フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 雑感これあれ1 | メイン | 東の京2 »

2016年10月25日 (火)

体型の個性

人間の脳は無限の想像力を持ち、その知性は無限大。いろんな事が脳内を巡り、思い

付き、創造する。時に突飛なことも思い付く。           

最近、ゴルフやテニスで大衆風呂に入る機会も多い。最近もテニス合宿で旅館の大風呂

へ。ゴルフではプレー後、汗を、疲れを癒やすために大風呂へ。入るといろんな裸が眼の

前に表われる。それらの裸体を観ていると江戸風俗研究家の杉浦日向子(没)さんの

言った一言を想起来。昔、NHKの番組で「コメディお江戸でござる」という番組があった。

江戸時代の庶民の生活の舞台芝居の後に、芝居に出て来た江戸風俗の説明をするので

ある。300年前後昔の庶民の暮らしには、誰もが興味をそそるもの。

その詳しい説明には感心させられたもの。とても興味深かった。江戸時代の風呂は大衆

風呂が標準。その銭湯での自らの体験で、沢山の裸体を観て彼女が言った一言は、人の

身体というのは、実にいろいろな形をしているという。多種多様な体型、実にいろいろな形

をしているという。そう思って注意深く観ると彼女が言うように実にいろいろな体型をして

いる。同じ年齢であっても異なり、個性的である。

しかし、この体型、悲しいことに年齢を重ねる毎に体型は崩れていく。相当崩れて来る。

鏡の前に立つと小生の身体も相当崩れてきた。体重が殆ど変わらないのにウエストが太く

なっている。ズボンのウエストが窮屈になっていく。どうしてと。以前にも書いたが、やはり

体幹である背骨(脊椎)の座布団(椎間板)が縮んで背丈が縮み、その影響で周りの肉が

下方に弛んで来ているのだ。その弛んだ贅肉は腰部に凝縮され、溜まる。ウエストサイズ

が歳とともに太くなるのは、弾力性がなくなった椎間板の厚みに反比例しているのだ。

逆に言うと縮んだ座布団の軟骨(椎間板)をips細胞で再生できないのかと。新品に取り

替えることが出来れば、若いときの背丈に伸び、戻り、周りの弛んだ贅肉も引き戻され、

無くなり、若々しい体型に戻るのであろう、理論上は。

この老化と共に人間の宿命の二足歩行から来る腰痛も解消すると思うもの。

縮んだ軟骨(椎間板)が弾力性を取り戻すと、厚みが若いときのサイズに戻ると内臓への

圧迫も無くなり、肉体面、活動面でも若返ると思うのであるが。

背骨(脊椎)は26個の骨で構成されているという。その間に25個の椎間板があるとすると

小生は1骨当たり、平均約1.5mm椎間板がへたってきているようだ。この内の主要骨で

ある腰椎の椎間板が交換できたならば、かなり若々しい体型に戻るのであろうと思うもの。

そのような外科治療が出来そうだと思うのであるが、そのような情報は全く耳にしたことが

ない。世界的にも。

以上は小生の脳の突飛な考え、判断したもので正否の程は読み方にお任せするもの。

椎間板ips細胞による再生外科治療。縮んだ背丈が復元し、崩れた体型が元に戻り、腰痛

も治り、若々しく活動的で健康な身体になりますと言えば、多くの希望者が表われるであろ

うと思うもの。出来ないのであろうか。ただ、生身の人間、その身体は複雑怪奇であるthink

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/33982815

体型の個性を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。