「毅然とする」と

いう言葉が無くなってしまったようだ。毅然外交は影を潜め、あいまいの玉虫色外交に。

目先の利益を追い、大局観を失い、嘆かわしいことに世界の国から信用、信頼が失わ

れ、相手にされなくなっていく。杞憂では済まないだろう。北方領土が遠のいていく weep 

*2014年10月1日新聞掲載  「日本こそ対露制裁の旗振り役に」
                      北海道大学名誉教授  木村 汎 氏 執筆

*関連ブログ    2013年3月16日記事    「2%インフレ」