フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 播州の札所 | メイン | 東の京 »

2016年4月19日 (火)

不気味な地震

災害列島と言うが、それにしてもここ最近、列島に大きな自然災害、被災が多いと感じる。

毎年、大小の台風が来襲し、梅雨末期には水害が発生する日本列島。

自然を、山麓を切り開くなどの無計画な都市計画も災害を、人災を誘発しているようだ。

2011年3月の東日本大震災、2年近く前の広島の水害、そして今回の熊本大地震。

14日夜の9時半頃、ニュース番組を観ていたら緊急地震速報が現れ、数秒後に強震。

今回の地震、揺れが鎮まる気配を感じない。被災範囲を広げ何とも不気味な地震だ。

近い将来に発生が予想されている南海地震に注目が集まっているが、九州が危ないと

今年、テレビ放送である専門家が言っていたことを想い出す。多くの火山が集まる巣窟、

地域であるから。東日本震災以降、列島全体の地殻に歪みが生じ、運動エネルギーが

溜まっているという。災害は忘れた頃にやって来るでは無く、今や忘れる前に来る。

それにしても天界は下界に対し厳しい仕打ちを容赦なく与える。山麓、海辺まで開発が

進み、交通が、社会が発達し、便利な世の中、時間に精緻に動く世の中、その動きに

小さな狂いが生じると脆くも多くの人々の生活サイクルが大きく狂う。電車の軌道が破壊

すると、道路が寸断するとそれ以上進むことが出来ず、精緻な社会の全体の動きが狂う。

人の、物資の動きが寸断される。ガスも電気も水も食料も燃料も寸断、止まると右往左往

の社会に変身。便利な社会から不便な社会に一変する。

自然災害にはいろいろな災害があるが地震災害はとてもむごい仕打ち。時間的猶予無く、

予告なく一瞬にして恐怖と共に諸々を破壊してしまう。人の活動の、生活基盤、基礎となる

足下の地盤が揺れるから最悪だ。人の営みの基盤となる地盤、地面が安定しないと人心

を始め、全てが安定しない。天界、自然はいつも以下のような多くの仕打ちを一方的に

下界に与え続ける。昔からあるこの多くの自然災害、科学に無知な当時の古代の人が

神に祈る、すがる心境も理解出来ると言うもの。

小生が住む地域は自然災害が比較的少ない処である。しかし、活断層が走っている図を

観ると我が住む近畿地方の県域には多数の小さな活断層が密集している、列島全体

が地震危険列島だ。

○天界は下界に一滴の雨(水)も与えない・・・・・・旱魃
○天界は下界に過剰な雨(水)を与える・・・・・・・・豪雨
○下界に超低温の水を供給する・・・・・・・・・・・・・・雪、雹
○下界に強い陽光による熱を放射・・・・・・・・・・・・熱波
○下界への陽光を遮り低温を放射・・・・・・・・・・・・寒波
○大気圧の強い乱れにより下界を強風で煽る・・・台風
○大気の熱流で下界をピンポイントで渦巻く・・・・・竜巻
○雲間で電気を作りピンポイントで下界へ放電・・・雷
○下界の地盤を強振、断裂、移動・・・・・・・・・・・・・地震
○下界の海底を強振、移動し、海水を興隆・・・・・・津波
○下界の地表面に火砕を噴出・・・・・・・・・・・・・・・・火山噴火
○海流を乱し、気象の規則性を乱す・・・・・・・・・・・異常気象
○温度差で河川等の水を気化・・・・・・・・・・・・・・・・霧
○各要素を複合的に下界に与え、作用を増幅、増大・・多重症状

元会社の同僚、知り合いには九州出身者が多かったが、大丈夫であろうか。

それにしても小生の住む地域に比べ、九州地方はなんと自然災害発生の多い処か。

主な自然災害である多くの台風が上陸、水害、地震、火山噴火の被災が多い処だ。

小生は地質、地震などの面では素人であるが、地震は地下の岩盤のズレ移動で起きる

という。しかし、我々は長い間、深い地下から多くの油を、ガスを抜き取って活用している。

地下に加わる高圧ストレスのガス抜きをしている。このガス抜きの効果の有無はsign02

多くの原油を産出する遠くの中東、地震発生のニュースはあまり聞かないが砂漠地帯

Dsc02190

Dsc02189

    春の花フェスタ(あいにく17日は雨、ボランティア参加・・・ブログ記事とは関係ありません)

が多く、人々への被害は少ない、が、やはり起きているそうだ。 さて、全くの余談

だが、小生、長く生きてきたが運良く今のところ自然災害の大きな被災は免れているが、

運悪く自ら引いた人災被害に喘いでいる。自業自得の一種の同じ不運災害であると。

とっくに精神的苦痛から解放されていても良いのであるが、長期にわたって我が身には

歪みが滞留している。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33801441

不気味な地震を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。