フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 最西端1人旅2 | メイン | 最西端1人旅4 »

2016年4月 3日 (日)

最西端1人旅3

今日も天気良好。朝食のレストラン、東南アジアからの外国人だ。台湾、ベトナム、中国等

の団体客だろう。起床後、レンタカー店でもらった地図パンフレットを参考に今日の行き先

を決める。先ずは近くにある①「おきなわワールド」へ。次に西原JCT~沖縄南ICで降りて、

うるま市の海中道路を走り、3島群の②伊計大橋から伊計ビーチへ。

Img_1016

Img_1017

沖縄北IC~宜野座ICを降りて、沖縄県が抵抗する③辺野古移設先を訪れ、今日の宿の

ある本部半島に向かう。8:45出発。10分余で到着した「おきなわワールド」。

先ず多くが向かう順路が鍾乳洞の玉泉洞。多くの外国人客と共に地下深く降りていく。

長さ約900m近くもある長くて大きな日本一の鍾乳洞。なかなか見応えのある鍾乳洞だ。

Img_1019

Img_1028

そして約30分で地上に生還。地上に出て1時間余が経つもこの間、シャッターチャンス

が無く空白記録。琉球ガラス工房、琉装、窯業等の各種体験が出来、販売もしている。

種々の体験が出来ると同時に商品を販売、マーケットの印象が強い。 だから

印象浅く、シャッターシャッタチャンスが無かったのだ。アトラクションのスーパーエイサー

の実演時間が10:30から始まる。沖縄エイサーを現代風に、ショー風にアレンジし実演。

外国人、春休みで子供連れを含むとても多くの観光客で満席である。このショー上演中

の30分間は撮影は厳しく禁止。ワールドで2時間余を楽しみ次の目的地に向かう。

高速の西原JCT~沖縄南ICへ。ETCレーンから入ると車内のETC警報の間欠警報音が

鳴り出し止まらない。カードの抜き差しを試みるも止まらない。画面に未接続の表示が

出ている。案の定、ETC出口でバーが開かず、誘導案内に従い指定位置へ。

浅瀬の中に伸びる長い海中道路を走り伊計ビーチに向かう。

Img_1036

Img_1040

      ロードレース大会                  沖縄石油基地

海中道路は片側2車線を閉鎖してうるま市海中ロードレースが開かれ大勢の参加者。

伊計大橋を通り、伊計ビーチへ。海を観ながら走り、次の目的地へ向かう。

今注目を集める辺野古に向かう。沖縄北IC~宜野座IC。ETCレーンに入ろうかと迷うも

未接続の表示が消えている。不安を感じながらETCレーンへ入る、走行可能と表示が

Img_1041

Img_1043

       浜比嘉大橋                    海中道路

出て通行バーが開いた。入った途端、警報音は鳴らないが、未接続の表示がまた出た。

しかし、今度は通行バーが開き、無事に出られた。動作不安定だ。

着いたこの辺が辺野古だが、どうも静かだ。農作業をする小生と同歳くらいのおじさんに

尋ねる。すると親切に紙に書いて教えるという、恐縮。作業を休憩したいと思っていた所

Img_1044

Img_1045

だからと。今日は日曜日、活動も静かだそうだ。テント前の抗議活動を警備会社が警備

行動をしているという。そして座り込みを排除しているという。その案内図に従い進行。

まず訪れた1箇所目は小さなテント村。少なく4~5人が居る。カメラを向けにくいが

パチリcamera。次の2箇所目に向かう。直ぐ近くの辺野古米軍キャンプシュワブの正門対面

Img_1046

Img_1048_2

                        米軍正門前テント村 

には沢山の青シートのテントが設営され、抗議活動をしている。遠くからパチリcamera

ここに来る直前、帰る警備会社の車とすれ違った。おじさんの話では警備活動勤務は

17時まで。内密な話も教えてくれた。現場に出向き、現状を観て少しでも理解することも

必要だ。名の知れたジャーナリストの中には現状認識が出来ない人がいると。そして、

3箇所目に向かう。辺野古沖の全域が眺望でき、遠景が観られるという地点に向かう。

Img_1051_5

Img_1052_2

                 辺野古沖    

静かで基地工事は中断しているようだ。16時頃辺野古を離れ、本部半島の今日の宿泊先

に向かう。名護市に入ると目に付いたのが道路沿いには多くの花々tulipが咲いている。

赤と白のベゴニアだ。多くのプランターが、並木回りには直植えの多くのベゴニアが。

市内あちこちで目に付く。先の平和祈念公園などでは小生の求めるランタナbudが既に

咲いていた。沖縄は南国故に早い。ガジュマルの見事な大木も目に付く。亜熱帯だから。

こうしてナビに導かれて今日の宿泊ホテルに17時過ぎ到着。処で、沖縄で今日までに

軍用機の爆音を聞いたのは初日の首里城公園内で聞いた1回だけ、目にしたのはゼロ

である。春休み故か、それにしても「わ」「れ」の車の何と多きことか。レンタカーだsign03 

時折見かける「Y」ナンバー(Yankee?)、どうやら駐留米軍人の運転する車のようだ。

海外観光客が運転するレンタカーには、後部にその旨のステッカーが貼ってあった。

2日目の走行距離171.8km。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33788927

最西端1人旅3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。