フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 料金体系と収益 | メイン | 何とも愉快だ »

2015年9月17日 (木)

なんだぁ、これは

国会では昨日から、安全保障関連重要法案の与野党の攻防が激しい。腕力による

まるで喧嘩の様相だ。何とも情けない姿だ。民主主義の欧米先進国でもこのような力に

よる、身体を張った議事運営の攻防をしているのであろうか。観たことはないが。

時折、お隣の韓国、台湾では拝見するが。日本を真似たものであろう。悪い見本だ。

委員長を始め議員の中には高齢議員も多く、一歩間違えば怪我人が出てしまう。

Photo

1

経済は一流、政治は三流と言われて久しい日本だが、未だ同じ事を繰り返している。

進歩の気配は感じられない。このような国家の命運を左右する重要案件の審議が、議論

がまだ十分尽くされていないと言って採決を力で阻止する野党議員。双方の考えには

大きな隔たりがあり、歩み寄りはない。

多くの審議時間を費やしても依然、双方の考えにはとても大きな隔たりがある。

2

これ以上の審議時間を費やしても無駄と

考える与党。数の上では与党優位である。

この法案通過を阻止するには参議院

特別委員会の開催を阻止をするしか

ないと野党は力づくの身体を張った

抵抗行為に出ている。それがこの姿。

先生方の争いがこのような醜態姿を晒

している。物事、決める時には決めなければ前進はない。何のために議論しているのか、

お互いの考え、違いを認識し、双方が少しでも歩み寄ることを、限りなく一致点、妥協点

を求めて議論をしてきた。しかし、双方に歩み寄り、妥協点は全くない。

日本の置かれた現状をどう観るのか、世界の現状をどう観るのか。今後の世界の情勢

変化をどう観るのか、国家間のパワーバランスをどう観るのか、情勢は留まることなく

常に大きく変化し、動いている。それにどう対処するのか。現状で満足とするのか。

現行憲法を守っていたら安泰か、自ら対応を決めなければならない。

個々の生活、人生に於いても決断、決断の連続だ。決断を下さない限り物事は進展

しない。課題、問題点に眼を逸らしていると、決断、行動を躊躇していると時間と共に

問題点が顕在化してくる。手遅れだ。

余談であるが、参議院で理事会が行われている様子がテレビに何度か映し出された。

野党党首を始め、主要議員が厳しい表情で出席している様子が看て取れた。

その中に古参、かつて豪腕でならした小沢一郎先生が硬い表情、しかめっ面で映って

いた。彼は若くして自民党の幹事長を歴任、その後、新生党、新進党、自由党の党首、

民主党代表、そして民主党党首をうかがうほどの実力者、政界の大物議員であった。

当時、次期国家主席となる中国の習近平と天皇陛下を宮内庁ルールを無視して強引

に面会させた。しかし、どうも年輪と共に人との、仲間との協調が苦手で孤独のようだ。

小生も一時、彼の影響を受けたが、今は弱小政党の一議員。余りにも起伏の激しい、

波乱万丈の議員人生を送っているものだと感じるもの。錆が出たのか、身から。

それにしても国会議員の先生方のこの行動、暴動騒ぎはどうもわからんワイthink

   ここで、この安保重要法案に対する小生の考えの一端を。

まぁ、憲法学者が言うようにこれは憲法違反であるのだろう。しかしである。

憲法違反でもないのだろう。何を言ってるのだsign03 とお叱りsign02

本来、憲法を改正した後、この法案を提出すべきだろうと。しかしである。憲法改正

ともなると国会での審議、国民の審判など手続き上とてもとても長き時間を要する。

もしこの間に我が国に不足の事態が起きればどうするか。現状では自衛隊は憲法の

制約上、手足を縛られ、制限され自衛活動は思うようにできない。

アメリカにおんぶにだっこ。アメリカが頼り。安倍さんは米国から何を要求されているか

は知らないが、アメリカは日本を守るから、日本も自国の防衛にはもっと真剣に積極的

に対処し、米軍に協力してほしい、と言っているのではなかろうか。共同対処である。

近隣の中国、北朝鮮は不安定な自国内の問題から、対外的に何時危険な行動に走る

か解らない。その為には早急に自衛行動のための法整備をして手足を縛ることを緩め

ておこう。ならば自衛行為とはどのような範囲までを、事態に対して該当するのかと

野党は詰め寄り、それは憲法違反だと。しかし、今の憲法という安眠枕上に寝ていて

本当に大丈夫だと思っているのであろうか。本当に安眠枕sign02  もし、敵国から不測の

事態が引き起こされ、国の存立に関わる事態に遭遇して、あぁ、あの法案を事前成立

しておけば良かった、とならなければいいのであるが。日本を取り巻く環境、情勢をどう

観るか。安全上の現状認識をどう捉えるか。小生は野党が言う戦争法案ではないが、

リスクが、争いのリスクが高まっており、今の安眠枕は惰眠枕と映り、不安で眠れない

のである。だからこの法案は憲法改正までの喫緊の重要法案。国民の生命、財産を

守り、家に鍵を掛ける為に必要な重要法案。現行憲法では国家の安全を担保できない。

だから憲法違反には当たらないと。そしてこれはあくまで自衛の範囲の話である。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33576305

なんだぁ、これはを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。