フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 不気味な地震 | メイン | こどもの日 »

2016年4月24日 (日)

東の京

金曜日、野暮用で出掛けた。JRのEX予約で1週間前に予約。早期予約をしたかったが、

相手のあること、思惑通りには行かない。京都発の列車、座席をネットで予約。

直ぐに携帯メールに予約受付が戻ってくる。とても便利だ。出発直前まで予約変更が可能

だ。京都に向かう在来線の2駅を通過したところで立っている小生に若者が席を譲った。

小生、初めての経験。真面目そうな若者で、その好意に甘えたが内心は複雑・・・。

勇気ある優しい若者よ、貴男の判断基準は少し甘いのではないか、いや、甘いッthink

最近は歳とともにミスが多く、時間に余裕をもって出掛けるようにしている。

新幹線の改札入り口を通過するとゲートが開かない、警報音。新幹線用のEX-IC

カードと在来線のICOCAを重ねてかざして下さいとアドバイスを受け、ゲート開。

Img_1111

Img_1116

時間があり京都駅の新幹線乗り場でチョット

観察をした。電光掲示板を観ていると最短で

3分間隔で東京に向け発車している。

乗車する車両は4号車、後方車両であり、時間があるからホームの最後部で観察。

車両が定刻にゆっくり入ってきて正確な位置に止まる。車掌は女性、ホームに降り、

Img_1121

Img_1127

乗降客の安全に細心の注意を払う。16両編成、その長さは約400m。

先頭車両までは十分確認出来ない。ホームが曲がっていたら尚更。

ホーム側と連携して安全を確認してドアを閉め、発車。この長いホームを通過する間は、

Img_1130

Img_1133

女性車掌は半身を出して安全を確認していた。京都から15分前後で毎週練習している

テニスコートが見えてきた。東京まで2時間15分、とても速い。そして沿線には危険だ

なぁと感じる箇所を所々観察、感じながら。熱海などの沿線は大雨で迫る崖が崩れない

か、大丈夫かと思いながらの危険予知訓練(KYT)。東京に12時過ぎ、定刻着。

Img_1140

Img_1138

しかし、午後の予定は無い。乗車中に妹が勧める公開中の迎賓館赤坂離宮を観に行こう

と調べたが、当日入場できる定員は1000名。午前各10、11時~とあり、間に合わず、

諦め、山手線で上野恩賜公園に向かうことにした。西郷さんに会うために。

博物館、動物園、美術館などがある文化ゾーン、また、広場では多くの屋台が出、ダンス、

Img_1136_2

Img_1143

ミュージックで大きな音響を発している。相変わらず外国人を含むとても多くの人出。

薄日の射す天気。ここでダンス、女性の歌声を聞きながら屋台の軽食。 次に

動物園隣の上野東照宮のぼたん苑を鑑賞。お花に興味があるから。よく手入れされて

Img_1148

おり、傘の下で綺麗に大きく咲いている。

次は東京国立博物館を観て回った。時間が

無く、本館、東洋館、平成館、法隆寺、宝物

館、表慶館の内、本館のみを観て回る。

2時間近く観ただろうか。勿論、西郷さんに

はお久しぶりと目礼。そうして公園一角の

上野駅公園前で姪と落ち合い夕食に出掛

ける。明日の打ち合わせを兼ねて。明日は姪の野暮用、明後日の雨の午前中も野暮用

で二人で都内を巡る。朝は宿から電車を乗り継ぎ、野暮用の目的地に向かう。看板を

見ながら速い人の流れに合わせて進む、壁を曲がって突如、改札口が現れた。ここで

躊躇、人の流れと抵抗、脇へ逸れる。通過して良いのか、悪いのか確認、通過良し。

東京の路線は多くの鉄道会社が連絡し、移動には便利。関西のICOCAでバスを含め

全て乗車可能。便利だ。午後からは銀座に向かう。東京駅で降り、歩いて久し振りに

銀座を歩く、歩行者天国の銀ブラ。姪の働くOfficeも訪れる。姪の勧めるままに

築地本願寺へ。西本願寺(京都)の別院にあたる。古代インド仏教様式の外観。しばし、

寺院内で休憩。疲れたから。次に隣の築地場外市場をぶらぶら。かなり古い市場だ。

新鮮魚を中心に売っている。隣にある日曜日の広い築地市場、一般者は入れず。

今年11月、豊洲に移転する。そして電車に乗り、二人で帰りの東京駅を目指す。

19:00発の新幹線、まだ2時間以上余裕がある。スマホで帰りの予約列車の変更を

試みる。50分切り上げて18:10発に変更し、1時間以上構内、ホームでぶらぶら。

弁当と肴とbeer を買い込み乗車bullettrain 21時30分余に無事帰宅。

東京中継、経由はあるが都内を訪れたのは4年振り。疲れました。

内密な余談、何時もの失敗談。ホテルの朝食、バイキング形式の食堂。食事中に部屋

の鍵が見当たらない事に気付いた、堂内を探し始める。と、厨房から調理の叔母さんも

捜査に協力してくれた。そして3~4分後、自ら発見。我が胸ポケットconfident 自己嫌悪think

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33808035

東の京を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。