フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 世の動きと感性 | メイン | 戸別伺い »

2016年6月28日 (火)

領域侵入

宇宙空間にネット空間、いずれも広大で、無限な空間、ここには国境は無い。

小生のネットに繋いだパソコン、起動してログインすると、常時ではなく、時折、最初に

出てくるメッセージ、「新しいhao123をスタートページに設定しませんか?」と現れる。

はい  or  いいえ を選ぶ画面。このhao123は中国版ブラウザである。

インターネットエクスプローラー、google Chrome、Safariなどと同類ソフト。

中国の検索エンジン大手、Baidu(百度)の製品ソフトである。百度は米国の検索大手の

googleと競合し、対抗する。 さて、このhao123、タチが悪い。知らぬ間に勝手に我が

パソコンに領域侵入している。アンインストール、削除に手間取り、出来ないで悩んでいる

人も多いようだ。簡単にアンインストール出来ないのだ、中国生まれだから。

小生、確か、このしつこいソフトを一度アンインストールしたはずであるが、いつの間にか

再び我が領域に侵入したようだ。直ぐに海上警備行動を発令し、排除行動を起こした。

が、ステルス性能を持ち、隠蔽、正体が掴めない。潜行し、所在位置が掴めない、巧妙だ。

処で小生、この前、旅行用に振動に強く、軽くてとても安価な台湾製のパソコンを買った。

そのパソコン内に3ヶ月試用版の総合オフィイスソフト、互換用officeソフト2016が

インストールされていた。米国Microsoft officeの互換版だ。

これ、どこの製品、会社?と調べると日本製では無く、中国のソフト会社Kingsoft社の

製品。その会社の製品を観ると結構見たことが有る、使っているスマホ、パソコン用の

ソフトが紹介されている。小生も、既に知らぬ間に用いているのだ。

スマホにかなり入っている多くの無料版の便利ソフト。   しかし、

中国産食品と同様、先ず、中国と聞くと猜疑心が働く。食べても安全か?と。

疑うより先に危険だという思いが働いてしまう。その思いは中国の日頃の行動が小生の

脳裏に植え付けたのだ。どうも中国製ソフトはしつこい、五月蠅い。時折勝手に画面の

片隅に出て来て、催促する、無料版から有料版へアップグレードを促す。それより、情報

を盗み取られているのではないかと警戒心が働く。何か裏で企んでいるのではないかと

疑ってしまう。そこで排除行動を起こす。中国という国はこの数年余りでそのような国家

イメージの国になってしまったのだ。中国の経済成長と共に用心を必要とする国になって

いる。日本から見れば、外国から見れば。このkingsoft社、いろいろなスマホ、パソコン

用ソフト製品を販売している。が、どうも用心深い小生からすると中国製ソフトは信頼性が

足りないのだ。無料版だから仕方が無い? まぁ、Kingsoft社は通常の会社のようだが。

中国は米国や日本にサイバー攻撃を仕掛ける最大の国家。日本の中枢部を狙う。

昨日、日本で報道されたニュース。佐賀県の中学卒の17歳の少年が、ネット上の佐賀県

の教育情報システムに侵入し、個人情報を盗み取ったという。独自のソフトウェアでもって

システムの脆弱性を見付け、サーバーに侵入、情報を盗み出す指令を送信したという。

パソコンマニアだ。この才能を悪用では無く有益な方面に何故使おうとしなかったのか、

アピールしないのであろうか。得意なサイバーセキュリティ等に活かしてもらいたいものだ。

この所持する才能、活かす方面を間違わなければ社会に必要な人物なのだが、残念。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33868567

領域侵入を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。