フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

日記・その他

2016年12月 1日 (木)

転居のご挨拶

年末の慌ただしいこの時期に
強制退去勧告により、引っ越しました。

しかし、勝手が分からず、
まだ住み心地が良くありません。

今後ともお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。
尚、ご近所に来られたときは、是非お立ち寄り下さい。

希望した新住所には既に登録者がおられましたので、
新住所は、以下と致しました。

http://turedureniarugamama.seesaa.net/

                   

                   平成28年12月

2016年11月22日 (火)

お墓の承継

月初めに1通の封書が届いた。送付元は市役所、旧居住地の市の生活環境課から。

それは墓地の承継許可申請の手続き要請である。墓地台帳に登録記載されている利用

者と送付先の氏名が異なっているため、連絡したとある。登録されている利用者は、

今は亡き親爺。現実に利用している、墓に眠っているのは親爺で間違いないのであるが。

その亡き親爺、自ら墓の管理は出来ず、祭祀の主宰も出来ず。それは自ずと長男の

小生に承継される。人口減少社会、無縁墓地が増えているという。

初めて経験する人口減少社会、いろいろな面で社会に歪みが生じている。

Photo

市から届いた書類には、その手続きの

ためのフローチャート図が記載されている。

継続使用するか、返還するか。承継する人

は墓地のある市内に住んでいるか、否か。

市外に住んでいるのであれば、市内に住

んでいる人の代理人を指定せよ、という。

煩雑だ。早速、最寄りの支所に行ってきた。

戸籍抄本と住民票をもらいに、住民基本台帳カードを持って。窓口で発行用紙に記入

して要請する。4桁の暗証番号が必要という、記憶にない。何度でも入力できるからトラ

イしてくださいという。2回トライしたが、外れ、ギブアップ。そうすると本人確認の免許証

は無いかと言う、提示すると、電話である部署に小生の暗証番号を問い合わせてくれた。

いとも簡単に情報漏洩。その暗証番号を入力し、無事1枚の住民票が発行された。

次は戸籍抄本の発行用紙に記入しようとすると本籍地住所を記入しなければならない。

本籍は移していない。だから、この支所では発行できないのだ。本籍のある市役所、

支所に出向かなければならない。1枚の用紙をくれた。

戸籍関係証明書交付請求書(郵便請求用)とある。本籍のある市役所に発行請求願い

を出して郵送で送ってもらうと言うもの。煩雑。

何かよい方法はないかと。墓地のある本籍地の市役所に電話で問い合わせた。

抄本の発行は土曜日に発行してもらえますか?平日しか発行出来ませんという。残念。

小生は時折、土・日にテニスで墓地のある市内まで往来する。この時に発行請求しよう

と思ったのだが。挫折。もう一件、尋問。請求すれば、郵送で送ってもらえるということで

すが、この郵送請求用(戸籍抄本発行)の用紙を、承継手続き申請書類と一緒に同封し

ますから、受け付けてもらえませんかと尋ねた。郵便で送ってもらい、同封して再び送り

返す手間を、時間を省こうと考えた。出来ませんという。個人情報保護、縦割り組織(生活

環境課と戸籍住民課)で出来ませんという。煩雑。同じ所内の生活環境課から戸籍住民

課に申請書類を渡し、発行した戸籍抄本を申請書類一式に加えてもらえればいいのであ

る・・・。お役所仕事でサービスが悪い。自ら縦割り組織、弊害と認識しているのであるが。

郵便請求用の用紙で市役所の戸籍住民課に郵送請求し、その届いた戸籍抄本を承継手

続き書類一式と同封して、同じ市役所の生活環境課に再び郵送しなければならないのだ。

郵送請求に必要なものは、請求用紙、手数料(郵便定額小為替または現金(現金書留))、

本人確認書類の写し、切手を貼った返信用封筒。煩雑だ。

小生は本籍地が近いから未だよいが、ぶらっと出掛けるとするか。墓参りを兼ねて。

来月初めは、時折訪れるテニスクラブの忘年会、その日は土曜日。何故土曜日だconfident

日曜日であれば、翌月曜日に発行が出来たのである。飲酒運転禁止の朝帰りで。

市内在住者の条件がある代理人にはテニスクラブのメンバーに知人関係でお願いした。

年内には手続きを済ませようと考えている。

2016年11月17日 (木)

お引っ越し

自己嫌悪というか、自嘲することが多い。それを通り越して呆れもする、自らの行動に、

老化のイタズラに。小生、毎日1個の卵を昼食に食べるようにしている。その料理法は

目玉焼き。朝食時、冷蔵庫から卵を1個取り出し、常温に戻し、昼食時、フライパンに油

を引き焼いている。今日も焼こうと、パンの蓋を開ける。 と、既に焼けているではないか。

昨日は京都に行っていたから、一昨日の目玉焼きの食べ忘れ。黄身が鮮やかで、

白身の縁が固くなっているが、もったいないで体内へ。  さて、話題は変わり、

月初め、1通のメールが届いた。送り主は小生が加入するプロバイダーから。
「eoblogは、2017年3月31日(金)15:00をもって
 サービスを終了することとなりましたのでお知らせいたします。
 サービス終了後は、ブログの閲覧や投稿・編集作業など、
 すべての機能がご利用いただけません。

eoblogサービスの品質向上を念頭に、これまでさまざまな検討を重ねて
まいりましたが、eoblogサービスの利用状況が減少していること、
また、昨今のSNSをはじめとするインターネットコミュニケーションサービスの
形の変化などにより、弊社でのブログサービスの維持継続は困難であると判断し
eoblogサービスを終了することとなりました。」    との内容。

小生のブログ、来春で満7年となる。日記のようにブログを、拙い内容のブログを

これまで書いてきたが、残念。 さて、今後どうするか。

「そのため、お客さまのPCなどで閲覧できるようにするための
 ブログアーカイブツールをご用意いたします。
 サービス終了までに、お客さまご自身のブログ管理画面よりご利用ください。
なお、他社ブログサービスへのお引越しについて、
 対応状況をまとめておりますので、他社ブログサービスのご利用を
 ご検討中のお客さまは、下記URLをご確認ください。」

と、今後もブログを続けるには、その引っ越し先を案内している。この電子日記、小生の

デジタル遺品となるもの、何れは。 ブログは時代遅れsign02 いや、用途目的が異なるもの。

我がブログ、その一番の愛読者は、検閲者は老婆(ラオポ)。我が思考を、行動を監視する。

ブログを引っ越すか、或いは新たなSNSを始めるか、どうしようか。

ブログはホームページに近く、不特定多数の読者に情報を開示、提供するもので、

相互コミュニケーションは苦手である。情報の一方通行で相互通行に乏しい。

SNSとはネットを介して遠く離れた身内または友人や知人との日々のコミュニケーション

を円滑にしたり、メッセージ機能やチャット機能などで時と場所を選ばず他人同士とでも

会話が楽しめるというもので、相互間の会話が主体である。 その代表はLINE。

パソコンより、場所を選ばないスマホによるリアルタイムのコミュニケーションが主流。

ブログのように不特定多数ではないのだ。相互間の会話と言っても我々ガラケー世代

には少し無理だ。会話も弾まない、女性がいないから、スマホユーザーが少ないから。

さて、今後どうするか、思案橋である。 やはりブログかsign01

2016年11月 6日 (日)

東の京2

今年3回目の東の京に出掛けた、野暮用で。1ヶ月ほど前にネットで宿を予約し、2週間

ほど前にはネットで新幹線を予約。とても便利だ。机上で行動計画を立て、ネットで事前

の行動に移す。変更も容易だ。ICカードでバスに乗り、ICカードで在来線の電車に乗り

Dsc02235

京都駅へ。新幹線ゲートでは在来線のIC

カードと新幹線予約用のICカードを重ね

て無事通過。通過ゲートで同時に利用票

が出てくる。乗車2時間ほど前には、乗車

時刻が近付きましたと携帯にメール連絡

が入っている。天気も良く、予約した座席に

着く。ひかり514号、12号車、14番A席。

定刻に発車。直ぐにチョット観察開始。駅構内のレールを観察した。駅構内のレールには

付いている。地震による脱線防止装置(レール板)を観察した。全線ではないが、かなり

の区間で脱線防止装置 ↓ が付いている。安心して?車窓を眺める。快適だ。

Dsc02236

Dsc02237

滋賀県区間は11~12分足らずで通過していく。米原駅で停まった。車窓にはヤンマー

中央研究所、鉄道総合研究所が見える。こうして定刻12:10東京駅着。雑踏に滅入る。

東京駅で軽い食事を摂り、暫し、駅周辺をぶらりして、13:30から5日からの行動予定

の打ち合わせに臨む。30~40分程度の予定が2時間も掛かった。その後の午後から

の予定が狂った。午後から山手線の駒込駅に向かい「六義園」に向かう予定であったが、

断念した。東京はビル群、高層建物が多いが、代々木公園、新宿御苑、上野公園、明治

神宮外苑、皇居など公園、緑も多い。東京の多くの名所は訪れたが、六義園は初めて

であったのだが、今回は成就しなかった。またの機会にユックリ巡ることにしよう。

前回訪れた美術館、博物館などの文化施設は東京には多い。そして人も車も多い。

夕食は姪と二人で食べる約束となっている。少し時間もあり、その方面に向かう途中の

新宿区に向かう。今話題の都知事に挨拶に行ってこようと、都庁へぶらり歩いて向かう。

Dsc02239

Dsc02242

辺りはオフィス街、どこかにデスクワークをするところはないかと捜すも見付からない。

やっと何とか見付かった。ビルの谷間で事前打ち合わせをした内容を一覧表にまとめて

整理。辺りは少し暗くなり、夕食の目的地に向かう。5日、6日は姪と二人で某目的の

ために都内を駆け巡る、野暮用で。     こうして2日間巡った。

最終日の午後は決断をしなければならない。エィ、と大英断を下す。事が事だけに今後

種々の問題が起きるであろうが、意に反したことも起きるであろうが最後の決断を下す。

帰りの新幹線は19:00発で予約済み。姪と二人で駅地下の喫茶店で休む。偶然座った

席がコンセント付のWiFi席。新幹線の予約時刻変更を試みる。持ってきたノートパソコン

で1時間余早い列車に予約変更。即、携帯に変更メールが届く。これから姪はテニス

教室へ、我が輩は40分前にホームに向かう。駅弁を買い、発車直前にホームで冷えた

缶ビールを買う算段。乗車はのぞみ119号17:50発。1本前の17:47分発が発車間近、

この3分後に来るのだと信じて。しかし変だ。折り返し運転車両、3分では車内を清掃す

る時間が無い。反対側のホームのダイヤ表示の3列車に119号、17:50分発はない。

このホーム待ちでよいsign02なんかおかしい。自信が揺らぐ。

休むことなくホームの案内放送をする専任職員に聞いた。早口で短く 「降りて左、16番」

と言った。となりホームだ。急ぎ移動、着席3分後に発車。小生、このホームしかないと

固く思い込んでいたから。下り方面のホームは1つではないのだ。始発終点駅だから。

東海道・山陽線用ホームは3つ、6線路あるのだ。固く思い、信じ込む老化のイタヅラだsign01

日曜日の下り博多行き新幹線、車両は満席。21:00過ぎ、無事我が家に帰着。

2016年10月24日 (月)

雑感これあれ1

兎に角、10月は行事が多く重なる。我がグーグルカレンダーは行事、仕事でイッパイだ。

秋の園芸作業も多く、主夫の小生、ゆっくりする時間が少ない。新聞もユックリ読めない。

昨日は町内会のコンペ幹事、参加者が少なかったが楽しんだ。幸先良く、先ず最初の

パー5のホールは3オン、1パットでバーディ、次なるホール、2オン、2パットのパーと

出足好調、前半49で首位と1打差の2位。しかし後半、ご乱心、自己都合悪く公表割愛。

2台のカートで回ったが、スコアー入力はカート頭上に装着の電子入力。刻々と変化する

全メンバーのスコアーがリアルに表示される。当初は勿論1位。最終集計結果は無線で

送信され、即ハンディ計算されて順位が確定する、便利だ。スコアーカードのマスター室へ

の提出は必要ない。また、最近の貴重品ボックス預かりは、ロッカーNo.ケースをかざし、

指紋を、暗証番号を登録して完了。プレー料金の支払いもロッカーNo.ケースをかざし、

画面指示に従って料金を支払うシステム。ゴルフ場の電子化、省人化が進んでいる。

ここのゴルフ場、電子化が最も進んだゴルフ場という印象。      次に、

9月9日の当ブログ記事、「雷の洗礼?」の続編。この雷被害に遭ったであろう通信機器

の現品を小生は確保していた。電気技術者の端くれとして興味を持ったから。そうして

後日、思い付いた。火災保険の対象とはならないのであろうかと。ダメ元で保険会社に

問い合わせた。担当者の返事は躊躇無く、対象になりますという。直ぐに請求資料一式

を送付してくれた。この情報を、同時期に同被害にあった5軒隣家にも伝えた。

この保険会社の返事を得て、早速、この機器メーカーに問い合わせた。火災保険の請求

を考えていますと。すると被害に遭った機器をもらえば、無償で調べますという。

Img_1243

早速、証拠現品を引き取りに来た。

機器交換工事を担当したおじさんが。

このおじさんの話ではエアコンの雷被害

は保険対象になってますという。

しかし、待つもなかなか調査結果報告が

出てこない、1ヶ月経過しても。一度督促。

二度目の督促をしたところ、今出て来まし

たという返事。その調査結果は断定は出来ないものの「誘導雷サージ等の過大な電圧の

印加により瞬時に破損し、今回の症状発生に至った可能性が高いと思われます」という

内容です、という。早速22日、保険会社にこの報告書を同封、郵送した。小生も更に

一文を加えた。我が家から5軒隣家の同機器も同時期に同症状の故障を起こしましたと。

この保険、火災保険に、ゴルフ保険に、自動車保険に、生命保険に、健康保険に・・・・・。

世の中、保険だらけ。保険掛金は支払うが、なるべく保険のご縁にはなりたくないものだ。

今回はどうやら保険金が支払われる可能性がとても高い。思いがけない保険賠償金が

手に入るが、iphonephonetoでも買おうとするかconfident

追記) 保険審査結果

25日朗報の電話が入った。火災保険の審査が通ったという連絡。

全額保証+アルファを支払うという。満足満足。

*関連ブログ : 2016.9.9 「雷の洗礼?」

2016年10月21日 (金)

遊び惚ける

10月は季節柄行事も多く毎年忙しい、遊びに忙しい。18日は近所の4人が、急用で1人

減り3人でゴルフへ。このメンバー内で小生が一番若い。19日は所属クラブAのテニス、

20、21日は所属クラブBのテニス合宿と言うことで、前年に続き石川県山中温泉へ

テニス旅。明後日23日は地域社会のゴルフコンペの幹事。兎に角忙しい。      先ず、

18日はご近所のメンバー会員随行によるお誘いゴルフへ。2週間前にメールによる誘い

が入り、早々に「吉報有り難うございます」と、参加意志を表明した。会員メンバーの

誕生日による優待ゴルフ券があると言うことでお声が掛かったもの。とても良いゴルフ場だ。

しかし、難点は、スタート時間が早いこと。スタート時間は7:48。通常、小生が起床する

時刻である。このゴルフ場、兎に角、グリーン上でよくボールが転がる。グリーンの速さは

9.5、とても良く転がる。この速さ、余り経験したことがない速さ。プロのトーナメントでは

11~13と更に転がるようだ。しかし、パット結果は35。スコア結果は52、52の104。

顎の深いバンカーに入り、4打目で脱出、これが響いた。

19日は加入しているテニスクラブAによる毎週の通常のテニス練習。練習時間は4時間、

正味練習時間は3時間半。今日の参加人員は7名。いつもの基礎練習の後はダブルスに

よる試合を楽しむ。何時もより30分練習を早く切り上げ、明日のテニス旅に備え移動。

翌20、21日は昨年と同様のテニス旅、石川県山中温泉へ。昨年と同じ温泉宿に泊る

Dsc02230

テニス合宿という名のテニス娯楽旅。参加人員

は8名。初日の20日は高速道移動着後の

午後にテニス練習。翌21日は宿から車で30分

余離れた同じテニスコートで午前のテニス練習。

午後の気温高く半袖、半ズボンで練習を楽しむ。

温泉で練習の汗を流し、バイキング形式の夕食

に舌鼓。大きなレストラン会場でバラエティーな

料理が盛り沢山。いっぱい戴き、呑みました。

この大衆温泉旅館、多くの宿泊客、その多くが

老人客だ。稼働率がとても高い温泉旅館のようだ。

      美味しい昼食      遠く眼下には小松空港が見える。

食後の次は、テニスならぬテーブルテニスの卓球を楽しむ。腕には自信ありげな言を発す

るも、各の実力に大差は無い。5~6回続いたら良い方だ。汗を流したが再び汗をかいた。

Dsc02231

Dsc02232

旅館内ではいろんな催しをしている。一座の演劇を観劇する。大きな音響下、スポットライト

を浴び男優が、女優?が着物姿で舞っている。結構沢山の客が入っている。20分余を

観劇して小生は早々に中座。部屋に戻り、暫し缶ビール片手の巷の話題で談笑。

石川県は有数の温泉地、しかし、活気が感じられず、廃館が目に付く。地方が寂れている、

全国的な傾向のようだ。観光シーズンであるのだが。我々が宿泊した温泉ホテルも全国

チェーン店が経営している。この旅館は買収したのであろうか。

Nec_0051

Dsc02233_3

                          物言わぬカメラ写りの良さに唖然とス

2日間の珍プレー、好プレー、舌戦の楽しいテニス練習試合。しかし翌日は1名が腰痛で

脱落。平均年齢は限りなく70に近い67歳余。同クラブBは小生が引っ越し前に永年所属

していたテニスクラブ。今では我が家から車で往復2時間半を要する遠き地となるクラブ、

月に2回前後練習に出向いている。毎土日、祭日が練習日、メンバーは12、3名である。

今回、一番若いメンバーが腰痛で途中棄権、彼以外はみんな元気だ、余計な口もkissmark

帰路の高速走行の道中、皆が所有する携帯機器が一斉に警報を発した。鳥取を震源と

する緊急地震速報メール。小生が所有するガラケー、スマホも一斉に警報を発した。

惚ける最後のプログラムは明後日の自治会コンペ、頑張るぞ。

先日、時折帰りに訪れる元同僚のMさん、先日、多くが参加した会社のOB会があったと

いう。過去の利害関係、上下関係のあった集いより、そのようなしがらみのない身体を

使うスポーツの、レクレーションの、ボランティアの新たな集い、仲間が楽しい、小生には。

後ろを振り返るのではなく、前を向いて歩こう。

明るく、楽しく、元気に。新たなヒューマンネットワークを築いていこうと思うもの。

2016年10月 8日 (土)

栗拾い

初めての栗拾いに行ってきた。園芸ボランティアグループの秋のレクレーション行事。

集まったメンバーは11名。向かった先は高島市のマキノピックランド。我が同乗者は2人。

久し振りに湖西道路をドライブした。久し振りに走った。無料の高速道が整備されている。

主に片側1車線で、途中幾度か一般道も交ざるが、お陰で予定時間より少し早く着いた。

高速道のお陰。10時前にマキノ高原、ピックランドに着、少し時間があり、メタセコイア並

Dsc02213

Dsc02215

木道をぶらり。北海道を思わせる落葉樹のメタセコイアが2.4kmに渡って両側に植えら

れている。樹齢35年。日本の百選に選ばれている。高島市に百選が15ヶ所もあるという。

湖西線、高速道を利用して多くの観光客が訪れる。高島市の観光マップを観ていると山麓

の自然環境を利用したスキー場、運動公園、テニス場、高原の、湖岸のキャンプ場、山歩

き、ハイキング、水泳場、それに観光農園と自然の恵み、ふれあいがいっぱい。

今回は旬の栗拾い、栗園の周りには農園がいっぱい。りんご、ぶどう、サクランボ、ブルー

ベリー園、芋掘り、栗園と多くの種類の果樹園が配置されている。栗園の入園料は大人

1600円。桃栗三年、低い木は樹高3m余で既に実が成っている。入園は手ぶら、バッグ

等の持ち込みは禁止。入れ物のネットをもらい、その中に詰めていく。木に実っている栗は

Dsc02208

Dsc02210

採取不可、専ら拾うのみ。拾い放題ではなく、1kgお持ち帰り可能。大きな、立派な栗

が沢山落ちている。中小の栗は捨て、ゴルフボールよりすこし大きな栗を選びネットに

入れる。約30分余の栗拾いを楽しむ。どうも潮干狩りのアサリではないが、事前に栗が

撒かれているのではないかと疑うほどに沢山の栗が落ちている。家族連れを含め、多く

Dsc02219

の観光客だ。この栗園の隣には養育中の

栗園が広がっている。1~2年後には開園

するのであろう。栗拾いの後は、当ランド

の栗ご飯弁当を戴く。昼食の後は、再び

百選に選ばれているメタセコイア並木を

2kmほど全員でウォーキング。通りの両脇

にはりんご、サクランボ、ぶどう、栗園と多く

の観光農園がいっぱいあり、とても広い。この農園には大敵が出没する。その主は猿。

Dsc02214

Dsc02216

       養育中の栗園                アケビ

ランドに向かう途中の国道沿いで1匹の猿を発見。農園にとっては鳥と猿が厄介者である。

次はランド内にある農産物直売所に立ち寄り、珍しい農産物を買い求める。

小生はまだ食べたことのないアセビを買い求める。サツマイモに大きな干しぶどうも。

こうして3時間余をピックランドで楽しんだ。高島市、滋賀県の北部に位置する農業都市、

自動車道も整備され、市内には湖西線6駅があり、交通の往来に、周遊に便利だ。

里山には集落が点在し、自然環境豊かな地域である。過疎地域であり、若者の移住、

定住促進策に積極的である。

2016年9月30日 (金)

9月末日

今日は長月の最終日、明日から神無月に変わる、その月末の我が一日の出来事。

朝一から余計なことをした。WiFiルーターの屋内電波の伝搬性能を改善しようとルーター

の設置場所を変えた。一部の機器は電源を切り、配線を外して配置替えした。そして

元通りに配線を戻す。が、しかし、光電話アダプターのWANランプが点かず、ネットも

電話も使えなくなった。配線間違いは無く、色々電源をON、OFFして再起動を試みるも

良くならない。電話も、ネットも、WiFi印刷も出来ず、困った困った。そうこうしていると

繋がり、何故か正常に戻った。動かした机を元に戻し、さぁ印刷をしようと勢い込んだが、

即再発した。電話が使えず、携帯電話でプロバイダーのサポートセンターに電話する。

混んでおり9分余お待ちくださいとアナウンスしている。やっと繋がり、症状を説明、2本

のケーブルのLANとWANを外し、内1本を入れ替えて接続してくださいと・・・・・、

点きましたか、点いたら元に戻してくださいと、3分余コンタクト、正常に戻った。

原因はLANコネクターの接触不良。LANコネクターの珍しい接触不良。困った時間は

約1時間。ネットが使えないととても不便だ。外部との情報が遮断され、孤立感を感じる。

解らないことがあれば、素早くインターネット上の情報が解決してくれる、便利な道具だ。

朝食を終え、印刷をしなければならない。プリンターもWiFiで繋がっている。

6部印刷して再配布しなければならない。町内コンペの幹事なのだ。申込み期限が2日

後に迫っても数人からは連絡が無い。当初の案内文書に注意喚起を書き込んで再度

配布した。そして次にゴルフ練習に出掛けた。今日まで期限の記念特典を狙って。

打席は満席。相変わらず練習場では安定せず良くないgolf我が前後席を含む多くがイン

ストラクターのアドバイスを受けている。小生も以前お世話になったインストラクターだ。

150球余を打って12時前に練習を終えた。帰り際、大きな看板があることに気付いた。

「ここから先はゴルフ教室です、ご遠慮ください」とある。ゴルフ教室の打席エリア内に

紛れ込み、堂々と打っていたのだ。知らないと言うことは強いものだ、注意もされずに。

大きな看板どうして見逃したのか?またも老化のイタズラ? 少し罪悪感、どうかお許しを。

昼食を摂り、14時過ぎに再び出掛けた。タオルに軍手を携えて。目的地はJR大津駅前。

明日、同駅は新装リニューアルオープンする。それに花を添えるのだ。15時集合。

園芸ボランティアクラブで準備した花々を駅入り口にいっぱい飾るのだ。同駅前花壇は

我がボランティアクラブの守備、管理範囲。小生、最近、同活動をご無沙汰しているから

参加した。新JR大津駅、何処が変わった?外観上に大きな変化はない。

内部が変わったようだ。花壇内の雑草を除草、入り口にはプランター花を配置している。

Dsc02194

Dsc02197

作業をしていると1人の年輩女性が除草中の小生に声を掛けた。この車石の展示、注目

を浴びないですねと言う。花壇の端っこに展示している。何度も来ているが展示に初めて

気付いた。今から約200年前、大津から京都へ荷車で大量の米を搬送した難所の逢坂

越えである。その荷車の輪を転がりやすくするため、敷石には轍、溝が彫ってある。

Dsc02199

Dsc02200

その車石の展示はしているが、管理が行き届いていない。照明灯2基あるも頭を垂れ、

投光方向も定まらず、埃で汚れており、この状況では点いていないのだろう。

汚れを拭き、向きを正し、多くの雑草を除草し、整備した。

県庁所在地にあるJR大津駅、手狭な平地スペース、発展とは縁遠い地味な表玄関口だ。

我がボランティアクラブと(財)大津市公園緑化協会の職員と協同で、約1時間余、駅前

の花と緑の整備を行った。多くのボランティアが集まったから、予定時間の半分で終えた。

2016年9月12日 (月)

めぐり合わせ

ピンポ~ンと来客モニターが鳴った。小さな液晶画面を覗くと時折訪れる見馴れたお顔、

年老いたおじさんである。ニコニコしながら優しく話しかける。こちらもつられて気を許す。

表に出て行っても良かったが、小さなモニター越しに2~3分話をした。積極的に朝起会

への参加を勧める。この前の会報を読んで戴きましたか?冒頭の某教授の記事を読み

ました。どうでしたか?マジョリティとマイノリティの内容で良い記事でした。

そうですか、じゃ、また会報を投函しておきますね、といって投函した。朝起会に来てくだ

さいよ、と催促される。良く存じています、我が父も地域の朝起会に時折参加しておりま

したので。親爺は実妹からの勧めもあって、時折参加していた。親爺は小生と違い朝型

人間。じゃ、参加して下さいよと。朝4時半から某会場で催していますという。

会場まで車で30分以上は要するだろう。私は朝8時に起きてますから朝4時半はとても

無理ですょと断った。よかったら来て下さい、参加して下さい、と言って立ち去った。

人当たりの良いいつものおじさん。何がしかの良いめぐり合わせを運んでいるのかも

知れない、おじさんなのだ。早速、投函された会報を取りに行く。倫理雑誌である。

小生も現役の頃、この種の倫理雑誌の購読を会社の勧めもあり購読していた。

が、余り読まなかった。発行主体は会社の系列出版社が発行しており、社員教育の一環

で、陰では松下教と呼ばれていた。

前回戴いた会報は6月号、今回戴いた会報は10月号である。めくって冒頭の記事を見る

と、”「楢山節考」に見る老いの理想像”というタイトルとなっている。

これは古い短編小説の「楢山節考」であり、映画化されヒットしたとある。時代は明確では

無いが、江戸後期から明治初期ではなかろうかという。棄老伝説を題材にしたもので70

歳の老齢になると食糧の絶対不足から老人は山に棄てられるのである。即ち死である。

その内容はこのくらいにして、毎号、冒頭には会長の記事も載っている。 今回は、

”前に進む「仕合わせ」” の題となっている。この仕合わせ、は、幸せと同じであり、辞書に

は、めぐり合わせが良いこと、とあって意味に違いはありませんと。そうして

オリンピックの金メダリスト選手の発言、体験例を引き合いに出して性質の異なるシアワセ

体験で実践倫理を説明している。その詳しい内容は省略するとして、

小生は、この「しあわせ」の辞書の説明に引っ掛かった、「めぐり合わせが良いこと」に。

めぐり合わせを辞書で引くと、人の意志とは関わりなく巡ってくる運命 とある。

と言うことは、小生はめぐり合わせが悪いと思うもの。めぐり合わせだ。

特に女運のめぐり合わせが悪いのだと。誤って自ら悪いくじを引いてしまうのだ。

だから、今後暫し、あまり女には深入りしない方が良さそうだ、めぐり合わせが悪いから。

時間はないが、めぐり合わせが良くなるまで待つのが良さそうだ。時間がない、没有時間。

鳴くまで待とう・・・・ではないが、寝て果報を待つとしよう。しかし、以前から待っている

のだが・・・・・。時間がない、没有時間。時間がなければ、あの世で待つしかない。

小生の性格からか、めぐり合わせが悪くとも、全く悲壮感はない。考え方一つだ。

人生に勝ち負けは無く、あるがままに・・・・・我が人生。

2016年7月 4日 (月)

東の京1

4月に続き、野暮用で再び東の京に出掛けた。3週間ほど前に宿を予約。金曜日から2泊

する予定であったが、希望する日の宿が取れず、土曜日から出掛けた。 帰りは今日、

東の京を19:00出発、22時過ぎにマイホームに帰着した。3日間、疲れました。

野暮用、目的があって出掛けたのだが、又も成就せず、余計に疲れました。

土曜日の11時頃に東の京に到着。姪と共に目的地とする八重洲事務所には15時前に

向かわなければならない。それまで3時間余の時間がある。反対側の丸の内側に出て

皇居方面に向かった。和田倉噴水公園で噴水を観ながら暫し休憩。

次に広~い皇居前広場を巡り、二重橋濠周辺を散策。多くの外国人だ。13時頃まで

Img_11711

Img_11741

ぶらり皇居前を散歩し、元来た和田倉公園で再び休み、八重州口方面に向かう。

公園前にある地下鉄大手町駅エリアには高層ビルが林立している。そのビルの一角に

ある看板、中国工商銀行とある。丁度皇居に面した好位置にある。

中国資本の中国の銀行が進出、時代の変化を感じる。 軽い食事の後、

駅に隣接する大丸の店内をショッピング巡り。何か面白いものは無いかと東急ハンズ

出店エリアを巡る。こうして時間を潰し、八重洲口改札前で姪と落ち合い、アポイントした

某会社の八重洲事務所に向かう。明日以降の行動予定の事前打ち合わせ。

この日までに姪と、某会社とは何度も情報の交換、調整、摺り合わせをしている。

明日以降の行動予定を1時間半余で調整を終え、二人で五反田方面に向け食事に出掛

けた。そして、翌日から2日間、某会社の営業マンと3人で東京を巡った。しかし、

今回も目的は達せられなかった。空振り、余計に疲労を感じる。

姪と小生の意見が割れ、目的は分解した。姪の固定観念と執着で全体が観えないのだ。

梅雨明けを感じる暑さ、梅雨の中だるみで暑い、疲れる。

東の京、若いときは面白いだろう。しかし、老後を東の京で暮らす気にはとてもなれない。

車と人と林立するコンクリート群、高層建築、走る車の騒音、どうも住む気にはなれない。

しかし、時折訪れるのは刺激があっていいものだ。鉄道交通が発達してとても便利だ。

都内を3日間巡ってきたが、我が家からバスに乗り、電車に乗り、新幹線に乗り、東京の

多くの電鉄の会社の電車に乗り帰宅したが、全てはバスを含めて3枚のカードで事足りた。

フリーパスのようでとても便利だ。交通費を現金を支払ったことは一度も無し。

姪の一言、小生の背が低くなったのではないかという。目線の位置に差がなくなってきた。

そうだ、4cm低くなった、老化で背骨が縮んでいるのだと説明。自分でも感じるものだ。

留守中の我が家の植物達も気になった。水切れが気になる。老婆(ラオポ)も1回水遣りを

してくれたが、気になってくる。3日間留守にしたが、なすびが、唐辛子が、肥大化し過ぎて

食にするには無理だ。夜遅く帰ってきたが、早速、暗闇をついて水遣りを行った。

思ったよりしっかりしている。どうやら、東の京とは異なり、滋賀は少しrain降ったようだ。