フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 閑とイタズラ | メイン | お隣の財布へ »

2016年3月18日 (金)

三日の晴れ無し

春に三日の晴れ無し、と言われ、人間の長き経験則から語られているものである。

精度が高くなった天気予報。時に予報が当たって欲しいときもあれば、外れて欲しいこと

もある。その時の自らの置かれた立場でその的中期待度が上下する。

明日は出来れば雨になって中止になれば有り難い、何としても快晴であって欲しい、と

自分の都合で的中期待度を上下させる。

この気象予報、天気予報、最先端のスーパーコンピューターを駆使して予測している。

刻々変化する4次元の気象情報を収集、情報解析し、短時間で予測しなければならない。

先の予測を観る時間長とその精度に天気予報の価値がある。

明日の予報から1週間先の、1ヶ月先の、3ヶ月先、今年の夏のと、先を予測する。

どうして予測しているのか、恐らく、過去の膨大な気象ビッグデーターを参考に予測して

いるのであろう。過去に蓄積した気象ビッグデーター。日本列島の気象に、天候に影響を

及ぼすであろう範囲の膨大な過去の4次元データーを以て先を予測しているのであろう。

地球のX、Y、Z点の3次元の過去の気象情報、所謂、高度、気圧、気温、風力、風向、

湿度、海水温度等とその時間軸データー、刻一刻変化しているその過去の膨大なビッグ

データーを参考にして、現時点の気象情報と過去のこのビッグデーターを比較し、

これから先の気象変化を予測しているのであろう。正確な情報入手、多くの地点の多く

の情報入手が重要となる。情報量が多いほど予測精度が向上するが、多くの計算時間を

要することになり、予測に時間を要する。これから先の時間勝負の予報であるからには

短時間に計算結果を求められる。スーパーコンピューターの計算速度が上がれば上がる

ほど予測精度は向上し、計算結果も早く得られる。その得られた情報から熟練予報官が

経験則を元に先を予報しているのであろう。小生はこの分野の素人であるが、さらに

今話題の、人間の知能を超えようとしているAI人工知能の技術が加われば格段に予測

精度は向上するのだろう。

先程、囲碁の一流棋士に対し人工知能が勝利し話題になっている。ディープランニング

(深層学習)という手法が大きな効果を発揮したらしい。新たなアルゴリズム(ソフトウェア)

の開発によるもの。今後も種々のアルゴリズムが開発されるだろう。人間が作り、教え、

学習させる。この繰り返しによって教えた人間以上の知能を持ち、人間の能力を超える。

機械が人間を超える知能を持つsign02と、その今後の方向性として将来的に意識を持つsign02

この発達した人工知能で以て気象予報を行わせると、人間の気象予報以上の結果を

得られるsign02予報精度が向上することになる。最終的に天気予報ではなく確報となるsign02

今後、人工知能技術が進歩し、コンピューターの計算速度がさらに向上すると精度の

高い地球規模の気象シュミレーションも可能となってくるのであろうsign02

ヒマラヤの山麓で蝶が舞うとニューヨークで嵐が起きるというバタフライ効果、未だ長期

の天気予測は不可能という。今後、人工知能技術でシュミレーションの予測精度が向上

すれば、それを悪用、地球規模の争いも起きるsign02

天気予報、的中精度はほどほどにしておく方がいいと思うもの。今の精度で十分だ。

先が、将来が知れると言うことはどうも味気ない。自然の予測困難も面白いのだ。

突然、雨rainに降られるのもいいのだ、外れるのもいいのだ。ハプニングが面白いのだ。

何事もほどほどにconfident ただし、大災害(台風、集中豪雨)に竜巻被害はご法度think

*関連ブログ 2015.10.6 技術進歩と憂鬱

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33771897

三日の晴れ無しを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。