フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 愛宕山再訪 | メイン | 先見の明!? »

2015年11月 8日 (日)

人との繋がり

小生が志向する一つにヒューマンネットワークがある。多くの人との繋がりを持つもの。

互いの利害関係の無い人々との繋がりである。便利な時代、その繋がりを得る為の便利

なツールは多い。パソコンであり、スマホ、タブレット等であり、その上で動くソフトに所謂、

SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)と呼ばれるGREE、mixi、LINE、Facebook、Twitterが

ある。これらは人と人との繋がりを促進・サポートする、コミュニティ型の会員制サービス。

Webサイトの運営者が提供者するユーザー同士の交流を目的としている、とある。

もともとは直接会った事のある友人を中心に交流を深め、日本各地、また世界中の

ユーザーとコミュニケーションを取ることが出来るのも大きな特徴。旧友と連絡を取ったり、

同じ趣味などを持ったユーザーを探し交流するのにも活用できる。ユーザー同士の

コミュニケーションが主眼のサービスであるため、SNSを利用して誰と交流するのか、

またどんな情報を発信し、どんな情報を収集するのかはユーザーそれぞれによって

異なる。実際にSNSをどう利用するかは個々のユーザー次第。

ユーザーの数だけ楽しみがあるというのもSNSの面白いところ、とある。しかしである。

この便利な情報ツールも年輩者となると必要性も低く、利用者は極端に少ない。

園芸クラブに加入しているが、組織で園芸活動を行うには全メンバーに適宜情報提供

しなければならない。またメンバーからの情報を受けなければならない。情報提供では

情報を受け取るから、各自が情報を取りに行くようにファイルサーバーも用意した。

しかしである。パソコンを持っていない、スマホを持っていない、携帯は持っていると、

会員レベルは様々。だから、専らの情報伝達手段は情報受け取りのメール利用となる。

自ずと利用可能者は減り、サーバー運用は今11月末の1年で終える事にした。

昨日、帰りの電車内で2人の男の若者がiphoneを操作していた。片手で操る速度の

速いこと。指の動きがとても速い。このようにWebサービスを自在に運用できる若者、

専ら携帯メールに拘る年輩者、両者の情報格差は広がり、ソーシャル・ネットワークを

利用する格差も広がる。若者の新しいことへの順応性は高いが、年輩者のそれは低い。

年輩者の中にもこの新しい変化にそれなりに順応、追従する者もいるが、しかし、

その人のネットワーク(年輩者仲間)への参加は若者グループ社会に比し、とても狭い。

小生は、携帯とスマホの2台運用しているが、携帯は電話とメール。スマホは専ら情報

へのアクセスに用いているが、戸外での利用頻度は低い。最近、スマホ保有の先輩仲間

の1人からLINEグループ仲間への招待が届いた。この先輩、最近パソコンネットを解約

したといい、スマホに専念。黄色いボールと同様、LINEを自在に操る、操りたいようだ。

このグループ仲間、40歳から7X歳までと幅広い年齢層仲間。遺伝子若返りグループと

いい、世代間交流にもなっているようだ。若者から見れば、お年寄りのお知恵、経験拝借

ということであろうか。小生、仲間入りを前向きに思案中。

LINEは電話番号を入力してユーザー登録を行う。スマホに電話連絡先が保存されて

いるユーザーがLINEを利用している場合には自動的に友達として登録される。 また、

電話番号洩れか、適当に入力された番号か知らぬが、時々、若き女性からの怪しげな

勧誘トークも入ってくる。尚、LINEはガラケーでも利用可能とある。

我がLINE仲間はまだ数人である。LINEに限らず、外国語ができたら更に大きな輪が、

繋がりが出来るであろうと思うも、手遅れッthink

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33638185

人との繋がりを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。