フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 球と草刈り | メイン | 雑巾を絞る »

2016年6月 7日 (火)

桝添さん

日本の首都、大都市東京、その東京都知事の桝添さん。異常にせこい人間だdollar

視野の狭い、小さな人間だ。彼は日本の一流大学、東京大学法学部卒、小生と同じ歳。

それにしても金の亡者となっている。都民1360万人のことよりも自分の金銭欲を優先

した利己主義者と映る。金銭に執着する。この性格では都政の判断を誤る、任せるわけ

にはいかないのでは。こういう性格の彼には内々に賄賂を渡せば、効果は覿面だろう。

自分の金銭欲で判断するからsign02 とても政治家には不向きであると思うもの。 

仏教講座で学んだ利他の心が思い起こされる。 さて、

今日は月一回の歯医者に行ってきた。時間予約制であるも、待ち時間はいつも長い。

いつも通り、書棚に置いてある文藝春秋を開く。最新6月号を開く。

そのメイン記事に世界一貧しい大統領、ウルグアイの前大統領ホセ・ムヒカ氏の記事が

載っていた。「日本人への警告、強欲資本主義と決別せよ。成長を求めるな、幸せを

求めよ」とある。その記事の冒頭に「貧乏な人とは、少ししか物をもっていない人では

なく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」と語っている。

彼は2012年のリオデジャネイロの国連会議で聴衆に向けて語りかけた。188ヶ国から

首脳、閣僚級、政府関係者などが参加し、自然と調和した人間社会の発展や貧困問題

が話し合われた会議。8分間のスピーチが終わると静まりかえっていた会場は一転して

大きな拍手に包まれたという。 「私たちは発展するために生まれてきているわけでは

ありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、直ぐ目の

前を通り過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません」 そして、

彼は資本主義の消費社会を強烈に批判する。

この前大統領の話を聞いていると、お金持ちの桝添さんはとても貧乏な人と言えそうだ。

東京都知事の年収は2200万円余である。再びブッダの言葉を思い出す。「天が金銭を

降らしても欲はとどまることがない」。小生も他人事とは思わず、戒めなければならない

と思うもの。人のふり見て我がふり直す。これは金銭に対する異常なる執着心である。

この執着心、金銭以外に物に対する執着心、異常なる物への執着心もとても厄介だ。

小生、先日久し振りに同じ歳のK君に出会った。彼は一つの思いを抱え、吐露した。

彼の彼女は物に対する執着心がとても強いと嘆くのだ。桝添さんは金銭に執着するが、

彼女は物にとても執着しているという。兎に角、物を買い入れるが、入る一方で出て行か

ないのだ、捨てないのだ。だから物が家中に溢れる。兎にも角にも家中が物でイッパイ、

だから彼女の家は立ち入り禁止と嘆いていた。これとは正反対の整理された彼の家には

彼女は自由に出入りしているそうだ、アンフェアに。その彼女の家の中、タンスも押し入れ

も別室も2つある大きな冷蔵庫内も超満杯。ふすまを開けると布団が落ちてきたと言って

いた。これを観て彼は直ぐに1句出来たと言う。「押し入れを開ければ落ちる布団かな」

洋服ダンスも時折、扉が勝手に開くという。満杯に詰め込んでいるのだ。家族は1.5人。

彼は近藤麻理恵さんの整理術の本を与えたが全く効果なしと。彼と彼女の歳は変わらず

20160313_093121

このままでは行き着く先は、確実にゴミ

屋敷になるだろうと嘆いていた。とても

残念だと。家の中が物で一杯になると

風通しも悪くなり、埃も溜まり、湿り、害虫

も発生、家屋の傷みも促進されるから。

時折、その彼女から料理の差し入れが有る

らしいが、困惑する、迷惑すると嘆いている。

食卓は食事をするところではなく食料品を山積みする処となっており、ギッシリ詰め込ん

だ冷蔵庫、これでは冷蔵庫も冷えず中の食品は腐る。それより超満杯の庫内、何が入っ

ているかも掴めず、食品の管理も出来ず、期限切れ食品も一杯だろうと。だから、彼女の

料理は安心して食べられない、疑心暗鬼になるという。兎に角、この家では開ける動作を

すると中から物が落下するのだ。分かれ際、彼はスマホで隠し撮りした1枚の証拠写真を

見せてくれた。庫内にある全食品を取り出したのでは無い、常態の食卓テーブルなのだ。

異常なる物への執着心、これは一種の精神上の病であるようだ。 彼女の性格は頑固

一徹、柳に風、馬耳東風。過去を振り返り、懐かしみ、前を、将来を見ないと彼は呟く。

彼女は母は偉大であったと言う。彼は彼女を観ればその偉大なる母も想像が付くと言う。

生前の小生のお袋、家の中が狭くなるから余り物を買うなと小生に時折忠告していた。

今夜のクローズアップ現代、「キレル妻におびえる夫」、夫に罵声を浴びせかける妻。

協力しない夫に、気持ちを汲み取らない夫に妻はキレル。この放送の中である1組の

夫婦は家の中を断捨離で片付け、整理したことによって妻の怒りが治まり、夫婦仲が

良くなったとも言っていた。物の整理整頓により内面の整理整頓も進んだようだ。

*関連ブログ 2016.5.21  「ヘイブン」
        2016.3.19  「お隣の財布へ」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33850585

桝添さんを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。