フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 三日の晴れ無し | メイン | 蝶が舞った »

2016年3月19日 (土)

お隣の財布へ

今朝の朝刊広告に「春きらきらくじ7000万円」と載っている。近畿宝くじと。

第2493回、70thとあり長い歴史、今年が70周年に当たるようだ。

この他にも全国宝くじがある。小生、宝くじを買ったのは数えるほど、運試しで。

運が良ければ大金が転がり込み、大金持ちに。喜びもつかの間、その大金が転がり込

んで一騒動、波乱もあり得るsign02 運が悪ければトラックに追突されてしまう。

運不運は紙一重。全ては神がお決めになることだthink

他方の広告にはネットマネー、10万円株vs高配当株と株式本の広告記事も掲載。

もう少しその精度、確率を上げたお金の動きの、移動の話を。初のマイナス金利導入で

世の中、右往左往しているようだ。金利を始め、世の中の、世界のお金は少しでも増殖

に有利な処は、条件は無いかと捜し、動き回る。その動きは俊敏で多額だ。

日本の株式市場、先の3月7日~11日までの1週間の外国人投資家の売越額が

1兆1932億円とブラックマンデー当時(87年10月1週間)の額を更新し、史上最大の

売り越しを記録したと新聞に載った。年明けから10週連続で海外の投資家は日本株を

売っているそうだ。日本の株式取引額の7割を占める海外投資家、今、日本株式を大量

に売っているようだ。それに連れて為替の変動幅も大きい。売り買いの好条件に合わせ

るように変動している。日本の経済政策を、方向を、経済状況を仔細に観察し、そして

その今後を予測し、売買を判断しているようだ。

さて、小生は今年から引っ越し前に所属していたテニスクラブに9年振りに復帰した。

復帰したそのクラブの難点は自宅から練習コートまでの距離が遠い事。引っ越した故に。

現在2つのクラブに所属しテニスを楽しんでいる。何れのクラブも10名余と小規模の

部員数である。復帰したクラブは殆どが以前と同じ顔ぶれ。新たな入部者は少ない。

そして練習の合間に練習そっちのけで楽しい雑談となる。そしてこの仲間の中には

株式投資をしている者がいる。M1君にM2君がその代表格である。少し異なるタイプ。

専門、元職種から見れば化学家に電気家。練習コートは街の片隅にあり、みんな車で

集まってくる。そこで小さな観察、変化を見付け、気付いた。M2君は昨年、大きな高級車

にレベルアップ。片やM1君、大衆車から低廉な軽自動車にレベルダウンしている。

この差は何故だsign03どうしてsign02どうやら投資成果に影響しているのではと直感した。

昔、M1君と話をしたことがある、株式の。彼が言うには株式は上がっても下がっても

儲かる(信用取引)と言っていた。そんな馬鹿なsign02小生、それはないだろう、危険だ、リスク

が高いと。彼の性格からして抑制し、戒めた。 小生、幼い頃に株式で失敗した人の話を

聞いている。株式で損失を被り、家屋敷を失った話を聞き、その当の屋敷を見ているから。

人にはいろいろな投資タイプがある。堅実、積極、投機、安全タイプなどがある。

彼は堅実派ではないようだ。本人はそう思っていないかも知れないが、行動、積極派だ。

しかし、その判断力、洞察力、経済知識等には疑問符が付くものである。彼をよく知る

小生の眼eyeから観れば。しかしである。彼のその積極的な面で羨ましい出来事を経験

している。20歳の頃の話。同歳の彼、女性へのアタックは積極的であった。 所謂、

今風に言えば肉食派。片や小生は草食派。彼の積極的姿勢が少しでもあればと・・・・・。

その時のツケは今も大きく残っている、小生に。その当時の彼の積極性が株式投資

にも向ったようだ。20歳の時の積極行動が成就virgoしなかったように、やはりこちらも

成就していないようだ。所謂、無鉄砲のようだ、今も。 M1君 m(_ _)m

日本の高度経済成長の頃は誰もが、多くが勝者、個人も企業も。今は経済はグローバル

化し、日本経済は成熟、相対的に活力は乏しく、経済環境は様変わりしている。

ブッダの言葉に「天が金銭を降らしても欲はとどまることがない」とある。

は大事だ。生きていくためには、成長していくためには種々の欲も必要である。

テニスが、ゴルフが上手くなりたい、英語を話したいの向上欲や名誉欲など、しかし、

欲によってはその欲もほどほどにという欲も多い。東芝前2社長も名誉欲から脱線した。

Img_0905

先程、我が欲を満たす、自己実現を満たす、

講座会員カードが届いた。学びの欲である。

この一年も未知への追求を、新たな発見を

求めて話を聴きに出掛けよう。 処で、

上述はあくまでも小生が勝手に両者の投資

成績を推測した話である。所有する車の

変化を観ての推測である。M1君の結果を

聞いた訳では無い。が、しかし、この様子を観ているとどうも、M1君の財布の中身が

M2君の財布の中へと見えざる手により移動dollarしているように見えるのであるconfident

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33772723

お隣の財布へを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。