フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 遊び心と意地悪 | メイン | 隣人隣国 »

2016年2月23日 (火)

MESHを試す

昨日、今日と2つの荷物が届いた。一つは昨日、大学のエクステンションセンターから講座受講

案内、公開講座の冊子が配布されて来た。小生、会員であるから時期柄予想されたこと。

早速、希望したい講座をリストアップした。先の講座の「あの世とこの世の輪廻転生する世界」の

影響でインド仏教関連講座に興味が湧いている。しかし、水曜日のテニス日と重複する講座が

目に付く、思案顔だ。2~3つ受講しよう。

Img_0876

Img_0874

そして今日は、20日の土曜日夕刻に注文した

品物が今日の昼前に届いた。

お待ちかねのMESHだ。大き目の消しゴム大の

小さな荷物のMESHが東京より届いた。

早いものだ。小さな小箱を早速開封。本体とリファレンスガイド、保証書が入っている。

気になる処、説明には充電池は交換可能だが、ユーザー側では交換不可とある。 

さて、簡単なガイド説明に、使い始めるには、
   ①充電する 
   ②アプリをダウンロードする 
   ③アプリの初期設定をする。 設定完了sign01 あなたの創作を始めましょうsign01と。

先ず、iPadにAppStoreから無料アプリをダウンロード。そして届いたタグのペアリングを試みた。

しかし、届いたタグに電気が全く残っておらず動かない、点滅しない。1タグ当たり約1時間余充電。

「ボタンタグ」を、次に「LEDタグ」を充電した。その間にアプリをダウンロード、インストール。

本体カラー部分を押し、ipadとペアリング。数秒余後、仏壇の高い鐘の音のチ~ンと言う音と

共に本体部分が光り、ペアリングに成功の合図、認識した。

そして早速簡単な回路を作ってみた。それは明日にでも使ってみようという簡単なタイマー計測

回路。明日のテニスに使うインターバルタイマーを。MESHの詳しい説明はWeb上のみ、少ない。

最近、小生の耳は遠くなってきた。練習で使うキッチンタイマーの音が聞こえない。

故に周りの他のプレヤ-の動きを観てタイムアップと認識している。

このためこの音の小さなキッチンタイマーに代わる趣向の変わったタイマーを先ず作ってみようと、

音が少し大きくて少し使いやすく、遊び心のタイマーを試みようと。名付けてテニスボタン。

音が出ず少々手間取ったが直ぐに回路が出来た。簡単な回路が。とても簡単だ。

画面上でいろいろ回路配線を変えることが出来る。

Img_0877

Img_0881

動作順に先ず、「ボタンタグ」を画面上にセット。その横にタイマーを、その横にスピーカーをセット。

「ボタンタグ」、タイマー、スピーカーと直列接続に画面上を指で配線する。 これで完成。

「ボタンタグ」は3種類の押し方を設定できる。1回押し、2連続押し、長押し。

押し方で3種の指令信号が可能。タイマー設定は秒単位で最長1時間まで。

そしてスピーカーの音を設定。いろいろな短い音が既に用意されている。動物、ギター、缶を

開ける音、ガラスの割れる音・・・等々。その他のお気に入りの音は自ら作る録音機能がある。

しかしである。予想していたことが起きた。iPadの音量が足りない、だからまたも聞こえ難いのでは。

広いコート上に制御ベースとなる音源(スピーカー)のiPadを置かなければならない。

音源となるiPadはコート2面の真ん中に置こう。不足する音量を最適配置で凌ごう。

より大きな音源を確保しようと思えば、Bluetooth仕様のiPad、iphone用のスピーカーを

別に設置しなければならない。今回はなし。  その運用であるが、Bluetooth通信機能を

持つ、スタート信号の「ボタンタグ」を小生が所持し、そのスイッチを押す。タイマーがカウントを

始め、タイムアップでipadスピーカーから遊び心の音楽を流すというもの。無線信号のスタート

信号を受け付けたか否かを確認するため、信号受信確認用の「LEDタグ」を点灯するように

設定。「LEDタグ」は種々の色を、点灯時間の設定も可能。そして、警報音は新たに準備した。

自衛隊のラッパ音bellを。遊び心だ。明るく・楽しく・元気に遊び心でテニスを、と言うことで。

更に買ったタグには「動きタグ」がある。このタグでラケットを振った回数をカウントしてみようと

考えた。この「動きタグ」を腕に取り付けて腕を振った回数をカウントしてみようと。

この「動きタグ」は精度の高い位置センサーだ。そのソフトカウンターのMAX回数は1000回まで。

足りない。カウンターを2段に繋ぐ事にした。こうして明日のテニス練習に少し変化を付けてみよう。

このMESH、アイデア、想像力次第でいろいろな応用が出来る。構想力も広がりとても面白い

オトナのおもちゃだ。答えを解くクイズのようでもある。頭の体操、ボケ防止には持って来い。

外部で運用するにはipadは少し大きい。それに代わる手軽で小さなiphoneが欲しくなってきた。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33749639

MESHを試すを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。