フォトアルバム
■旬の我家花

Img_12571

ツワブキ(11月28日 撮影)

Img_12561

アリッサム(11月28日 撮影)

■TOEIC単語帳 Score550
■ ・・を回せ!もっと!

最近のトラックバック

誰呀?Who?主持人啊!?

F1010002

■表示文字操作

Photo

アクセスランキング

PC&WEB

2016年11月17日 (木)

お引っ越し

自己嫌悪というか、自嘲することが多い。それを通り越して呆れもする、自らの行動に、

老化のイタズラに。小生、毎日1個の卵を昼食に食べるようにしている。その料理法は

目玉焼き。朝食時、冷蔵庫から卵を1個取り出し、常温に戻し、昼食時、フライパンに油

を引き焼いている。今日も焼こうと、パンの蓋を開ける。 と、既に焼けているではないか。

昨日は京都に行っていたから、一昨日の目玉焼きの食べ忘れ。黄身が鮮やかで、

白身の縁が固くなっているが、もったいないで体内へ。  さて、話題は変わり、

月初め、1通のメールが届いた。送り主は小生が加入するプロバイダーから。
「eoblogは、2017年3月31日(金)15:00をもって
 サービスを終了することとなりましたのでお知らせいたします。
 サービス終了後は、ブログの閲覧や投稿・編集作業など、
 すべての機能がご利用いただけません。

eoblogサービスの品質向上を念頭に、これまでさまざまな検討を重ねて
まいりましたが、eoblogサービスの利用状況が減少していること、
また、昨今のSNSをはじめとするインターネットコミュニケーションサービスの
形の変化などにより、弊社でのブログサービスの維持継続は困難であると判断し
eoblogサービスを終了することとなりました。」    との内容。

小生のブログ、来春で満7年となる。日記のようにブログを、拙い内容のブログを

これまで書いてきたが、残念。 さて、今後どうするか。

「そのため、お客さまのPCなどで閲覧できるようにするための
 ブログアーカイブツールをご用意いたします。
 サービス終了までに、お客さまご自身のブログ管理画面よりご利用ください。
なお、他社ブログサービスへのお引越しについて、
 対応状況をまとめておりますので、他社ブログサービスのご利用を
 ご検討中のお客さまは、下記URLをご確認ください。」

と、今後もブログを続けるには、その引っ越し先を案内している。この電子日記、小生の

デジタル遺品となるもの、何れは。 ブログは時代遅れsign02 いや、用途目的が異なるもの。

我がブログ、その一番の愛読者は、検閲者は老婆(ラオポ)。我が思考を、行動を監視する。

ブログを引っ越すか、或いは新たなSNSを始めるか、どうしようか。

ブログはホームページに近く、不特定多数の読者に情報を開示、提供するもので、

相互コミュニケーションは苦手である。情報の一方通行で相互通行に乏しい。

SNSとはネットを介して遠く離れた身内または友人や知人との日々のコミュニケーション

を円滑にしたり、メッセージ機能やチャット機能などで時と場所を選ばず他人同士とでも

会話が楽しめるというもので、相互間の会話が主体である。 その代表はLINE。

パソコンより、場所を選ばないスマホによるリアルタイムのコミュニケーションが主流。

ブログのように不特定多数ではないのだ。相互間の会話と言っても我々ガラケー世代

には少し無理だ。会話も弾まない、女性がいないから、スマホユーザーが少ないから。

さて、今後どうするか、思案橋である。 やはりブログかsign01

2016年9月11日 (日)

恨みと反骨

新聞の広告チラシに良く入る、パチンコエンターティメント、人生にヨロコビを、「マルハン」

MARUHANとある。この紅い文字Mの上に紅い日の丸表示がトレードマークの企業。

パチンコ・パチスロの遊戯企業である。

最近のパチンコ・パチスロ盤面には漫画雑誌のキャラクターかアニメのキャラクターかは

知らぬが、チラシによると派手な盤面だ。小生、パチンコとはもう30年以上縁ががない。

この企業のトレードマーク、テレビ画面上でもよくお目にかかる。昨夜のヤフオクドームの

西武ーソフトバンク戦でもバックネット後方の目に付くところに掲示され、宣伝効果抜群で

ある。その他の多くの球場でも同じ位置にあり、TV画面上よく目に留まる、小生には。

このトレードマーク、中央の赤マルは日の丸、そのマルと、ハンは韓国語で恨、所謂、恨む。

日本を恨むと言う意、と言うことをこの命名企業の韓国人社長が話していたことを思い出し

た。今では、日本人に育てて頂いたと感謝を語っていた。

このマルハンの広告紙面にLINEのQRコードも印刷されている。

マルハンの店情報を届けるためのアドレス。

このLINEという企業、今年7月、東京一部上場で話題となった。ニューヨークにも上場し、

時価総額が1兆円を超えた。このLINEの親会社は韓国のNAVER社。

このLINE、本社を東京に置き、役員の過半数は日本人、日本人を社長に据え、活動

主体は日本である。LINEの親会社であるNAVER社はLINE株式の87%余を

保有、残りもほとんどが韓国籍で占めている。黒子は韓国人で、演じているのは日本人

という形態を取っている。信頼できる日本という国名を表に出し、巧みに利用している

感じ。それにアジアでも日本は大きな市場であり、東京は活動、技術開発拠点として

も最適である。やはり太平の民の日本人に比べなかなか狡猾である。

日本の携帯市場はiphoneのシェアーが世界各国に比し、異常に高い。反対に韓国製

携帯のシェアーはdocomoも販売するがとても低い。日本には嫌韓感情があるのも一因

であるという。その為、韓国の携帯電話の一部の機種からsamsungの社名を外そうと

いう考えのようだ。一種のOEMのような携帯で嫌韓感情をかわそうという算段。

日本と韓国はとても仲が悪い。日本で活躍する劇作家の日本名、つかこうへい

韓国と日本がいつかは公平な間柄になるようにと「いつかこうへい」から「い」を外したもの。

韓国大統領が日本を1000年経っても恨み続けると言っているが、怨念とは怖いものだ。

未来志向と言うも恨み続ける限り2国間に争いは絶えない。前回のブログ記事にもあるが、

朱子学の影響が残る韓国は、韓国は日本の兄貴分だという独善的な自尊心が、誤った

意識があり、日本を卑下する。ありのままの現実を直視した見方、考え方が出来ない

限り、相互理解は得られない。毅然とした行動がとれない日本にも責任の一端がと。

日本から見て地政学上の韓国は大事な国である。今年3月、韓国女性大統領は中国の

反ファシスト戦争勝利(戦勝節)70周年記念行事に出席し、閲兵式(軍事パレード)を

参観、中国寄りに軌道修正するかに見えた。しかし、今では、中国が反対する米国の

高高度ミサイル配備で軌道を元に戻した。巧み?に、稚拙?にバランス外交を展開する。

戦略上、日本は韓国をバッファと位置づける。だから韓国が経済的に疲弊しては困るし、

また、余り強くなっても困るのである。韓国は日本をバネに、エネルギーにして、反日精神、

反骨精神で頑張れ! ファイチィン 화이팅  なのである。我があるがままの感想の意。

*関連ブログ 唯我独尊  平成28年8月28日
         朝鮮半島  平成25年2月24日

2016年8月25日 (木)

愛玩ロボット

記録的な猛暑日が続いている。小生の子どもの頃は、50年以上前は暑い夏と言っても

33℃台であったと記憶している。ウォーキングの帰りに時折立ち寄るMさんも同様の

感想を持っていた。どうも温暖化の影響があるようだ。この程度で収まればいいのだが、

今後も徐々に気温が上がっていくのであろうか・・・・・。暑さが長く続くとバテるdespair

気温も気に掛かるが、異常気象も気に掛かる。スーパー台風の来襲typhoonが気に掛かる。

さて、あるがままに感じていることを述べると、今更の事ではないが、愛玩動物の犬を飼

っている人がとても多い。可愛い子犬を連れて散歩している。時に2~3匹も連れている。

小生も可愛い子犬を欲しいが、飼育する能力に、時間も無い。

時折、ペットショップで売られている1歳前後の子犬の可愛い仕草を観て楽しんでいる。

レンタルで借りられる犬がいれば借りてもいいが、犬の方がお前は誰だと吠えて、我が

期待する愛玩とはなってくれない。日々愛情を以て育てて懐くものである。

次に、同じく最近とても多いなと思うものに歯科医院がある。あちこちに歯医者が目立つ。

高齢化で需要が多いこともその一因かも知れないが、兎に角目立つ。しかし、介護職員

と同様、歯科衛生士や歯科助手などの要員確保がままならぬようだ。小生の通う歯医者

もこれら女性従業員の殆どが入れ替わった。当然、表通りには募集看板を掲示している。

歯科医院同士が争奪しているように思えるのだ。彼女達もより良い条件のところを求めて

さまよっている、のではないかと。保育士に万年不足の看護師も同様の職種だ。

先日、NHK番組で「SFリアル、アトムと暮らす日」を放送していた。人間と会話できる、

癒やしを与える人間型ロボットの開発が各国で盛んだ。現在、子どもの4~5歳程度の

知能があるらしい。AI人工知能の発達で益々その知能は向上していくらしい。最終目標は

鉄腕アトムである。空は飛べないがそのような高度な知能を持ったロボットを目指している。

愛玩動物の犬は、その感情を動作や吠えることによって示すが、目指す人間型ロボットは

相手の感情を読み取り、相手の問いかけに応じて表情と動作と言葉で応答する。

会話できるロボットである。愛玩動物の犬にとって代わるかも知れない。いや、それ以上に

良き相談相手となるかも知れない。最終開発目標は心を持ったロボットであるが、そこまで

は限界で、無理なようだ。最新技術のAIディープ・ランニング技術でロボットの知能はどん

どん進歩していく、成長していくという。食べ物は電気、それ以外は一切必要が無い。

我々の生活の身近なところでは円盤形の掃除ロボットが一般家庭に入って来ている。

自分で障害物を避けて床面の掃除を全面掃除する。電気が無くなれば、掃除が終われ

ば充電スタンドへ行き充電、掃除が必要とあれば自ら掃除に出掛ける。

その製品名はルンバ、ロボット機能を備えた外国製品である。

さて、今から9年前に、SONYが愛玩動物ならぬロボット犬、AIBOの販売を終了した。

小生、当時、何度も買うか買うまいかと迷った挙げ句断念した。価格は25万円。

この愛玩ロボット犬も学習して賢くなっていく。人間の声に反応して応答する。

踊りもし、頭を察すれば、喜び、電気がなくなれば自分で充電スタンドに行き、充電。

そして番犬としても活躍する。眼を持ち、耳を持ち、侵入した不審者を眼のカメラでパチリと

撮り、ネットワークを介して連絡する。10年前の当時のSONYの社長はこのロボット事業

から撤退を決断した。そして今、再度参入を決断したという。

ロボットが脚光を浴び始めたからだろう。何故、続けなかったのだろうという思いが募る。

SONYと言う会社だから、個性あるユニークな会社だから続けて欲しかったと思った次第。

12~13年前に家電メーカーを襲った経営危機による事業整理で縮小したものだが・・・。

それに代わりこのSONY、ネット銀行、保険や不動産業の金融業界に進出している。

SONYもPanasonicも普通の会社になってしまった。環境変化もあるが、経営者次第で

会社も変わる。先見性のあるユニークな経営者、技術者が現れて欲しいものだ。

2016年7月23日 (土)

我がポケモン

世界中の大人に大フィーバーを起こしているスマホゲームのポケモンgo、日本でも昨日

から配信された。持ち前の好奇心と野次馬根性が呼応して小生もインストールしてみようと

ネット情報を頼りに試みた。先ずゲームをインストールするには登録をしなければいけない。

ポケモントレーナーアカウントに登録しなければならない。しかし、現在、登録者が殺到して

ネットに繋がらない混乱が発生している。ならば他方のGoogleアカウントを新規に登録して

ダウンロードしようとした。Googleアカウントの新規の登録、少し時間が掛かった。

名前を、ユーザー名を如何にするかで時間が掛かった。何か面白い名前はないか、ユーザ

ー名はないか。しかし、名前に、ユーザー名に登録しようとすると既に登録されており、変更

を余儀なくされる。そうしてある古い曲名の登場人物名を引用して名前を、ユーザー名を

登録した。その登録したGoogleアカウントでスマホにポケモンgoをインストールすることに

した。ポケモンWebオフィシャルサイトに入ると、先ず、皆様へのお知らせが出ている。

安全に楽しむための注意喚起である。そして、小生の所有するスマホはアンドロイド機種。

Google Playからインストールを試みる。一瞬、端末の互換性情報を読み込んでいますと

表示された後、このアプリはお使いのどの端末にも対応しておりません。と、機種名が表示

され、対象外と判断された。だから、この先のインストール作業へと進めない、give upsign02

体験しようとすれば新しいスマホを手に入れなければならないようだ。この状況を見ても

このポケモンgo、社会への経済的効果は大きいように感じる。スマホの買い換えだ。

我がAndroidスマホ、4年前のスマホ、ジャイロセンサーなるものは非搭載、だから拡張

現実の面白みが体験できないとある。拡張現実体験云々の前にポケモンgoに非対応の

スマホであるようだ、我がスマホ。Android4.4以上のバージョンに対応しているようだが、

小生のバージョンは4.2.2。早速、4.4にバージョンアップを何度も試みるも反応して

くれない、接続できませんと表示され、4.2が限度のようだ。世界中を席巻、熱狂させて

いるこのゲーム、いち早く体験しようとしたが、残念ながらここで頓挫した。最新のiphone

が欲しいものだ。そして、若者と一緒にポケットモンスターを追い掛けたいものだsign01 

因みに我がスマホ、富士通の Arrows V  F-04E モデル

2016年6月29日 (水)

戸別伺い

久し振りに友人、知人宅を戸別訪問した、2~3軒、予告なしに。参議院議員選挙のお願い

ではない。少し遠方ではあるが県外の知人宅も初めて伺った。本人には会わず素通り

だが、家の周りを2~3分徘徊して帰ってきた。交通費は0、要した時間は数分。

情報通信の普及、インターネットの発達によりプライバシー情報がダダ漏れである。

先日もある知りたい情報をある会社にメールで問い合わせたら、問い合わせた会社以外

から間違った返事が届いた。そして、担当者が誤って送信したとお詫びのメールが来た。

この問題、最寄りの消費生活センターに相談すると抗議し、少し意地悪に脅した。

どうやら、問い合わせた会社と商売上の繋がりがあるらしい。情報を融通している、

共有しているようだ。その後も繋がりを求めて謝りの、弁解のメールが来るが以降無視。

個人情報が知らぬ間に漏れている。一度漏れたらそれまでだ。

今回のこの戸別訪問、Google Mapを用いて、机上のパソコン上の仮想現実で訪れたもの。

住所を入力すれば、その住所情報から位置情報に変換され一足飛びに訪問できる。

3次元画像でまるで現実のように訪れ、把握、観ることが出来る。住所から東経x度x分x、

緯度x度x分x、と、度以下7桁の精度、ピンポイントで位置を特定する。

ナビゲーション技術である。そこで今回、自宅画像もチェック。即座に一年前の我が家の

三次元画像が出て来た。以前の画像と異なっている。どうやら定期的に更新しているようだ。

しかし、我が家の正面から撮った画像、黒地に白文字の表札、鮮やかに姓が視認できる。

いやだなぁ、まずいなぁと思い、抹消することに。もっと早く手を打つべきであったのだが。

以前は無かったが、画像右下に「問題の報告」という文字があり、修正を依頼した。

ぼかしのリクエストという項目があり、その理由を記入しなければならない。すると、暫くして

メールで返事が来た。24時間以内に対策に応じるという内容。24時間も経ずして表札に

ぼかしが入った画像に修正されていた。あくまでぼかし画像、元画像は残っている。

この3次元画像、車に積載した全球カメラで撮影しているようだ。だから、車が通る幅員の

道路に面した撮影はしているが、車の通行が困難な、そして細道までは撮影していない

ようだ。歩行による撮影はしていないようだ。

次に、4月に旅した与那国島を訪れた。旅では島を電動サイクルで一周したが、まるで

再度電動サイクルに乗って巡っているようだ。しかし、あくまで車の通る範囲まで、日本

の最西端碑まではたどり着けなかった。この3次元画像、この画像を大画面のテレビ画面

で観れば臨場感が増すというもの、一度観てみよう、Google Chrome Castを用いて。

次に、隣国を訪れた。中国の北京市朝陽区のある会社をターゲットにした。

一瞬にして目的地に、地図上目的地に到着。しかし、ストリートビューの撮影を中国が

許可するはずも無く、その会社の写真のみ確認表示。流石、情報遮断、閉鎖社会の中国。

それに反し、日本は情報がオープン、目的地には容易に到着すること、訪問することが

出来る。ストリートビューで目的地に着き、その周辺を3次元画像で確認しながら歩行移動

をすることも可能、何とも便利だ。しかし、便利は危険と隣り合わせ、悪用される恐れもあり、

狙われてもいる、ご用心を。

ストリートビュー  台湾 故宮博物院   韓国 景福宮(歩行3D撮影)

2016年6月28日 (火)

領域侵入

宇宙空間にネット空間、いずれも広大で、無限な空間、ここには国境は無い。

小生のネットに繋いだパソコン、起動してログインすると、常時ではなく、時折、最初に

出てくるメッセージ、「新しいhao123をスタートページに設定しませんか?」と現れる。

はい  or  いいえ を選ぶ画面。このhao123は中国版ブラウザである。

インターネットエクスプローラー、google Chrome、Safariなどと同類ソフト。

中国の検索エンジン大手、Baidu(百度)の製品ソフトである。百度は米国の検索大手の

googleと競合し、対抗する。 さて、このhao123、タチが悪い。知らぬ間に勝手に我が

パソコンに領域侵入している。アンインストール、削除に手間取り、出来ないで悩んでいる

人も多いようだ。簡単にアンインストール出来ないのだ、中国生まれだから。

小生、確か、このしつこいソフトを一度アンインストールしたはずであるが、いつの間にか

再び我が領域に侵入したようだ。直ぐに海上警備行動を発令し、排除行動を起こした。

が、ステルス性能を持ち、隠蔽、正体が掴めない。潜行し、所在位置が掴めない、巧妙だ。

処で小生、この前、旅行用に振動に強く、軽くてとても安価な台湾製のパソコンを買った。

そのパソコン内に3ヶ月試用版の総合オフィイスソフト、互換用officeソフト2016が

インストールされていた。米国Microsoft officeの互換版だ。

これ、どこの製品、会社?と調べると日本製では無く、中国のソフト会社Kingsoft社の

製品。その会社の製品を観ると結構見たことが有る、使っているスマホ、パソコン用の

ソフトが紹介されている。小生も、既に知らぬ間に用いているのだ。

スマホにかなり入っている多くの無料版の便利ソフト。   しかし、

中国産食品と同様、先ず、中国と聞くと猜疑心が働く。食べても安全か?と。

疑うより先に危険だという思いが働いてしまう。その思いは中国の日頃の行動が小生の

脳裏に植え付けたのだ。どうも中国製ソフトはしつこい、五月蠅い。時折勝手に画面の

片隅に出て来て、催促する、無料版から有料版へアップグレードを促す。それより、情報

を盗み取られているのではないかと警戒心が働く。何か裏で企んでいるのではないかと

疑ってしまう。そこで排除行動を起こす。中国という国はこの数年余りでそのような国家

イメージの国になってしまったのだ。中国の経済成長と共に用心を必要とする国になって

いる。日本から見れば、外国から見れば。このkingsoft社、いろいろなスマホ、パソコン

用ソフト製品を販売している。が、どうも用心深い小生からすると中国製ソフトは信頼性が

足りないのだ。無料版だから仕方が無い? まぁ、Kingsoft社は通常の会社のようだが。

中国は米国や日本にサイバー攻撃を仕掛ける最大の国家。日本の中枢部を狙う。

昨日、日本で報道されたニュース。佐賀県の中学卒の17歳の少年が、ネット上の佐賀県

の教育情報システムに侵入し、個人情報を盗み取ったという。独自のソフトウェアでもって

システムの脆弱性を見付け、サーバーに侵入、情報を盗み出す指令を送信したという。

パソコンマニアだ。この才能を悪用では無く有益な方面に何故使おうとしなかったのか、

アピールしないのであろうか。得意なサイバーセキュリティ等に活かしてもらいたいものだ。

この所持する才能、活かす方面を間違わなければ社会に必要な人物なのだが、残念。

2016年6月 9日 (木)

雑巾を絞る

先日、3回目の仏教講座、難聴earに突入し、講義内容の消化不良。講師はなかなか小さ

な声で話す。胸元に小さなマイクを付けているが、拡声、音量が小さく、主に肉声を聞く

講義である。どうも部分的にしか聞き取れない。小生は前列2列目の正面に陣取るも聞き

取り難い。小生より数メートル後部に陣取る受講者から時折、話の内容によって笑い声が

起きる。彼らは聞こえているのだ。小生も一緒に笑いたいが笑えない、残念。

講座によっては大きな声で話す講師もおれば、今回のように小さな声で、上品な声で話す

講師もおり、厄介だ。これでは講座への今後の出席も億劫になる、次回の講師に期待。

この難聴、時間と共に進むだろうし・・・何とも厄介だ。    さて、話題は変わり、

兎に角わかり難い。通信キャリアD社の分厚いパンフレットを見るもなかなか分かり難い

ものだ。携帯、スマホの通信料金体系。細部の内容は複雑で分かり難い。

国が指導するも依然分かり難い。各社の料金体系は余り大きくは変わらないが、やはり

複雑だ。通信量が少ない我々リタイヤした年輩ユーザーにとって選択できる、納得できる

料金プランが無い。対象とする主客ユーザーは現役世代、若者だ、仕方ないが・・・。

大手3社の通信会社は全国に多くの店舗を構え、多くの若者を雇い、人件費、設備費等

に多くを投資をしている。熾烈なシェア-争いで勢力拡大に努める。

小生も、これらの大手通信会社に抵抗を試みる。D社を運用して今年で19年。

しかし、長期ユーザーの恩典は少ない。現在、D社のしがらみからなかなか脱せず、

D社で運用するガラケーとMVNOスマホの2台で運用している。スマホは所謂、格安CIM

を用いて。このように大手通信会社3社に、格安CIMを売り物にするMVNOが乱立。

比較運用も大変だ。  現在の小生の2台運用による月額通信コストは以下の通り。

~6月9日まで
 ◆ガラケー(D社:メールと通話) 基本使用料(ベーシックプラン)1800円(50%off)
     付加機能使用料+ユニバーサルS料+eリビング割引料 282円
                      消費税    166円
                     計     2248円①
これに+従量料金の通話料+パケット通信料(メール)が加わる。
但し、無料通話・通信部分が月に1000円分有り。(3ヶ月分繰り越し可)
故に、この無料通話・通信費を超えることは余りなく、運用コストは一定。
 
 ◆スマホ(MVNO:データー通信) (1GB)         974円(税込み)②

     ガラケー+スマホ2台の月額通信料    3,222円(①+②)

しかし、更に雑巾を絞ろうとこのD社のパンフレットとネット情報を参考に検討する。

ネット上には小生のように定額通信コストを下げようと努力している人も多い。

使うサイトのユーザーが賢くなれば、大手通信会社のサービスも向上するだろう。

今回、なかなか縁の切れない、切らせないこのD社の通信コストを見直すことにした。

この基本使用料が更に50%以上下げることが可能なのである。

6月10日以降~ 
 ◆ガラケー(D社:メールと通話) 基本使用料(バリュープラン) 743円(税抜き))
  付加機能使用料+ユニバーサルS料+eリビング割引料     282円(税抜き)
  新規ガラケー端末代                1296円(税込み)
  月々サポート(端末割引料)              -621円(税込み)
                     消費税        82円
  (但し、無料通話・通信は無し)      計             1,782円
 無料通話・通信枠は無いが、代わりにメール(パケット通信料)は無料(パケホーダイ)である。  

 ◆スマホ(MVNO:データー通信)1GB      974円  →  540円④(値下げ) 
   ガラケー+スマホの月額通信料         2322円(③+④)

新規ガラケーを買っても、月々の運用コストは現状より安価なのだ。(2248-1782円)

25ヶ月目からは新規端末代が無くなり、トータル月額通信費は  1,647円 となる。

何故、わざわざ新規ガラケーを買い求めたか? 理由は基本使用料を安くするため。

小生、24ヶ月スマホを運用。25ヶ月目からは、古いガラケーの再登板を始めて1年半。

しかし、この条件では基本使用料は1800円(50%off)が適用される。(ベーシックプラン)

新規ガラケーを求め、運用すると適用される基本使用料が安くなるのだ(バリュープラン)

MVNOの通信費も競争が激しくなり、値下がり(974 → 540円)した。

こうして新規端末代を除くと、55%まで運用コストが下がった。通信量1GBでは究極だ。

小生はライトユーザー。今後、ガラケーは消えゆく運命sign02 代わりにガラホが現れた。

ガラケーとスマホの2台による運用、いつまでこの状態が続くのかsign02

スマホ1台で運用出来る、安価な通信環境が、社会環境が欲しいものだ。 今回、

Img_11631

←新たに買い入れたガラケー、これは暫く

お蔵入り(予備機)。既存のガラケーを

使う事にした。新機種と言っても進化は

無く、旧機種の方が一部性能が優れて

いるのだ。コミユニケーションが可能な

スマホにガラケー、処で貴方、主に何に

使っているのだsign02と、問われればsign02

身に所持しているから安心なんだ、突然の吉報を待っているんだsign03

相手が持っているから、持っているのだと。寝て待っているのだ、果報をsign03

尚今回、7~8年前の古いガラケーを持ち込み、処分をお願いした。すると目の前で、

本体3ヶ所に穴を開けて破壊した。情報漏洩を防ぐために。

2016年3月18日 (金)

三日の晴れ無し

春に三日の晴れ無し、と言われ、人間の長き経験則から語られているものである。

精度が高くなった天気予報。時に予報が当たって欲しいときもあれば、外れて欲しいこと

もある。その時の自らの置かれた立場でその的中期待度が上下する。

明日は出来れば雨になって中止になれば有り難い、何としても快晴であって欲しい、と

自分の都合で的中期待度を上下させる。

この気象予報、天気予報、最先端のスーパーコンピューターを駆使して予測している。

刻々変化する4次元の気象情報を収集、情報解析し、短時間で予測しなければならない。

先の予測を観る時間長とその精度に天気予報の価値がある。

明日の予報から1週間先の、1ヶ月先の、3ヶ月先、今年の夏のと、先を予測する。

どうして予測しているのか、恐らく、過去の膨大な気象ビッグデーターを参考に予測して

いるのであろう。過去に蓄積した気象ビッグデーター。日本列島の気象に、天候に影響を

及ぼすであろう範囲の膨大な過去の4次元データーを以て先を予測しているのであろう。

地球のX、Y、Z点の3次元の過去の気象情報、所謂、高度、気圧、気温、風力、風向、

湿度、海水温度等とその時間軸データー、刻一刻変化しているその過去の膨大なビッグ

データーを参考にして、現時点の気象情報と過去のこのビッグデーターを比較し、

これから先の気象変化を予測しているのであろう。正確な情報入手、多くの地点の多く

の情報入手が重要となる。情報量が多いほど予測精度が向上するが、多くの計算時間を

要することになり、予測に時間を要する。これから先の時間勝負の予報であるからには

短時間に計算結果を求められる。スーパーコンピューターの計算速度が上がれば上がる

ほど予測精度は向上し、計算結果も早く得られる。その得られた情報から熟練予報官が

経験則を元に先を予報しているのであろう。小生はこの分野の素人であるが、さらに

今話題の、人間の知能を超えようとしているAI人工知能の技術が加われば格段に予測

精度は向上するのだろう。

先程、囲碁の一流棋士に対し人工知能が勝利し話題になっている。ディープランニング

(深層学習)という手法が大きな効果を発揮したらしい。新たなアルゴリズム(ソフトウェア)

の開発によるもの。今後も種々のアルゴリズムが開発されるだろう。人間が作り、教え、

学習させる。この繰り返しによって教えた人間以上の知能を持ち、人間の能力を超える。

機械が人間を超える知能を持つsign02と、その今後の方向性として将来的に意識を持つsign02

この発達した人工知能で以て気象予報を行わせると、人間の気象予報以上の結果を

得られるsign02予報精度が向上することになる。最終的に天気予報ではなく確報となるsign02

今後、人工知能技術が進歩し、コンピューターの計算速度がさらに向上すると精度の

高い地球規模の気象シュミレーションも可能となってくるのであろうsign02

ヒマラヤの山麓で蝶が舞うとニューヨークで嵐が起きるというバタフライ効果、未だ長期

の天気予測は不可能という。今後、人工知能技術でシュミレーションの予測精度が向上

すれば、それを悪用、地球規模の争いも起きるsign02

天気予報、的中精度はほどほどにしておく方がいいと思うもの。今の精度で十分だ。

先が、将来が知れると言うことはどうも味気ない。自然の予測困難も面白いのだ。

突然、雨rainに降られるのもいいのだ、外れるのもいいのだ。ハプニングが面白いのだ。

何事もほどほどにconfident ただし、大災害(台風、集中豪雨)に竜巻被害はご法度think

*関連ブログ 2015.10.6 技術進歩と憂鬱

2016年3月10日 (木)

閑とイタズラ

便利な世の中だ。IoTとやらで何でもインターネットに繋いでしまおうということらしい。

小生、不良老人sign02を目指している。が、まだまだその足下にも及ばない。

その前にイタズラ若老人を目指そう。その入り口に少し入ったようだ。

だったら、遊び心で何か他人様に意地悪でも出来ないものかと思案する。その素材、道具は

十分?に揃っている。何かネットに纏わる遊び心だ。先ず、思い付くのが、この前からブログ記事

に登場している可能性有るMESHだ。MESH+ネット+スマホ(タブレット)のトリオの組合わせ。

処で、昨日、今日と製品の疑問について問い合わせた。1つは海外メーカー製のプリンター。

フリーダイアルで相談した。音声に従い進んでいき、そして最終に女性オペレーターと会話。

そして今日は床暖房のリモコンについて相談。このガス給湯式床暖房はとても快適で便利だ。

エアコン暖房は殆ど使わない。余り使えない。観葉植物等があるから、専ら植物にも優しい

床暖房を用いている。風もなびかず足下からぽかぽかと暖かい健康暖房。

Img_0903

← イタズラ3つ道具(ipad、MESH、BTスピーカー)

冬季には起床1時間前に暖房が入るように

セットしている。一定時間後に切るのも自動。

しかし、時折失敗する事がある。

それはOFF操作を忘れて外出すること。

壁面にはこの床暖のリモコンがあり、小さな

プラグ口がある。もしや外部制御できないか、

と問い合わせた。その相談は電話では無く、チャット。初めての経験。LINEと同じだ。

時系列に交信内容が文字で表示される。電話より文字入力の手間は掛かるがこちらの方が

便利だ。何を言ったか、聞いた内容を忘れると言うことが無い。互いの交わした内容が文字で

残っているから。メールと同じである。オペレーターとの交信結果は、外部制御は出来ないこと

が判明して残念。床暖房のOFF操作だけでもできないかと考えたが無理のようだ。

暖房の外部からのON、OFF操作はエアコンに頼らなければならないようだ。

この多くの家電製品の外部制御、ネットを利用して可能だ。操作はスマートホン。

エアコン、照明、テレビ、レコーダーなどが制御可能。部屋の温度、湿度、照度も外出先で解る

という。エアコンの、床暖の、照明の切り忘れも判断できる。外部からのON操作はできぬとも、

切り忘れたOFF操作ができれば便利だ。

IoT、何でもネットに繋いでしまおうという、その個人利用の主役はインターネット(WiFi)とスマホ。

半年近くの電池寿命を持つ手軽な小さなネットカメラも生まれている。小さいから目立たず、

運用にはプライバシーの注意が必要だ。介護監視、ペットの監視、防犯の見張り等には重宝。

昔、NHK日曜喫茶室で大人のイタズラの放送内容を聞いたことがある。遊び心のイタズラだ。

記憶は定かでは無いが、どなたの意地悪かは忘れたが、その方の家には2つのドアがある。

1つは本物、他方は偽物。開けようにも開かない本物そっくりの偽物ドア。  

もう1件は、今は無き公衆電話ボックス。精巧に作った電話ボックス、実は本物そっくりに精緻

に描いてあるのだ。何れもユーモアある遊び心のイタズラ。

騙された本人、感心し、思わず苦笑する。片や陰でしてやったりとほくそ笑む。

この前、MESHを使って老婆(ラオポ)にイタズラをした。彼女は長き運転故に拙宅に着くやトイレ

に駆け込む習性がある。トイレに駆け込み人感MESHで検知、一定タイムラグ後にスピーカー

から女性の人工合成音で優しく労りの音声を発した。個室から、当然、驚き、一声を発したthink

このIoTの時流、どんどん新規アイデアが生まれ、起業、新ビジネスにも弾みがつきそうだ。

小生は次なる高尚な悪ふざけを考えよう、次なるターゲットを考えよう。閑だから・・・confident

2016年2月23日 (火)

MESHを試す

昨日、今日と2つの荷物が届いた。一つは昨日、大学のエクステンションセンターから講座受講

案内、公開講座の冊子が配布されて来た。小生、会員であるから時期柄予想されたこと。

早速、希望したい講座をリストアップした。先の講座の「あの世とこの世の輪廻転生する世界」の

影響でインド仏教関連講座に興味が湧いている。しかし、水曜日のテニス日と重複する講座が

目に付く、思案顔だ。2~3つ受講しよう。

Img_0876

Img_0874

そして今日は、20日の土曜日夕刻に注文した

品物が今日の昼前に届いた。

お待ちかねのMESHだ。大き目の消しゴム大の

小さな荷物のMESHが東京より届いた。

早いものだ。小さな小箱を早速開封。本体とリファレンスガイド、保証書が入っている。

気になる処、説明には充電池は交換可能だが、ユーザー側では交換不可とある。 

さて、簡単なガイド説明に、使い始めるには、
   ①充電する 
   ②アプリをダウンロードする 
   ③アプリの初期設定をする。 設定完了sign01 あなたの創作を始めましょうsign01と。

先ず、iPadにAppStoreから無料アプリをダウンロード。そして届いたタグのペアリングを試みた。

しかし、届いたタグに電気が全く残っておらず動かない、点滅しない。1タグ当たり約1時間余充電。

「ボタンタグ」を、次に「LEDタグ」を充電した。その間にアプリをダウンロード、インストール。

本体カラー部分を押し、ipadとペアリング。数秒余後、仏壇の高い鐘の音のチ~ンと言う音と

共に本体部分が光り、ペアリングに成功の合図、認識した。

そして早速簡単な回路を作ってみた。それは明日にでも使ってみようという簡単なタイマー計測

回路。明日のテニスに使うインターバルタイマーを。MESHの詳しい説明はWeb上のみ、少ない。

最近、小生の耳は遠くなってきた。練習で使うキッチンタイマーの音が聞こえない。

故に周りの他のプレヤ-の動きを観てタイムアップと認識している。

このためこの音の小さなキッチンタイマーに代わる趣向の変わったタイマーを先ず作ってみようと、

音が少し大きくて少し使いやすく、遊び心のタイマーを試みようと。名付けてテニスボタン。

音が出ず少々手間取ったが直ぐに回路が出来た。簡単な回路が。とても簡単だ。

画面上でいろいろ回路配線を変えることが出来る。

Img_0877

Img_0881

動作順に先ず、「ボタンタグ」を画面上にセット。その横にタイマーを、その横にスピーカーをセット。

「ボタンタグ」、タイマー、スピーカーと直列接続に画面上を指で配線する。 これで完成。

「ボタンタグ」は3種類の押し方を設定できる。1回押し、2連続押し、長押し。

押し方で3種の指令信号が可能。タイマー設定は秒単位で最長1時間まで。

そしてスピーカーの音を設定。いろいろな短い音が既に用意されている。動物、ギター、缶を

開ける音、ガラスの割れる音・・・等々。その他のお気に入りの音は自ら作る録音機能がある。

しかしである。予想していたことが起きた。iPadの音量が足りない、だからまたも聞こえ難いのでは。

広いコート上に制御ベースとなる音源(スピーカー)のiPadを置かなければならない。

音源となるiPadはコート2面の真ん中に置こう。不足する音量を最適配置で凌ごう。

より大きな音源を確保しようと思えば、Bluetooth仕様のiPad、iphone用のスピーカーを

別に設置しなければならない。今回はなし。  その運用であるが、Bluetooth通信機能を

持つ、スタート信号の「ボタンタグ」を小生が所持し、そのスイッチを押す。タイマーがカウントを

始め、タイムアップでipadスピーカーから遊び心の音楽を流すというもの。無線信号のスタート

信号を受け付けたか否かを確認するため、信号受信確認用の「LEDタグ」を点灯するように

設定。「LEDタグ」は種々の色を、点灯時間の設定も可能。そして、警報音は新たに準備した。

自衛隊のラッパ音bellを。遊び心だ。明るく・楽しく・元気に遊び心でテニスを、と言うことで。

更に買ったタグには「動きタグ」がある。このタグでラケットを振った回数をカウントしてみようと

考えた。この「動きタグ」を腕に取り付けて腕を振った回数をカウントしてみようと。

この「動きタグ」は精度の高い位置センサーだ。そのソフトカウンターのMAX回数は1000回まで。

足りない。カウンターを2段に繋ぐ事にした。こうして明日のテニス練習に少し変化を付けてみよう。

このMESH、アイデア、想像力次第でいろいろな応用が出来る。構想力も広がりとても面白い

オトナのおもちゃだ。答えを解くクイズのようでもある。頭の体操、ボケ防止には持って来い。

外部で運用するにはipadは少し大きい。それに代わる手軽で小さなiphoneが欲しくなってきた。