フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

音楽

2016年8月25日 (木)

愛玩ロボット

記録的な猛暑日が続いている。小生の子どもの頃は、50年以上前は暑い夏と言っても

33℃台であったと記憶している。ウォーキングの帰りに時折立ち寄るMさんも同様の

感想を持っていた。どうも温暖化の影響があるようだ。この程度で収まればいいのだが、

今後も徐々に気温が上がっていくのであろうか・・・・・。暑さが長く続くとバテるdespair

気温も気に掛かるが、異常気象も気に掛かる。スーパー台風の来襲typhoonが気に掛かる。

さて、あるがままに感じていることを述べると、今更の事ではないが、愛玩動物の犬を飼

っている人がとても多い。可愛い子犬を連れて散歩している。時に2~3匹も連れている。

小生も可愛い子犬を欲しいが、飼育する能力に、時間も無い。

時折、ペットショップで売られている1歳前後の子犬の可愛い仕草を観て楽しんでいる。

レンタルで借りられる犬がいれば借りてもいいが、犬の方がお前は誰だと吠えて、我が

期待する愛玩とはなってくれない。日々愛情を以て育てて懐くものである。

次に、同じく最近とても多いなと思うものに歯科医院がある。あちこちに歯医者が目立つ。

高齢化で需要が多いこともその一因かも知れないが、兎に角目立つ。しかし、介護職員

と同様、歯科衛生士や歯科助手などの要員確保がままならぬようだ。小生の通う歯医者

もこれら女性従業員の殆どが入れ替わった。当然、表通りには募集看板を掲示している。

歯科医院同士が争奪しているように思えるのだ。彼女達もより良い条件のところを求めて

さまよっている、のではないかと。保育士に万年不足の看護師も同様の職種だ。

先日、NHK番組で「SFリアル、アトムと暮らす日」を放送していた。人間と会話できる、

癒やしを与える人間型ロボットの開発が各国で盛んだ。現在、子どもの4~5歳程度の

知能があるらしい。AI人工知能の発達で益々その知能は向上していくらしい。最終目標は

鉄腕アトムである。空は飛べないがそのような高度な知能を持ったロボットを目指している。

愛玩動物の犬は、その感情を動作や吠えることによって示すが、目指す人間型ロボットは

相手の感情を読み取り、相手の問いかけに応じて表情と動作と言葉で応答する。

会話できるロボットである。愛玩動物の犬にとって代わるかも知れない。いや、それ以上に

良き相談相手となるかも知れない。最終開発目標は心を持ったロボットであるが、そこまで

は限界で、無理なようだ。最新技術のAIディープ・ランニング技術でロボットの知能はどん

どん進歩していく、成長していくという。食べ物は電気、それ以外は一切必要が無い。

我々の生活の身近なところでは円盤形の掃除ロボットが一般家庭に入って来ている。

自分で障害物を避けて床面の掃除を全面掃除する。電気が無くなれば、掃除が終われ

ば充電スタンドへ行き充電、掃除が必要とあれば自ら掃除に出掛ける。

その製品名はルンバ、ロボット機能を備えた外国製品である。

さて、今から9年前に、SONYが愛玩動物ならぬロボット犬、AIBOの販売を終了した。

小生、当時、何度も買うか買うまいかと迷った挙げ句断念した。価格は25万円。

この愛玩ロボット犬も学習して賢くなっていく。人間の声に反応して応答する。

踊りもし、頭を察すれば、喜び、電気がなくなれば自分で充電スタンドに行き、充電。

そして番犬としても活躍する。眼を持ち、耳を持ち、侵入した不審者を眼のカメラでパチリと

撮り、ネットワークを介して連絡する。10年前の当時のSONYの社長はこのロボット事業

から撤退を決断した。そして今、再度参入を決断したという。

ロボットが脚光を浴び始めたからだろう。何故、続けなかったのだろうという思いが募る。

SONYと言う会社だから、個性あるユニークな会社だから続けて欲しかったと思った次第。

12~13年前に家電メーカーを襲った経営危機による事業整理で縮小したものだが・・・。

それに代わりこのSONY、ネット銀行、保険や不動産業の金融業界に進出している。

SONYもPanasonicも普通の会社になってしまった。環境変化もあるが、経営者次第で

会社も変わる。先見性のあるユニークな経営者、技術者が現れて欲しいものだ。

2012年12月31日 (月)

審査員

紅白歌合戦sign03今ではこの番組内容に付いていけない。酒を飲みながら観るがbottle

だから番組の浮気となる。丁度、4チャンネルではボクシング世界戦をやっている。

アナログ放送があったころは、デジタル放送との2画面が同時視聴できたが今では

できない。だから、2チャンネルと4チャンネルを切り替えて観ることになる。忙しい。

浮気して観ているとボクシングは一瞬にして勝負が決まっていることになるから。

小生は古い世代、演歌好みである。だから、もう一つ浮気して並行番組である演歌

主体の「年忘れ日本の歌」の放送番組も観る。この番組は歌手のパフォーマンス

は殆どない、静止姿勢で歌うベテラン歌手主体の歌番組である。今では小生には

一番合っているのだろう。とは言っても主体番組はやはり2チャンネルの紅白である。

特定の年齢層の視聴者に合わせる訳にはいかず、幅広い層の視聴者を考えなけれ

ばならい番組であるが、しかし、とは言っても視聴者の主体層は小生から見た場合、

若い世代となる。現代はポップス系が多くを占め、演歌系は端っこにある。曲の

テンポ、歌詞、振り付けによるパフォーマンスと、聞くというより、観ながら聞くと

いう感じである。なかなか付いていけないが、しかし、現代の若者の曲を聞いて

いると新鮮であり、生き生きとした若さをもらい、元気をもらい、明るい気分になる。

昨年までは新聞紙上で歌う順番が載っていたが今年はない。だから、パソコン上で

歌う順番を調べることになる。この出場順番を観ながら、放送局を頻繁に切り替え

て番組を観ることになる。観ていて一つ、小生にインパクトを与えた曲があった。

細川たかしの「浪花節だよ人生は」である。曲にインパクトを感じたのではない。

振り付け、踊りに感じた。5人の娘が出てきた。この少女達が踊る、アクション、

振り付け、表情がとてもユニークに感じた。誰が振り付けを考え、指導しているの

であろうか。衣装と踊る表情とアクション、とても面白く、楽しんだ。ひょっとしてあの

パパイヤ鈴木が振り付けた sign02 同様に天童よしみの「ソーラン祭り節」にも多く

の参加者が踊りに参加し、パフォーマンスも最高潮、とても盛り上がった。観て

いて小生も踊りたくなった。1人のソロの歌唱力で聴かせる、はたまた、歌と踊りの

パフォーマンスでもって聴かせる。この各々の番組構成、組み合わせの静から動、

動から静の変化で番組に変化を付けている。人気グループの嵐にしても踊りの

パフォーマンスにデジタル技術を駆使した映像、光、照明、音響をふんだんに

取り入れた演出には、会場で見入る観客はご満足。この総合映像技術は対外的

にもアピールしているようだ。さて、小生は好みの演歌歌手、曲が始まるとボリュ

ームを2倍に上げ大音響で聞いている。矢沢栄吉のビートが利いたロックも良かっ

た。処で、初めて知ったが先の5人娘、ももいろクローバーZと言うらしい。この歳に

なると若い娘はみんな可愛く見えてくる。男も若い男はハンサムに見えてくる。

浮気番組で観たボクシングのWBA世界戦の井岡は強い、勿論KO勝ちで二階級

制覇。完璧な試合であった。忙しい観戦であったconfident

2010年8月17日 (火)

ミュージカル

ミュージカルを初めて観て来た sign03 またまた無料チケットを太太が応募で手に入れ

たもの sign02 小生、この方面にとんと興味が無く、行く気がしない。会場は名古屋と

言うこともあり、全く気が向かない。名古屋の今日の予想最高気温は37℃。

とことん拒んだが、執拗な勧誘に遂に陥落してしまった。名古屋までの交通はJR。

それも青春切符を活用。我が家から会場まで所要約3時間。着いた後食事をし、

開演約90分前に会場の愛知県芸術劇場に到着。既に多くの人で長蛇の列。

90%以上は女性客。小学生も多い。チケット交換手続きで座席指定券と交換、

席は3階に。この席順を見て、この位置では人の顔は豆粒だ sign03太太の弁。

しかも最後部席。約2時間30分の公演が始まる。島谷ひとみ 主演の

赤毛のアン』ミュージカル。大きな動作と力いっぱいの演技、歌唱。これまた、

出演者の90%近くが女性キャスト。会場は冷房が効き過ぎ寒いくらいであった

が、少し上瞼と下瞼が重なりました sign02 こうして初のミュージカルを堪能しました。

私にとって最初で最後のミュージカル鑑賞となりそうです。最後に会場出口で

某消臭メーカーの商品を頂き、会場を後に12時間を要した今日のメイン行事は

終わりました。

無料チケット鑑賞も今回で さよなら としたいものです、なりそうです confident

           赤毛のアン : http://www.st-musical.com/

F1010021 F1010023 5階席まである愛知県芸術劇場