フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 愚の東芝殿様 | メイン | 学びだ、行動だ »

2015年8月23日 (日)

世界陸上と我が陸上

誕生日を終え、更に+1歳加齢、人生の8合目まで登ると我がヒストリーはとても豊富。

だから、どうしても後ろを、辿ってきた道を振り向く機会が多くなる。

今、北京で世界陸上が開かれている。陸上競技、人間の持つ能力、基礎身体能力

の限界を競う世界大会。    より速く、より高く、より遠くへと。

棒高跳びというポール(棒)という道具を用いる一部の競技もあるが、陸上で行う

人間の基礎身体能力を競う競技。水上で競うのは水泳競技、その陸上版である。

人間の持っている能力の限界に挑むから、競技種目によっては過酷な競技となる。

マラソンや10000m、5000m、1500m走などは過酷な競技だ。

身体一つで争うこの競技、技や誤魔化しが効かず、日々の練習成果がそのまま結果

となって現れる。昨夜の男子10000m走、日本人3選手が出場。結果は完敗。

完走選手23人中、トップグループから1、2周回遅れの18、22、23位の惨敗。

出場選手の殆どがアフリカなどの黒人選手。日本人選手は最下位争いで一際目立って

いた。参加することも大事だが、余りにも世界との差が大きい。

日本の選考基準に疑問を感じたもの。まぁ、優勝は無理としても入賞8位~10位を

狙えるような自己最高のタイム記録を持つ選手の選考が必要だ。ここまで大差がつくと

日本選手3人の参加に疑問。世界との差を肌で感じ取るにしても精鋭代表選手1人の

参加で十分では。 長距離はケニヤ、エチオピアなどのアフリカ勢が圧倒的に強い。

高地環境下の練習、厳しい自然の中で育ち、貧しい生活からのハングリー精神が強みだ。

日本の短距離と言えば、当県出身で日本の短距離界のホープである桐生選手が故障で

参加できなかったのが残念。日本を代表する将来性有る若手であるが、筋肉トラブル

で故障中。ガラスの脚を持った選手とならなければいいのだが。持って生まれた先天的

な能力、競走馬では無いが、筋肉の限界に挑むから良く脚に、筋肉に故障を起こすのだ。

さて、これ以降は小生の半世紀前の選手時代の話。小生も高校時代は陸上部の選手。

専門は100、200m、走り幅、リレーが対象種目。しかし、小生、軽量身体故にパッと

散る。短距離では決勝に進めず、精々準決勝止まり。 当時の優勝タイムは11秒0。

ここでもう少し時代を遡り、中学生の時の自慢。当時3町あった郡の中学校体育大会で

優勝している。1年生の時に100m走、走り幅で優勝。2年生の時は大会中止で無し。

Img_0695

Img_0692_a_2

3年生では走り幅に優勝。当時、学校に陸上クラブはなく直前の選手選考記録会を経て

出場決定。練習なしの1発勝負。狭い地域、地方での出来事だが、小生には持って

生まれた基礎能力があったのだ。高校に入ってからは伸びず、梅雨前線で停滞。

軽量の身体、体力面で劣っていたのだ。親父も高校体育大会に一度応援に来た。

その時の感想を覚えている。他の選手に比べ、非力で身体が小さい と言っていた。

しかし、高校3年生の時には、近畿大会に出場。出場種目は団体の継走400m×4。

1人400mを走る。県大会ではこの種目決勝で第1走者で出走、2位でバトンをつなぐ。

Img_0689

Img_0688_2

最終結果は4位入賞で近畿大会へ。近畿大会が行われた会場は西京極競技場。

授業中、突如呼び出され、これから大会に向かうと言い、急遽、会場に向かった。

どうやらクラブ顧問のミス判断のようだ。結果は勿論、予選敗退。

だから顧問は出場躊躇sign02 どうも気後れして全力を出し切れなかった記憶がある。

精神面の問題だ。小生、長距離もこなし高校駅伝にも快走runしていた。

また当時、高校では全国的なスポーツテストが行われていた。50m、1500m走、

Img_0693

ハンドボール投げ、走り幅跳び、

鉄棒懸垂の5種類であったと記憶

している。小生は陸上クラブであり

有利、判定結果は該当者の少ない

ランク2級。  だから小生、

身体の基礎身体能力は平均レベル

を上回るパワーを有していたのだ。

これら証拠付きの、証明書付きの足跡は、我が人生の生きた証の一つなのだ。

以上、我が大昔の小さな自慢話に付き合って戴きありがとう m(_ _)m     

それにしてもだ、いつも世界陸上の放送解説をする中井美穂、同級生の当時の

育美さんにそっくりだなぁconfident

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33530991

世界陸上と我が陸上を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。