フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 講座で学ぶ1 | メイン | オーナー10周年 »

2015年5月 2日 (土)

花とサントリー

夏野菜を植え付けた。花苗も植え付けた。今年の夏野菜はトマト4本、ミニトマト1本、

小玉スイカ1本、手のひらサイズのミニカボチャ1本の計7苗。トマトを植え付ける時、

ミスに気付く。接ぎ木苗を買ったつもりが実生苗、電話で確認し、交換に出掛けた。

今年気付いたのであるが、少し高い苗が多くなっている。しかも種類が増えたようだ。

トマトの品種が多くある。甘いとか、大きな実がなるとか、病気に強いとか、沢山採れ

Img_03031るとか。そこに今年はサントリーの

苗が出回っている。日本の種苗会社

と言えば、タキイ種苗とかサカタの

タネが思いつくが、それ以外にも中小

の会社はある。そこへサントリーも

参入してきたようだ。この分野、

遺伝子組み換えとかバイオ技術など

高度技術も必要で世界的に競争の激しい分野。中でもこのトマトは色々面白い性質、

話題性があるようだ。トマト、これは野菜か果物かsign02ポマトと言うのがあるが

実はトマト、根はジャガイモができるようだ。   余談だが、もうすぐ収穫時期を

迎えるコンテナのエンドウ、どうもできが悪い。一種の連作障害sign02、天候不順sign02

2週間余前に畑の耕作準備(油粕、発酵鶏糞、米糠、化成肥料、苦土石灰)作業

で耕した。1週間前には元肥を施した。そして間土をした上に今日植え付けた。

無事に沢山収穫できればいいが、収穫までには障害も多い。手間も掛かる。

時には買ってきた方が安価だ。しかし、この作業をやっている人にボケ人は不在。

兎に角、手と頭を使うから。これらの苗は前日に買ったもの。同時に花苗も事前に

調べ、決めた2種を買ってきた。1つはサントリーの苗。毎年、サントリーの花苗。

今年はネットで調べ新しい苗を買うことに決めた。店頭に並ぶ時期は5月初旬とある。

探すも見当たらない。店で聞くと今日入荷したという。 即、開梱してもらった。

品名はサマーウェーブ。その名のように涼しげに広く咲く。色種も多い。トレニア属と

Img_03021Img_03011

あり、葉がトレニアに良く似ている。トレニアを改良し、バイオ技術で人工的に操作

したのではないかと思われる。もう1種は昨年同様、レモン色のペチュニア。

昨年はナメクジ食害が酷かった。ナメトールの効き目も今一つ。だから、今年は土に

オルトラン薬剤を混ぜておいた。さて、このサントリーの子会社名はサントリーフラワ

ーズ。ビール醸造などの発酵技術、バイオ技術を利用してこの分野に進出したので

あろう。グルコサミンなどのサプリメントの健康食品を手がけている会社はサントリー

ウェルネス。その元締めの親会社がサントリーホールディングス。そのトップは請われ

てローソンから最近着任した新浪新社長。サントリーは非上場企業だが非上場の

CSR企業ランキングで4位にランクされている。宣伝も上手く、こんな所にもと思う店

にも「金麦」が進出、並んでいる。Pnasonicと並びとても商売上手な関西企業と言う

のが小生の印象。新社長になり新たな躍進を遂げるのではと感じるもの。

尚、小生、サントリーとは全く利害関係は有りません。時折、金麦を飲む程度です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33389213

花とサントリーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。