フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

ボランティア

2015年3月 2日 (月)

花を咲かせよう

雨で順延となっていた湖岸なぎさ公園のシバ桜の補植、植え込み作業日である。

緑地協会の職員、2つのボランティアグループ、シルバー人材センターと多くが参加

して始まった。総勢40名余はいるだろう。公園の広範囲に大きな花壇、この枯れて

空いたスペースに植え付けていく。昨年11月、この日の為に作ったポット苗500個を

植え付けていく。同時に雑草も取り除いていく。花壇によっては多くの雑草、取りにくい

20150302_10031820150302_102229

雑草が繁茂している。他愛ない話をしながら作業を進めていく。天気は良かったが

湖岸だから少し寒い。多くの参加者により、手際よく1時間半余で完了。時折、早くも

狂い咲きのシバ桜がある。あと1ヶ月余もすれば一斉に咲き始めるだろう。 小生、まだ

観たことは無いが、広い一帯に多くの花壇が一斉に開花すれば壮観だろう。4月中旬

には春の花フェスタが開催される。その頃の春満開を始めとして開花最盛期へと向かう。

処で小生、今回初めて花の発芽・育苗を試みた。ビニール製容器に小動物用の保温床

マット(8W)を敷いてトライした。保温マットの発熱容量が小さ過ぎると思いつつ試した。

Img_02281Img_02251

24日に種を播いた。18℃以上を維持すれば7~10日前後で発芽するようだ。

18~22℃前後を維持したいが、床暖房の間接的な影響もあって14~25℃間で

変化。器内上蓋には水滴が一杯で湿度100%。時折、露を排出する。

6日目となった今日、覗くと既に発芽しているではないか、早い発芽。しかしダメだ。

徒長してもやしのような貧弱な感じ。この原因をネットで調べる。どうやら日光不足と

Img_02261Img_02271

過湿、過水のようだ。徒長した苗を除去し、育苗管理方法を改める。極力、日光に当て、

水分を控え、容器密封環境から日中の開放環境に変えていくことにした。

一度発芽すれば10℃以上の保持で苗は成長する。そして更に、園芸誌に載っていた

新たな方法で発芽・育苗を開始。卵容器を利用、発芽・育苗を行うもの。容器の底に

穴を開け、蓋をして保温。二重底で水受けとする構造。今回も植え付けた種はニチニチ

ソウ、マリーゴールド。いずれも昨年採取した自家製の2代目の種。店頭では春の花が

既に売られている。これから益々春の花が店頭に並ぶだろう。いずれも自然開花に比べ

れば2ヶ月前後早く開花している。温室のような処で人為的に開花時期を早くしている

もの。小生、昨年も4月末から5月に種から発芽させた苗を植え付けたが、時期は遅い。

その頃には既に近所では市販苗の開花した鉢が並んでいる。だから1ヶ月ほど早く

開花させたいと発芽・育苗にトライ。開花が早ければ、その分開花期間も長くなるから。

2015年2月25日 (水)

全日の活動

今日は水曜日、毎週楽しみなテニスtennis練習日。小生、何よりテニス第一優先であるが、

今日は強いてボランティア連絡会に初出席した。年1回の園芸活動情報連絡会である。

Img_20150225_123856369← 会場は皇子が丘公園体育館会議室。

小生、この皇子が丘公園、初めて訪れた。

体育館の他、グラウンド、温水プールもある。

しかし、どうも利用率が低いようだ。

ここに市内5つの園芸ボランティアグループ

が集まっている。午前は、10時から開始。

「日陰の庭のガーデニングと四季の花壇つくり」

の学習会。女性代表2人による講義。花壇の手法と施工事例、花壇つくりの基礎と

管理、1ボランティアグループによる花壇の紹介をパワーポイントを用いて説明、紹介。

日陰の庭に白い花は明るくする、花を楽しむのもいいが、カラーリーフの葉色を楽しむ

のも一法。次に花の寄せ植えの説明、映像で紹介。多くの寄せ植え花が出て来たが、

小生の知らない花は少ない。一年草、宿根草とカラーリーフを交えた花壇の紹介が

あるも、四季を通じた花壇つくりは日々の関心、手入れ、愛情が大切である。余り

参考になることは少なかったが、今回を機会にカラーリーフや花苗の高低を考えた

植栽も参考になると拙宅の猫の額ほどのミニ花壇で改めて思い直したもの。

10日ほど前に株分けしたギボウシもカラーリーフの一種で種類が豊富である。

20150225_10172820150225_113827

午後からは市内5団体の実践活動報告。これらの団体、市の公園緑地協会が開催

するハートフルガーデナー養成講座を受講した修了者が集まって出来たボランティア

団体。同講座、今年も5月から11回目の講座が約半年間実施される。この講座を修了

して市のハートフルガーデナーとして認定される。今回の5団体が集まった情報連絡会、

この各団体がどのように活動されているか、どのような状況にあるか、市の園芸ボラン

ティア活動状況など全体を知るために参加したもの。小生が参加するボランティア

グループは一昨年に結成されたまだ新しいグループ。養成講座2年間の修了生で構成

され、メンバーの多くが55~67歳であろうと。積極勧誘活動でメンバー数も一番多い。

他のグループは永年の実績はあるが、メンバー数も限られ、高齢者も多いようだ。

メンバーの年齢から来る活動維持に問題を抱えるグループも観られる。各グループは

各の地域で公園、各種施設、保育園、公共広場、学校などで園芸ボランティア活動を

している。各グループの推進母体となっているのは市の公園緑地協会。春と秋には

同協会主催の花フェスタの一大イベントをなぎさ公園で開催している。勿論、各ボラン

ティアグループも参加、協力。春を迎えると共に花々も開花を迎え忙しくなる。今年は

9月に開催される和歌山国体の琵琶湖ボート会場に花を配置する大がかりな育苗

プロジェクトがある。この活動協力の主役はこれらボランティア団体である。7種の花、

500個のプランターを準備しなければならない。合間にこの会場に来ていた講習同期

の人と情報も交換。シルバー人材センターで教わりながら庭木の剪定作業をしている

という。季節になると忙しいと。小生も剪定作業は好きな作業であり、教わることもでき

てシルバーに登録したいのだが、これ以上広げると自由時間が少なくなってしまう。

シーズン、月1~2回程度でもいいが、教わる時間が中途半端になるし・・・。

明日は11月に作ったシバ桜のさし穂をなぎさ公園へ植え付け作業日、だが雨のようだ。

2015年1月17日 (土)

1月17日

20年前:

阪神淡路大地震。親父の日誌に震度6と記述がある。発生時刻は5時46分、床の中に

いた。鉄道不通で小生引き返すとあり、以降8日間、震災記述がある。近畿烈震、直下

型M7.2。18日には死者1247名、不明1005名。23日、死者4935名、不明176名、

被害総額10兆円とある。24日、死者5000名超す、揺れ関東大震災の倍以上とあり、

川西に住む甥の被災、無事伺いの電話を妹にする。お蔭で難は免れたらしい、安心と。

小生もこの大地震はハッキリと体験している。発生時間帯からしてまだ就寝中である筈

だが、小生は動物的感性の、感覚の鋭い持ち主、所謂ナマズ人間。何故か発生前に

目覚め、地震の揺れが来る直前の地鳴りのゴッーという低い音を聴いた。まだ寝ぼけ眼

であるが、地震が来るゾッと身構えるとそれから5~6秒くらいして強烈にドカ~ンと揺れ

が襲った。これは大きな地震だと直感、震源は近くかsign02 震源地は100km余離れた

淡路島。これだけ離れていてこの強い揺れ、震源地近くは大被害となった。

職場のY君はマレーシアへの出張日。鉄橋上で列車は止まり、引き返した。何故か知ら

ぬが、小生は大、中地震の揺れが来る発生直前、その前兆となる低い地鳴り音を、異常

を感じるのである。当然、寝静まった寝床でしか感じない。しかし、寝ていても直前に

覚醒するナマズ男。所謂、P波とS波の時間差を体験している。小生だけであろうかsign02

今日:

ボランティア遊クラブの第10回定例会。年明けの初顔合わせ。30名余出席。今年の、

3月までの活動予定、和歌山国体、瀬田ボート会場の花壇計画についての説明、協力

要請及び今後の定期作業人員の割り振り、その他、メイン作業以外の親睦行事、活動

20150117_155320

予定についての考え、機関誌の発行等々、

今後活動範囲を広げていく事を共有し、

話が弾む茶話懇談。1~2月は植物の

休眠期、作業は多くは無い。主たる作業

は雑草の除去作業で3月以降になると

期に入り、作業も忙しくなる。各人に

強制力はないが作業日の割り振りがあり、

作業日も含め2日/月、前後のボランティア活動となるようである。好きなを育て、

土をいじり、人と談笑すると余り溜りはしていないストレス解消、気分もリラックスする。

小生、趣味である情報処理で後方支援。ファイルサーバーを作り、メンバーへの広報

伝達形成面でも行動している。ただ、この便利な機能もパソコン、タブレット等が使える

ことが条件、年齢的に制約がある人もおり、全員への情報伝達は捗らない。

現在、遊メンバーは47名。メンバーの7割は女性、30~40年前には眩しく・美しく

咲いたであろう乙女virgo達である。今も美しく咲き続けているが・・・・・ m(_ _)m

因みに、下記にアクセスするにはIDとパスワードが必要。小生の特権で各を設定。

感性の小生、45年前の麗を想起来  BaCk to the Future.設定。草食男confident

    URL  http://otsu.kayuu.club:1234       

 

2014年12月 8日 (月)

忙しボランティア

朝から無風快晴、寒さも和らぎ出掛ける足も軽くなる。今日8日の朝はJR大津駅前の

花壇の植え込み作業。乗降客の一番目に付く県都大津駅前花壇が今日の活動場所。

行う主な作業はチューリップ球根3,000個の植え付け。2~3つの園芸ボランティア

グループの有志にJR社員も加わっての共同作業。球根を約10~15センチ間隔に

Dsc01971Dsc01972

 植え付けていく。花の色別に植え付けていく。自由参加であるが、集まったボランティア

メンバーは40名余はいるであろう。男性は65歳前後、女性は60歳前後が多いようだ。

ボランティアメンバーを示す緑ジャケット、黄ジャンパーを身に付けての作業である。

チューリップ球根高さの3倍くらいの深さに植え付けていく。チューリップの球根以外

にもムスカリの球根も植え付け。女性陣は追加ハンギングバスケット作りやビオラの

苗を植え付けている。小生は不参加であったが、先週も同花壇のハンギングバスケット

Dsc01973Dsc01976

作り等の作業を行っている。3,000球の植え込み、事前に作業検討するも手際よく

とはいかなかったが中腰の姿勢で植え付けていく。だから腰が痛い。

駅前の中心部で多くの作業者集団によって園芸作業をしていると、通りすがりの人々

は何事ぞ、という眼差しで通り過ぎ、話しかけて来る方もおられる。こうして多くの人が

参加して9時過ぎから始め、2時間余で作業を終えた。来春5月に一斉に咲き誇れば

美しいことだろう。通りゆく通行人の目を楽しませ、癒しを与え、心を和ませてくれる

だろう。人も昆虫も動物も花を嫌うものはいないだろうから。

このチューリップ、5月に咲くが、難点は開花期間が短いこと。球根の成長を待つこと

なく次の季節花に植え替えていく。

処でこの園芸ボランティア、先日4日には30名余で花博が行われた大阪の鶴見

緑地の「咲くやこの花館」に行ってきた。3名の講座講師も加わり園芸講座のフォロー

研修を兼ねている。小生は初めて訪れたが、しかし、当日は冷たい雨の降る1日。

Dsc_0262Dsc_0268

20141204_104735Dsc_0275_2
温室内を1周りして昼食を摂り、早期解散となった。温室内に一般客は殆ど見られず、

我々が貸切っているような感じである。雨が降っていなければ大きな緑地公園内を

散策できたのであるが誠に至極残念。

6日には各ボランティアの有志10名が参加して京都の下賀茂神社へ遅き紅葉見物。

途上、某園芸ボランティアグループの一員と会話を交わし、園芸活動の現状収集も

Dsc01961Dsc01964

でき、スカウト話も受けた。我が家から最も近くに拠点を置くグループ、一瞬、乗り

かかったが、今後の体力面を考えるとその余地もありそうだ。大切にしまっておこう。

花好きで同じ目的を持つボランティア仲間、初対面でもすぐに友達となるもの。

それにしてもこの処、園芸ボランティアの活動参加、時間が多くなってきた。

あくまで参加は本人の自由意志である。

昨日7日は、テニス仲間への応援。小学校でスポーツボランティア。小学1~3年生

を対象にミニテニス等の球技種目の補助指導。個性豊かだ。言う事聞かぬヤンチャ

20141207_101157坊主相手に学級崩壊ならぬ指導崩壊。

しかし、この腕白坊主相手も終わる頃

に指導の要領が解ってきた。

無邪気な小さな子供と戯れるもまた

楽しい。今年は今回で2~3回目と

なる。小生もこの年頃に、授業中の

某行為で先生から母親を通し注意を

受けた覚えがある。また、通学途上、クラスメートの女性の母親が待ち伏せして、追い

かけられた怖い記憶もある。名前も忘れない。インパクトがあった出来事だから未だ

記憶に残っている。まだ他にも・・・・・。遅くなりましたが、ス・イ・マ・セ・ン think