フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« オーナー10周年 | メイン | 講座で学ぶ2 »

2015年5月 8日 (金)

大雪山と興部村

今春は昨年に続き、未踏の地である山形、福島両県の東北旅行の予定であったが、

どうも今一つ気乗りせず、行動に移せず断念した。来年にお預け。    さて、

小生の長い人生、既に人生8合目まで登った、辿り着いた。ここまで登ると下界を、過去

を眺める事がどうしても多くなる。高い位置から絶景かなと眺める。この高さから上方を

眺めると手の届きそうな天界となり、そこはまだ時期尚早、まだ観たくない、行きたくない。

その天界から誘われる前に未だやり残したことが沢山ある。それは2~3年余前から

計画していたがまだ行動に移せていない北海道の一番高い山、大雪山の征服。今年

も幸いにも身体はまだ健康であり、気力もあり、今年決行と決断。早速行動に取りか

かった。例の如くネットで予約である。航空切符、ホテル、レンタカーなどのメインとなる

ものはネット予約である。計画していた旅日程計画が航空切符、入手都合で変わった、

予定より10日余、早くなった。今日は60日前に予約できる往きの航空切符、1日目の

宿泊ホテル、3~5日目に48時間利用するレンタカーの予約をネットで契約完了した。

これで後戻りは出来ない。これら予約、航空会社とタイアップしており、マイル計算に

加算されると言うから、航空会社を通して予約した。残りは2~4泊目のホテルの予約

と復路の航空切符、新幹線の予約である。しかしである。便利であるが、机上の計画

通りの旅が進行したらの話。小生の健康上のトラブル、事故など何かの影響で時間が

狂うと、以降全ての旅程が狂ってしまう。余裕の時間はみていない。ここは日本である、

1まぁ、信頼するとしよう。北海道は14年

ぶりの2回目。前回(←写真は小樽運河)

は主に道南。札幌、小樽、洞爺湖、函館、

青森大間崎、恐山、東北新幹線で東京、

ディズニーランドを老婆(ラオポ)と2人で

回った。会社の勤続30年旅行である。 

処で、3泊目は網走湖で宿泊することにしている。この網走から地図で左上約80kmに

位置する地方が紋別。この紋別に何とか行きたいのだが、時間が無く今回は行けない。

この紋別郡には思い出がある。当時は、紋別郡紋別町興部村字上興部(オコッペ)だ。

市町村合併で住所表示は変わっているかも知れないが。今から約50年前の話。

小生が高校1~2年生の頃のある出来事。夏休みにアルバイトをしていた。親父の紡績

会社で、通う高校のある街の八百屋で。ある物が欲しくてアルバイト。当時の日給は

500円。そして2年後くらいに就職したが、当時の高卒初任給は公務員で17,000円

前後、民間企業で18,000前後である。このアルバイトで貯めたお金でSONYの小さな

トランジスタラジオを買った。8,000円位だったと記憶している。高価だ。周波数表示板

が上下に動くタバコ箱2つ位の大きさのラジオ。しかし、新たなラジオに目移りしてこの

ラジオを雑誌を通して売りに出した。買い主は北海道の上興部に住む男子生徒。小生、

早速小さな小包にして普通郵便で送った。しかしである。待てど代金が送られて来ない。

諦めていた頃、代金が現金書留で送られてきた。送り主は彼の父親からである。

丁重な謝りの手紙が添えられていた。小生も書留便では無く普通郵便で送っている

からその責任の一端は小生にもある。届いていないと言われればそれまで。

そのような事があった昔を地図を観ながら懐かしく想い出しながら旅の計画をしている。

旅はルート、コース選択段階が、オリジナルの旅計画が一番楽しいものである。

東京起点の大雪山登山ツアーも用意されているのだが。小生が既に踏破した各地域

の一番高い山は、日本一高い富士山、九州一高い屋久島の宮の浦岳、中国地方で

一番高い大山、四国一高い石鎚山。そして今回、まだ未踏である北海道の大雪山

である。旅計画の概要は、羽田経由旭川空港→旭山動物園→旭岳温泉→大雪山→

層雲峡温泉→屈斜路湖→網走→知床半島→中標津空港→羽田(東京)→京都ルート

の4泊5日の1人旅である。いつもの事ながらこの夏期には100名山の夏山登山を

楽しんでいるが、毎回の一番の難題、気がかりは夏の菜園・園芸の毎日の水遣り

である。誰か自発的な水遣りボランティアはいないものかと。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33396227

大雪山と興部村を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。