フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

« 東京のインフラ | メイン | 四苦を超える2 »

2016年11月13日 (日)

国家破綻

超大国アメリカの大統領が決まった。過激な発言で注目された大統領が意外にも当選

した。その大国の指導者の一挙手一投足は世界を翻弄する、日本を翻弄する。

民主主義国家アメリカであり、共産主義国家中国である。

昨日の朝刊に1冊の本の広告が載った。大きな字で「国家は破綻する」と刺激的である。

その本の著者は経済通のF参議院議員。日本の種々の経済問題が列挙されている。

紙上の広告内容には、計31項目が列挙されている。その一部は、

 1.日銀の倒産があるぞ
 1.消費者物価指数が2%(インフレ)になったときが恐ろしい
 1.「今の低金利は異常」という認識が大切
 1.日銀は大本営発表を続けている
 1.長期金利の急騰確率は8割
 1.最後は必ずインフレになって破綻する etc
更に
 1.大幅な円安で日本国民の資産は目減りする
 1.財政を警戒する米国、能天気な日本
 1.内閣府の試算では累積赤字は拡大する
 1.何が財政破綻のキッカケになるか
 1.ドルこそが最強である。
そして、ハイパーインフレの文字が多く目に付く
 1.「お金をバラマキ、ハイパーインフレで回収」でいいのか
 1.ブレーキがないからハイパーインフレに一直線
 1.私がハイパーインフレを予想する理由
 1.なぜハイパーインフレになると円が暴落するのか  とある。

Img_12541

日本の国家財政(国と地方)は1000兆円

(28年度末、1062兆円)を超える大赤字。

しかし、国民の金融資産が1684兆円と

言われている。国全体で見た場合の収支

は預金が借金を上回り、数字の上では

借金国ではない。しかし今後、少子高齢化、

人口減少に向かう日本、経済活力はこれか

ら下降線を辿っていくだろう。今後社会福祉費用は増え、低成長が続けば赤字解消には

ほど遠くなる。消費税を安易に上げることも出来ず、逆に借金利払いで赤字は増えていく

事にも。経済活動の土俵である資本主義システムにも限界が、行き詰まっているという。

この現行システムの限界により経済格差が拡大した。その格差は許容範囲を超えた。

大きな格差は経済活動に歪みをもたらし、成長を阻害し、社会を不安定化する。

日本の財政赤字、国際社会がこのような日本を観て、危機水準、投機的水準の国家財政

と判断すれば円の市場価値は暴落。市場で円売りを浴び、円レートは一気に下降する。

その瞬間、国民の金融資産は目減りし、借金が金融資産を上回り、一気に債務国に転落

する。これを機会にしてハイパーインフレが起きれば、個人の、富裕層の金融資産価値は

下がり、同時に国の借金も軽減する。日本はどうもこの道を辿るのではないかと悲観的に

観てしまう。国家にも栄枯盛衰があり、日本は今後衰退に向かうと思うもの。

衰退に向かう国もあれば、その国に代わって隆盛に向かう国も表われる。

この書籍の紙上広告を見て多くのハイパーインフレの指摘が印象に残る。

超ハイパーインフレとはならないだろうが、もしもそのようになれば、富裕層も貧者も金融

資産に大きな差はなくなり、同じ土俵上となる。

単純に1億円の預金を保有する富裕層、片や1億円の借金がある負債者。 もし、

10000%の超ハイパーインフレとなれば、各々100万円の金融価値に、負債価値に

目減り。両者のその差が2億円から、200万円に。同時に貨幣のデノミも実施、1/100。

新紙幣の100円札と旧紙幣の10000円札との交換である。これで一気に格差解消。

国家財政の赤字も大幅に減少し、国家会計のリセット、0からの再スタートである。

算盤操作で言えば、ご破算で、願いましては・・・・・となる。

今まで借金の上で豊かな生活を送っていたツケ、借金を返せず、現実に戻ったもの。

当然、円の国際価値は下がり、輸入物価は大幅に上昇、国民生活レベルはどん底へ。

しかし、円安で再び輸出攻勢、再び這い上がる。国家の借金をチャラにして。

小生は元々物事を悲観的に見る癖がある。今回、この広告を観て拡大解釈したもの。

その時、小生はとっくにあの世の人、いや、この世の人・・・・・confident

*関連ブログ
  2013.3.28   機会の窓
  2015.1.16   資本主義の行き詰まり etc

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/490168/34002950

国家破綻を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。