フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 祭典応援記2 | メイン | 唯我独尊 »

2016年8月25日 (木)

愛玩ロボット

記録的な猛暑日が続いている。小生の子どもの頃は、50年以上前は暑い夏と言っても

33℃台であったと記憶している。ウォーキングの帰りに時折立ち寄るMさんも同様の

感想を持っていた。どうも温暖化の影響があるようだ。この程度で収まればいいのだが、

今後も徐々に気温が上がっていくのであろうか・・・・・。暑さが長く続くとバテるdespair

気温も気に掛かるが、異常気象も気に掛かる。スーパー台風の来襲typhoonが気に掛かる。

さて、あるがままに感じていることを述べると、今更の事ではないが、愛玩動物の犬を飼

っている人がとても多い。可愛い子犬を連れて散歩している。時に2~3匹も連れている。

小生も可愛い子犬を欲しいが、飼育する能力に、時間も無い。

時折、ペットショップで売られている1歳前後の子犬の可愛い仕草を観て楽しんでいる。

レンタルで借りられる犬がいれば借りてもいいが、犬の方がお前は誰だと吠えて、我が

期待する愛玩とはなってくれない。日々愛情を以て育てて懐くものである。

次に、同じく最近とても多いなと思うものに歯科医院がある。あちこちに歯医者が目立つ。

高齢化で需要が多いこともその一因かも知れないが、兎に角目立つ。しかし、介護職員

と同様、歯科衛生士や歯科助手などの要員確保がままならぬようだ。小生の通う歯医者

もこれら女性従業員の殆どが入れ替わった。当然、表通りには募集看板を掲示している。

歯科医院同士が争奪しているように思えるのだ。彼女達もより良い条件のところを求めて

さまよっている、のではないかと。保育士に万年不足の看護師も同様の職種だ。

先日、NHK番組で「SFリアル、アトムと暮らす日」を放送していた。人間と会話できる、

癒やしを与える人間型ロボットの開発が各国で盛んだ。現在、子どもの4~5歳程度の

知能があるらしい。AI人工知能の発達で益々その知能は向上していくらしい。最終目標は

鉄腕アトムである。空は飛べないがそのような高度な知能を持ったロボットを目指している。

愛玩動物の犬は、その感情を動作や吠えることによって示すが、目指す人間型ロボットは

相手の感情を読み取り、相手の問いかけに応じて表情と動作と言葉で応答する。

会話できるロボットである。愛玩動物の犬にとって代わるかも知れない。いや、それ以上に

良き相談相手となるかも知れない。最終開発目標は心を持ったロボットであるが、そこまで

は限界で、無理なようだ。最新技術のAIディープ・ランニング技術でロボットの知能はどん

どん進歩していく、成長していくという。食べ物は電気、それ以外は一切必要が無い。

我々の生活の身近なところでは円盤形の掃除ロボットが一般家庭に入って来ている。

自分で障害物を避けて床面の掃除を全面掃除する。電気が無くなれば、掃除が終われ

ば充電スタンドへ行き充電、掃除が必要とあれば自ら掃除に出掛ける。

その製品名はルンバ、ロボット機能を備えた外国製品である。

さて、今から9年前に、SONYが愛玩動物ならぬロボット犬、AIBOの販売を終了した。

小生、当時、何度も買うか買うまいかと迷った挙げ句断念した。価格は25万円。

この愛玩ロボット犬も学習して賢くなっていく。人間の声に反応して応答する。

踊りもし、頭を察すれば、喜び、電気がなくなれば自分で充電スタンドに行き、充電。

そして番犬としても活躍する。眼を持ち、耳を持ち、侵入した不審者を眼のカメラでパチリと

撮り、ネットワークを介して連絡する。10年前の当時のSONYの社長はこのロボット事業

から撤退を決断した。そして今、再度参入を決断したという。

ロボットが脚光を浴び始めたからだろう。何故、続けなかったのだろうという思いが募る。

SONYと言う会社だから、個性あるユニークな会社だから続けて欲しかったと思った次第。

12~13年前に家電メーカーを襲った経営危機による事業整理で縮小したものだが・・・。

それに代わりこのSONY、ネット銀行、保険や不動産業の金融業界に進出している。

SONYもPanasonicも普通の会社になってしまった。環境変化もあるが、経営者次第で

会社も変わる。先見性のあるユニークな経営者、技術者が現れて欲しいものだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33917733

愛玩ロボットを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。