フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 時にボ~ッと | メイン | 治水と堤防 »

2015年9月 5日 (土)

権力の弊害

五輪エンブレムが模倣、盗用疑いの問題でご破算に。国立競技場の基本設計も白紙

撤回、やり直しとなった。躓きっぱなし。どうもまたタガが緩んできたのではないかと言う。

人の組織面、長老の、権力者の・・・・・に問題が潜んでいるように思えるのだが。 この

エンブレム、小生のブログにもある。ブログ左上にあるエンブレムはtennis_mouse。

小生の干支と趣味のテニスを元にデザインを頼んだもの。発注先はイラストが得意な姪。

デザインはオリジナル。既に買い取り、著作権者は小生。     話は変わって。

中東、アフリカからの難民が大挙ヨーロッパ大陸に押し寄せている。内乱、内戦、紛争

などで生命に危険を感じ、多くの民が国を脱出、逃避している。この数が一定数を超え

ると危険だ。逃避先の国家では経済的負担や社会不安も起きる。突然越境してくる

難民、人道的に、 と言っても無制限に受け入れては摩擦も起きるだろう。

国によって一定の許容キャパシティーがあるものだ。内乱、紛争で逃れてきた者が、

安住の地と思った逃避先でも紛争を、争いを起こすことにもなる。何せ、大集団だから。

昨日の新聞の週刊誌の広告掲載で、ある文字に眼が留まった。取り越し苦労、心配性

ではないが、小生が以前から最も危惧していた考えと一致したから。それは中国からの

難民。この国は元来が不安定な国家、独裁権力で国民を統治している。統治する側の

党員と統治される側の国民。官僚、党員は特権を利用して私腹を肥やし、特権階級の、

地方役人の腐敗が激しい。国民は国家を信用せず、信用、信頼できるのはお金と親類

縁者のみ。だから拝金主義が蔓延る。経済が高度成長して、国民が明日に希望を持ち、

満足できる時期はいいが、経済が変調、成長が鈍化し、停滞してくると失業者も増え、

一般国民は生活不安から、その不満は国政を司る党に、国家に一気に向かう。

と、党指導部はその矛先を格好の目標、日本に向け、国民の眼を欺く。日本を挑発し、

事件を起こし、国民の眼を、関心を国家の危機だと煽り、問題をすり替える。中国国内

の大小の暴動事件は年間30万件を超えると言われる。毎日1,000件を超える大小の

暴動が、以前から国内で発生していると。暴動は公安、軍などの治安部隊で抑えるが、

数の面で圧倒的多数の一般人民、団結、連携したら国家権力は太刀打ちできない。

力で抑えることは出来ない。ネットが発達し、携帯電話の世の中、情報統制するも外部

を通して内外の情報が入ってくる。力による統制で国民を抑えれば抑えるほど逆に抵抗

し、反発する。役人の腐敗、汚職、権力の乱用、経済格差、情報統制、自由の制限など

で国民の不満は鬱積している。この暴動が全国各地で連鎖的に起きると国家は手に

負えなくなり、統治能力を失い、国内は秩序が乱れて国家崩壊へと至る。大国の崩壊は

世界も不安定化する。国家が崩壊すると無法の内乱状態となり、人間の行動は理性を

失った動物的行動に変わり、社会は麻痺。より良き安住の地を求めて国外に脱出する

者も現れる。陸続きの南方へ下る者、海を渡り、台湾、韓国、日本へと船で大挙押し寄

せるだろう。同時に北朝鮮も危ない。台湾、韓国は難民に飲み込まれる。豊かな日本を

目指して中国難民が押し寄せたら・・・。人口13億、その0.01%、10,000人に1人で

13万人。多ければ日本は大混乱に陥る。小生、この種の中国問題の本を読んだ訳では

ないが、巷に入る日々の多くの情報から、隣国中国の政情不安を感じ取るもの。    

’92年から本格的な改革開放が始まったが、20年余前の’93年、中国に半年余り出張

した。国有企業と合弁会社を作って新工場の建設である。当時訪れた合弁先の国有企業

は非常にのんびりしていた。昼の休憩は2時間余。昼寝をし、仕事ものんびりしたもので

あった。国民に当時を懐かしむ人も多いだろう。 しかし、改革をしなければ世界の発展

から取り残される。号令一下、導入したこの社会主義市場経済システムは失敗したとなる

のであろうか。市場の判断に委ねる資本主義経済システムと国家が人為的に市場介入、

操作をする社会主義市場経済システム。市場の経済変動を無視して需給ギャップが

生まれ、製品、材料の在庫増、空室増や設備の稼働率の低下、市場の動きを軽視した

為替操作、金融経済で国富が逃げていく。世界の大きなマーケットの前では人為的操作

の経済運営は所詮無力と思うもの。国民の共産党への信認が更に低下していく。

以上、中国からの難民が押し寄せる悪夢を見たもの。正夢とならなければいいのである

が・・・。小生の夢の中での洞察力であるが、その確度は高い?低い? 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33562595

権力の弊害を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。